きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1254 【名物パン113】SLとコッペパンと映画看板と‥青梅 | main | 1256 An Old Fashioned Love Song by Three Dog Nlght >>
1255 【呑みモン34】水清き奥多摩で「大吟醸」を!


東京にも造り酒屋サンが在る!青梅市沢井の地酒「澤乃井」の小澤酒造サンは、多摩川の上流沿いに酒蔵を構えて居られますヨ。お天気は実に素晴らしかったですが、やっぱり真冬なんで風の寒いコト寒いコト

東京の田舎「西多摩」をブラついてる私メです。いや奥多摩と称した方が判り易いですが、この辺りまで来ると流石の大都会・東京も長閑なモンで、周りは山だらけ。ご遠方の方の東京に対するイメージを、裏切るコトこの上無い筈。

何しろこの辺りは今でこそ東京都ですが、かつてはソウじゃ無かった。ナント北・西・南の三多摩地域は、明治初めの二年間ほど静岡県だったのヨ。いやいや静岡県と云うと語弊が有りますナ、正確に言うと「韮山県」だった。

江戸幕府が打倒された直後、行政組織がメチャクチャに成った時期が有る。ソレは廃藩置県が行われる迄のホンの数年ですが、江戸近辺の幕府直轄地(天領じゃ無く、支配所と呼ぶのが正しい)は大混乱!誰が管轄者なのか?

大江戸八百八町の外縁部、つまり現在の二十三区西部と多摩、そして埼玉南部・千葉西部は一旦まとめて武蔵県にされた後、廃藩置県で細かく分割され、多摩の殆どは静岡・伊豆半島の韮山にお役所を置く「韮山県」とされた。


二十三区の西・南部は、小澤酒造サンの前を流れる多摩川の水を使ってますナ(北・東部は荒川や利根川の筈)。同じ多摩川でも下流部と違ってココら辺はホント「清流」で、コレが夏だったら飛び込んじまいたい位

全て一新するのは明治政府にゃ無理で、ソコで幕府の行政組織を暫定活用したから、こんな無茶な状態に成ったンでしょうが、幾らナンでも辺羅棒過ぎらぁと、多摩はもう少し近い神奈川県に所轄換え。ソレが二十年ほど続きます。

そして明治二十六年に東京府(当時はまだ「都」じゃ有りません)に移管されて現在に到ってますが、「ソレは水を確保する為だった」と云う俗説が有ります。幕末に人口百二十万を抱え、世界最大の都市だった大江戸八百八町。

明治維新で帝都と成り、人口増加を続ける東京府にゃ飲料水が足りない。江戸の頃から多摩川から上水を引いてましたが、もっと大々的にソレをやらないと更なる街の膨張に対応出来そうも無い。ならば多摩全てを確保しちまえ!

当時の多摩川は、清浄そのモノだったと聞きますナ。神奈川県から半ば強引に多摩を奪い取ったお陰で、一千万を遥かに超す人口を抱える大東京に到れた訳ですが、上流部の水は今でもキレイで、ソレで仕込んだ酒も美味いです。


小澤酒造サンで程好く酔っ払ってフト見れば、美しい奥多摩の山々が。山に美林が無いと水は美味く成らないのは常識で、何も水の為だけに維持してる訳じゃないでしょうが、奥多摩の山人達に感謝しなくちゃネ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都福生市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「青梅・奥多摩観光ガイド」青梅商工会議所HP
http://twest.ome.or.jp/
★「安定した水源の確保」東京都水道局HP
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/water/pp/antei/antei_02.html
★「多摩が神奈川県から東京府に移管になったわけ」多摩と入間の雑学的な散歩ブログ
http://irumamusashisanpo.cocolog-nifty.com/irumamusashisanpo/2010/11/post-18e2.html
★「奥多摩の豊かな自然がつむぐ酒の味わい」小澤酒造HP
http://www.sawanoi-sake.com/
★「清酒・澤乃井直営の料亭」ままごと屋・小澤酒造HP
http://www.mamagotoya102.com/

(関連する記事)
★「1034 【お魚料理56】ここも東京!青梅で『鮎の塩麹焼き』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1119

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(神奈川県の人と呑んでると、今でも冗談で『多摩を返せ』と言われますナ)

小澤酒造サンが直営する「ままごと屋」と云う料亭で行われた、某「利き酒の会」にお招き戴いたンですが(Sさん、有難うございます)、絞りたての新酒やら滓酒やら何やらと‥あぁ実に美味かった!良き仲間と良き酒と良き肴(奥多摩サーモンとか出ましたナ)で過ごす良き語らいの時間、日本人に生まれてホント良かったと心底思いますヨ。仕込み水も頂戴しましたが、同じ東京なのに拙宅の在る板橋と奥多摩じゃ、ドウしてこんなに味が違うのか!都内だってココ十年でエラク水が美味く成ったンですが(昔は浄水器を付けなけりゃ、とても呑めなかった)、やっぱ敵わんネ




| 2013.02.15 Friday (08:00) | たまタマTAMA多摩 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.20 Thursday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS