きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1284 【今川焼き16】「ハムエッグ入りの今川焼き」って‥葉山 | main | 1287 【揚げモン46】江ノ電と海と「焼きそばコロッケ」と‥鎌倉 >>
1285 【名物パン117】「湘南アンパン」を持って江ノ島に!


一体ドレだけの歌や小説の舞台に成って来たンでしょうか?湘南海岸に浮かぶ観光名所「江ノ島」。太古の昔は海に突き出した「岬」だったソウですが、ソレが潮流に侵食されて「島」に成ってしまったンだとか‥

神奈川・葉山町でボンヤリしてたら、相模湾上に「江ノ島」を見付けてフト行きたく成り、二十数年ぶりに訪ねちまった私メでございます。直ぐ傍の「湘南道路(国道134号線)」は良く通ってたンですが、いつも通り過ぎるばかりでネ。

江ノ島と云えば、全国的に著名なリゾート地。何時でも観光客が溢れて居り、私ぁ基本的に人混みが嫌いなモンだから、わざわざ寄ろうと云う気に成らなかったンですが、今回は一体ドウ云う風の吹き回し?いやぁ久しぶりだナ。


江ノ島は島全体が、日本三大弁天の一つ「江島神社」のご神域。千五百年ほど前の創建とされ、鎌倉幕府に厚く崇拝されて隆盛し、江戸庶民が手軽な観光地として押し寄せたトコ。ナンだか竜宮城みたいです

三寒四温を繰り返す春先ですが、この日は御陽気も宜しく、皆さん気軽な格好で江ノ島の登山に挑んで居りますナ。ココは登山と称しても良い位に階段だらけなトコでして、江島神社の奥津宮に辿り着くまでドレだけ登るのか?

最高点でも海抜六十mしか有りませんが、正真正銘「零m」からの海抜だから、結構キツク感じられます。だから観光客向けに、乗継式の有料エスカレーター「エスカー」が備えられてたりする!凄いや、エスカレーターが有料って!


階段の上がり下がりを延々と繰り返し、島の奥まで行くと江島神社「奥津宮(旧本殿)」がございますヨ。ココから海辺に降りると、弁天様が祀られてる「岩屋(海食洞窟)」が在るンですが、草臥れたンでパス致しました

まるで香港島みたいですが、アッチと違ってココは信仰の島。島全体が弁天様(江島神社)の御神域で、下から辺津宮・中津宮・奥津宮の三人の女神様をお参りせにゃ成らぬ。上り下りがキツイですが、江戸の頃からの伝統です。

世界的に見て、日本ほど古くから「物見遊山の旅」を楽しんで来た国はございませんナ。三百年も前から「庶民が旅を楽しめる」様に成ってた、日本は稀有な国。つまり昔から政治が安定し、治安が整い、庶民が旅に出掛けられた。


奥津宮の少し手前に「山二つ」と云う、実に不思議な名前のトコが在りますヨ。この下に昔は洞窟が在ったらしいンですが、ソレが侵食されて崩壊し、深い谷に成ったとか‥。この辺りもキツイ階段が続いてますナ

但し旅に出るには大義名分が必要で、専ら「お参り」を口実にして通行手形を発行して貰う訳ですヨ。「お伊勢参り」が最高ですが、チョット遠過ぎるンで江戸町人は「大山参り」を楽しんだ。神奈川の大山・阿夫利神社へお参りした。

その帰りに江ノ島弁天にお参りするのが通例で、ココは香港以上に聖俗が混濁としてた島。つまり弁天信仰って‥女郎遊びとイコールだったンですナ。お参りは口実で、ソッチの方が目的だったとか。俗な島ですが、今は健全です。


江ノ島の東側には、素敵なヨットハーバーが整備されてます。ココは東京オリンピックのヨット競技場だったトコで、あぁ湘南だなぁ。果たしてもう一度、日本でオリンピックをやれますかねぇ?期待はしてますケド‥

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「神奈川県鎌倉市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「いつでもおいでよ!藤沢市・湘南江の島」藤沢市観光協会HP
http://www.fujisawa-kanko.jp/
★「御鎮座1451年、海の神・水の神・芸道上達の神」江島神社HP
http://www.enoshimajinja.or.jp/
★「江ノ島の地層」グレゴリウス工房HP
http://www.gregorius.jp/photogallery/page_51.html
★「大山道〜江の島道へ」三菱ふそうトラック・バスHP
http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/prfuso/2004/0411/kaido/
★「江の島にある、大海へのアプローチ」江の島ヨットハーバーHP
http://enoshima-yacht-harbor.jp/
★「湘南堂のサツマイモパン」太ったオオカミのブログ
http://ameblo.jp/bkyugurume/entry-11285700268.html

(関連する記事)
★「242 【スイーツ13】江ノ電は商店街をゴトゴト走る」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=274
★「1284 【今川焼き16】『ハムエッグ入りの今川焼き』って‥葉山」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1359

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(コレから暖かく成るにつれて、ドンドン観光客の数は増えて行くンでしょうネ)

江ノ島の中は観光客向けの土産物屋や飲食店が一杯在りますが、いずれも行列でゆっくり出来ませんので、江ノ電「江ノ島駅」から江ノ島へ向かう参道に在る「湘南堂」と云う、戦前からの地元パン屋さんで不思議なアンパンを買って出掛けた私メ。ココは地元の学校に給食のパンを卸してる店で、午前はソレで忙しいとか。ですが午後は呑気そのモノで、店のオバちゃんと思わず話し込んでしまいましたが、花粉症を大いに同情して貰い有難うございました。左が「ムラサキイモの餡」右が「サツマイモの餡」入りで、実に素朴な味わい。島巡りで疲れた体にゃ、甘いモノが嬉しく感じられます。ココが創業した頃の江ノ島は、もっと長閑なトコだったンでしょうナ。コレから観光シーズンに突入し、混在する筈ですヨ




| 2013.03.16 Saturday (08:00) | やっぱ神奈川じゃん | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.07.20 Friday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS