きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1252 【名物パン112】ランチパックだけの店が池袋駅に! | main | 1254 【名物パン113】SLとコッペパンと映画看板と‥青梅 >>
1253 【やきそば114】「卵とじ焼きそば」と谷中めぐり


谷中の街の真ン中に、巨大なヒマラヤ杉が一本立ってます。私メら「花粉症患者」は杉と聞くと身構えますが、幸いにしてヒマラヤ杉は名前こそ杉ですが、ナント松の仲間!ただコレも、花粉を撒き散らすソウで‥

私メは寄席の芸人でございまして、「上野」や「浅草」即ち東京・台東区の寄席の高座に上がる事が多いンですが、この区名は「たいとうく」と読むのが正しい。処が地元在住のご老体達は、「だいとうく」と仰る方が多くて面食らう。

都内は終戦後の昭和二十二年、ソレまでの三十五区から二十二区に再編成されましたヨ。その際、江戸最古の街・浅草を中心とする「浅草区」と、北の玄関口・上野を中心とする「下谷区」が合併させられ、出来たのが「台東区」だ。

両区共に下町の誇り高く、新区名を巡って酷く紛糾したソウで、妥協策として「上野台地と、その東の川沿いの区」てな意味であぁ成った‥と私ぁ楽屋で先輩方に聞きました。尤も寄席芸人の言う事は、今イチ信用出来ませんが。

その際、正式な読み方を決めて無かった様で、「台地(上野)と東の川沿い(浅草)の合併」だから、「だいとう」だろうと考えた連中が多かったらしい。如何にも江戸の下町らしい「好い加減さ」で、私ぁ嬉しくて涙が出そうに成りますネ。


谷中の街は忍ヶ岡(上野台地)とその西斜面に広がり、所々にキツイ坂が在りますヨ。下町情緒を求める観光客が年々増え、ソレ相手の土産物屋が年々増えてます。厳密に云えば、谷中は下町じゃ無いンですが

そんな上野台地。尤もそんな地理・地学用語を使わずに、「忍ヶ岡」とか「上野のお山の続き」とか言う方が遥かに親しみが持てますが、ココは関東大震災や東京大空襲等の被害が少なかったンで、戦前の東京が結構残ってる。

あれはバブルの頃。「ドンドン壊そう!再開発!」てぇのが世間の流れでしたが、ソレに反発して「昔を守ろう!見直そう!」てな臍曲がりも東京にゃ多かった。臍曲がりは江戸の頃からの美徳で、再発見されたのが谷中界隈でした。

空襲で焼けてないンで道は狭く、尾根筋や斜面ばかりナンで再開発し辛いと云う好条件()も在ったンですが、JR山手線・日暮里駅や鶯谷駅内側に広がる谷中界隈は、都内の他所じゃ徹底的に破壊された下町情緒が残った。

ソレが良いってンでしょう。今じゃ立派な観光地で、ガイドブックと立派なカメラを持ったカップルや家族連れが連日溢れてます。私メも寄席に向かう途中に時折通ったりしますが(自転車でネ)、春に成ったらもっと賑わうンでしょうナ。


下町情緒に満ち溢れてますが、谷中は下町じゃなくて寺町だ!都内でも有数のお寺サンの密集地でして、各宗派がゴチャゴチャ入り交ざって建ってますヨ。コレは昨春撮影したモノですが、もう少し寒さを我慢すれば今年も桜は咲いて呉れる筈。谷中じゃ競うかの様に各境内の桜が咲き誇り、「東京にもこんなトコが在ったンだ!」と夢みたいな風景に成りますゼ。でも桜の季節は花粉の季節でも有って‥今年も辛く成りそう

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都青梅市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「谷中・根津・千駄木」GO TOKYO 東京観光財団HP
http://www.gotokyo.org/jp/tourists/areas/areamap/yanaka.html
★「谷中・根津・千駄木の歩き方」ワイズクリエイトHP
http://www.yanesen-kaiwai.com/
★「谷中のヒマラヤ杉とみかどパン」Nostalgic TOKYO ブログ
http://qppp3.exblog.jp/7707126
★「谷根千の坂」CASTANEA.JP HP
http://www.castanea.jp/yanesen/saka/
★「根津の路地裏 花の家」so natural ブログ
http://ameblo.jp/la-lotus/entry-11015556360.html
★「花乃家」焼きそば名店探訪録ブログ
http://yakitan.info/archives/hananoya

(関連する記事)
★「189 【東京十社01】根津神社は言うほど甘くない」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=228
★「769 【スイーツ38】愛染かつらと『愛玉子』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=799

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(拙宅の在る板橋平尾宿から上野へは、谷中経由が自転車だと楽ナンです)

「日本で一番焼きそばに詳しい」のは、焼きそば専門のブログを運営するSaltyDog氏ですが、氏から教えて貰いましたのが(ホントは焼きそばを肴に呑もうと誘われたンですが)谷中の隣町・文京区千駄木に在る「花乃家」と云う、戦後直ぐから三代続く「焼きそば屋兼居酒屋」サン。詳しくは氏のブログ記事をご覧戴きたいと存じますが、谷中界隈を散歩した帰りに「玉子入り」と云う名前の、卵とじ焼きそば()を頂戴しましたヨ。結構なシコシコ麺にうっすらウスターがかかり、何とも脂っぽくて()実に下町風ですナ。SaltyDog氏、互いに焼きそば研鑽を続けましょうネ




| 2013.02.13 Wednesday (08:00) | 東京したまち台東区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2020.08.07 Friday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS