きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1221 【野菜果物44】しまなみ特急「瀬戸田1号」! | main | 1223 【お米料理80】今治名物「焼豚玉子飯」と「ちゃんぽん」 >>
1222 【名物パン107】今治名物の「ドイツコッペ」とは?


関が原の合戦の数年後に、「築城の名人」藤堂高虎公が心血を注いで築いたのが、日本三大水城の一つ「今治城(吹上城)」。天守閣は再現ですが、海と繋がってるンでココのお堀じゃ「鯛」が泳いでたりしますヨ

全く便利なモンで、「しまなみ海道」を通れば本州から一時間も掛からずに四国に着いちまいますナ。「しくなみ海道」を通るのは一昨年以来ですが、東日本にコレほど島々を繋いだ高速道路は皆無ナンで、目新しくて面白いのヨ。

てな訳で、「しまなみ海道」の四国側の玄関たる愛媛・今治市へ、久し振りに参りました私メ。愛媛県自体が珍しいモンの宝庫ですが、今治も不思議なモンが結構多くて全く飽きない。しかも美味いモンばかりだから、実に楽しい。

加えて「彩菜きて屋」と云う、私メの知る限り全国ベストワンな農産物直売所が郊外に在り、同行した女房ドノが至極ソコを気に入ってますンで、当然行かなくちゃ成らない。でもその前に‥時間に余裕も有る事だし、寄りたいトコが。

ソレは今治名物の一つ「ドイツコッペ」のお店。全国のドコでも、少しも珍しくないコッペパン。拙宅近くに「日本のコッペパン元祖の店」の正当継承店と称するトコ(ドウやら事実らしい)が在りますが、コッペとはフランス語由来の筈。


二度目の紹介ですが、「しまなみ海道」の終点・今治IC近くの「彩菜きて屋」は、地元JAが経営する大規模直売所。野菜だけじゃ無く、近海で獲れた新鮮な魚まで売ってます。店内の撮影許可は出ませんでした

女房ドノの実家は、瀬戸内を挟んで今治と向かい合う広島・福山市ですが、ソコのスーパーじゃ同じ名前の「ドイツコッペ」を売ってたりする。但しソレは隣県「岡山木村屋」サンの製品で、フツーのコッペパンの親方‥みたいに大きい。

正直サイズが違うだけで、アレの何処がドイツなのか私メにゃ全く判らないンですが、今治のは明確にフツーのコッペと格好が違うモンで有るらしい‥そいつぁ食ってみたいですナ。今治やその周辺のパン屋なら有るらしいンですヨ。

昭和二年創業の老舗「フクスケベーカリー」が元祖で、ソコの初代が愛媛・松山市でドイツ人捕虜相手に焼いたのが最初との事。第二次大戦では手を組んだ日本とドイツですが、第一次大戦は敵同士で中国・青島で激しく戦った。

その捕虜収容所の一つが松山で、戦争が終結すると初代は今治に戻り、捕虜達に喜ばれたパンを売り出した‥とまでは判るンですが、所謂コッペパンとは似つかない硬めのパン。共通点は「切って中に何かを塗る」事だけですナ。


コレも今治名物の鶏唐揚げ「せんざんぎ」と、コレは名物?「刻んだ昆布の掻き揚げ」を肴にしてお茶を一杯。「彩菜きて屋」の店内を歩き廻って草臥れたンで、付属の食堂で休憩したンですが‥珍しいモンばかりです

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「愛媛県今治市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「今治にはええもんがよーけあるけんねー」今治物産協会HP
http://www.i-bussan.jp/
★「日本第一の海岸平城・今治城」今治市役所HP
http://museum.city.imabari.ehime.jp/imabarijo/
★「農産物直売所・さいさいきて屋」JAおちいまばりHP
http://www.saisaikiteya.com/
★「愛媛いいもの図鑑・せんざんぎ」愛媛県庁HP
http://www.pref.ehime.jp/iimono/toyo/imabari_senzanki.html
★「フクスケベーカリー」えるナビHP
http://gourmet.l-navi.co.jp/fukusuke/
★「フクスケベーカリー」独り旅支度ブログ
http://whitelemon576.blog27.fc2.com/blog-entry-101.html

(関連する記事)
★「655 【お魚料理34】今治城のお堀にゃ鯛が泳いでた」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=657
★「656 【お肉料理13】『さいさいきて屋』は今治にしか無い」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=658
★「867 【名物パン65】『スネーキ』と『すみません回送中です』‥岡山」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=956

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(ドイツ捕虜は四国に大勢居たンですが、岡山木村屋さんとの接点はナニ?
)

コレが「今治のドイツコッペ」でございます。彩菜きて屋と同系列のJAスーパーに在るフクスケさんの支店で買って参りましたが、所謂コッペじゃ無く、焼き立てのドイツパンに切れ目を入れ、色ンな味のクリームを塗ったくると「ドイツコッペ」に成ると云う事の様です。右は抹茶クリーム・左が金時クリームで、その他にも何種類かございましたナ。この形のドイツパン自体は専門店に行けば良く在る様な気がしますが、果たしてドイツ本国でも中にクリームを塗ったくるンでしょうか?いざ由来を語れば、一席の新作講談が出来上がりそうな感じの名物パンでございましたヨ




| 2013.01.16 Wednesday (08:00) | 愛ある愛媛いい予感 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.18 Tuesday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS