きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1222 【名物パン107】今治名物の「ドイツコッペ」とは? | main | 1224 【お鍋料理17】「にいのいもだき」と超弩級の交通規制‥新居浜 >>
1223 【お米料理80】今治名物「焼豚玉子飯」と「ちゃんぽん」


十四もの造船会社が集中する今治市は、「日本最大の造船の街」だとか。ですがご自慢の造船業も、往年ほどの勢いは‥。今治港のフェリーターミナル「港湾ビル」のすぐ傍に、このモニュメントが据えられてます

愛媛・今治市の旅は続きます。この街の主要産業と云えば、まず国内シェア一位を誇る「タオル」ですナ。廉価なモンはとうの昔に中国の「安さ」に敗れ去り、生産量は五分の一以下に。七割以上の地場メーカーが消滅したとか‥。

けれどソレを補う技術で巻き返し、高品質な「今治ブランド」を築きつつ有りますヨ。タオルらしからぬ高価格ですが、肌触りが安いのとハッキリ違うンで、財政に余裕が有れば今治ブランドで揃えちまいたい位。余裕が有ればネ。

尤も完全に復活出来てる訳じゃ無く、織物組合が昨年倒産したり‥淘汰が未だに進められてる。淘汰され捲くって激減したメーカーの中で、やる気の有る幾十かのメーカーだけが復活してる感が強く、街全体としては沈みっぱなし。

沈みっぱしと云えば、この街のもう一つの主要産業の造船も、残念ながら全盛期の勢いはございませんナ。タオル同様に安さだけが売りの中国や韓国にシェアを奪われ、生産量は激減してるとか。けれど日本にゃ技術が在る!


今治は造船だけじゃ無く、「海運業(要するに貨物船ですナ)」でも国内有数だとか‥知らんかったネ。一方、瀬戸内の連絡船は「しまなみ海道」の開通で激減し、今治港フェリーターミナルは閑古鳥が鳴いてますヨ

造るのに高い技術と信頼が必要な船は、まだ中国や韓国にゃ無理なのか?日本の独壇場と聞いた事が有りますヨ。ソレに粗雑な造りの安い船じゃ簡単に沈みかねンので、船舶保険料が日本製のとケタが違うとも聞きましたナ。

そりゃ日本も昔は「粗製濫造の代名詞」だった頃が有った訳で、先人が懸命に努力して技術を習得し、新たな技術を発明し工夫して、技術立国ニッポンを築いて来た。その結果‥値段は敵わないけど、品質じゃ決して負けない。

時代を代表した軽工業と重工業が両方とも有る今治は、云うなら日本の産業構造の変化を代表する様な街ですナ。全盛から壊滅へ真っ逆様に転落し、技術と品質を頼りに復活を目指してる。そしてソレを成し遂げつつ有るみたい。

でも集約と機械化を進めた結果、昔ほど人が要らなく成っちまった。バブル期の今治初訪問の頃はまだ賑やかだった気がしますが(港やドントビ付近)、訪問回数を重ねる度に中心街が寂れて行くのは、ドウにも成らンのでしょうか?


今から四十年ほど前、つまりタオルと造船が絶頂期だった頃に、今治で産み出されたのが「焼豚玉子飯」。あるお店の賄いがルーツと聞きますが、今じゃ市内全域に広まってソウルフードの一つに。今は無き創始店直系の「白楽天」サンで食べて参りましたが、地元の人でもぅ満員。同じ今治に本社の在る「日本食研」製のソースで作ったのを以前ご紹介しましたが、現地のはソレよりも甘いのネ。でもコレが妙に美味くって‥。玉子飯が生まれた頃の今治は人溢れ、従業員が満足に座って食事が出来ンかった事から、こう云うオールインワンの丼に成ったンでしょうネ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「愛媛県新居浜市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「日本一の海運・造船王国いまばり」海事都市・今治市役所HP
http://www.kaijitoshi-imabari.jp/
★「今治タオル復活にみる地場産業再生の道」ダイヤモンド・オンラインHP
http://diamond.jp/articles/-/20961
★「今治市のソウルフード」今治焼豚玉子丼世界普及委員会HP
http://i-ytm.com/
★「白楽天(今治)・愛媛グルメ紀行107」じゅんのつぶやきブログ
http://2103center.blog112.fc2.com/blog-entry-846.html

(関連する記事)
★「259 【お米料理14】今治名物『焼豚玉子めし』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=298
★「416 【麺類色々21】八幡浜にもちゃんぽんは在る」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=415
★「1054 【麺類色々66】『小田原流担々麺』と城下町」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1137

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(賑わってた頃に誕生した独自の食べ物群が、今の今治を支えつつ有ります
)

白楽天さんでメニューを捲ってましたら、妙に「ちゃんぽん」が気に成ったンで、ソレも頼んでみましたヨ。同じ愛媛の八幡浜市が「ちゃんぽん」で売り出してますンで、似た様なモンが出て来ると思いきや‥全く違うモノが出て参りましたゼ。スープ全体が薄味の醤油ベースの粘度の高いあんかけで、中華丼か八宝菜に近い様な‥。味は全く違いますが、神奈川・小田原市名物の「小田原流担々麺」に通じる雰囲気がございますナ。流石にあんかけだけ有ってもぅ熱いの熱くないの、大汗かいて冬に最適!コレと似た様なちゃんぽんは、松山市にも在るンだソウです




| 2013.01.17 Thursday (08:00) | 愛ある愛媛いい予感 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.06 Friday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS