きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1313 【お魚料理71】春のウララの屋形船で「江戸前の天麩羅」を | main | 1315 【スイーツ73】笠間稲荷で「甘酒ソフトクリーム」を >>
1314 【やきそば123】まるで焼肉!「肉入り焼きそば」と復興に向かう真壁


真壁のシンボル「旧真壁郵便局」は、昭和二年に建てられたモダンな石造り。震災で一部損壊し、修復工事が終わったばかりとの事ですが、同時に外壁のお色直しも行ったらしく、妙にピカピカに成って不思議な感じ

桜が咲き出す寸前の訪問でして‥少し遅すぎた感も有りますが、どうかご勘弁下さいませ。まさかあんなに早く咲き出すと思って無かったンで

茨城・真壁町へ行って参りました。いやいや平成の大合併で「桜川市」に成ってますが、合併以前から訪ねてる私メにゃ真壁と呼ぶ方が判りやすい。茨城県の中西部、関東の霊峰・加波山の麓に広がる、古〜い古い城下町です。

元々は常陸国(現在の茨城県)の守護大名だった「佐竹家」の重臣・真壁氏が城を築き、地域の中心として栄えた街ですが、関が原の合戦で敗れた佐竹家は秋田県へ懲罰的な移封を命ぜられ、真壁氏も一緒に秋田へ移ります。

代りに真壁城主と成ったのは、豊臣五奉行の筆頭だった「浅野長政」と云うお方。かの太閤殿下・豊臣秀吉公の義弟(奥さん同士が姉妹)で、マトモな親族が少ない豊臣家じゃ貴重な「有能な人」ですナ。軍監やら奉行職を歴任した。

やがて甲府二十一万五千石の大名と成り、徳川家康公相手にイロイロと折衝を重ね、疑心暗鬼に陥った淀君から裏切り者扱いされたり‥。親族代表として、豊臣家存続の為に苦労した人ですが、遂には心が折れちゃったらしい。


旧郵便局と同じ「御陣屋前通り」を中心に、真壁は豪勢な建物群が続く街。昔はドレだけ栄えたかを示してますが、何れも震災で損壊し、修復工事が方々で行われてます。やっと茨城にも順番が廻って来た様です

「もぅ付き合いきれん!勝手にしやがれ」「豊臣家よりも自分ン家の方が大切だ」と、家督を長男の行長公に譲って隠居しちまった。「シガラミの多過ぎる自分より、ソレの少ない倅の方が動き易いだろう」と云う事ですナ。無理も無い。

ソレを気の毒がった家康公から数年後、隠居地として真壁で五万石が与えられます。コレは行長公の領地(和歌山を経て、広島四十二万石に加増転封)と別で、つまり大名に復帰した様なモンです。そして真壁で亡くなってます。

真壁領は三男の長重公が相続し、ソレは後に播州赤穂に転封され、四代目の殿様と成ったのが有名な長矩公。つまり江戸城松之大廊下で刃傷し、吉良邸討ち入りに至る大事件を行した浅野内匠頭サマ!こう繋がるンですヨ。

討ち入りした義士には真壁出身者も多かったりするンですが、浅野家が赤穂に移った後、真壁藩は消滅して城も壊され、近隣の笠間藩の陣屋が置かれますが、地域経済の中心として栄えたとか。その栄華の面影が残る街です。


古い街だけに修復不可能な家も多かった様で、以前に比べて空き地が増えてしまい残念で成りません。忘れられがちですが、茨城県も大変な被災地。なのに東北の復興ばかりが優先され、コッチは後回しにばかりされてますナ。もちろん東北の復興が大切なのは判りますが、余りに気の毒で‥。さて真壁には武家屋敷が並ぶ一角が在りますが、ココも屋根瓦が落ちた儘の家が多かったですネ。確かこの家は真壁氏時代のご家老サンのお屋敷で、数年前にお庭を見せて戴いた記憶がございますが、ようやく今頃に成って修復工事が進む真壁の街。頑張って下さい

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「茨城県笠間市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「ゆ〜っくり の〜んびり まかべ」桜川市商工会真壁事務所HP
http://www.makabe.or.jp/
★「真壁町の町並み」古い町並みを歩くHP
http://matinami.o.oo7.jp/kanto1/makabe.htm
★「旧真壁郵便局:東日本大震災で閉鎖が復活」毎日新聞HP
http://mainichi.jp/feature/news/20130207ddlk08040232000c.html
★「町の歓交施設『旧真壁郵便局』」地域活性化センターHP
http://www.chiiki-dukuri-hyakka.or.jp/1_all/jirei/2005_renewal/HTML/47jirei/47jirei_37.html
★「ドラマ化して欲しい戦国武将『浅野長政』」渡る世間は愚痴ばかりブログ
http://ikasama4.at.webry.info/200910/article_4.html
★「B級グルメを探せ!桜川市『青木商店』」カメラマンのお仕事日記ブログ
http://photokoguchi.blog72.fc2.com/blog-entry-2010.html

(関連する記事)
★「473 【やきそば23】真壁の魚肉ソーセージ焼そば」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=527
★「683 【お米料理43】大震災の爪跡がココには沢山・・土浦」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=737
★「913 【お魚料理49】今も残る大震災の爪痕と『鯉のうま煮』‥鉾田」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1002

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(交通アクセスさえ良ければ、川越や佐原並みの観光地に成れるンですが)

真壁を含む茨城県中西部は、特徴のある「焼きそば」が結構多いトコ。旧真壁郵便局の側にも「田中焼きそば店」と云う、魚肉ソーセージを乗せた面白いのが有るンですが、ソレは以前御紹介致しましたンで、今回は桜川市役所近くの「青木商店」サンの、まるで焼肉みたいな凄い肉入り焼きそばをご紹介。コレは大盛りですが、麺の上に別で焼いたと思しき「焼肉のタレ味のばら肉」が盛大に乗せられ、大変なボリューム!地元の人に古くから愛される店の様ですが、真横に在る自転車道(昔の筑波鉄道の線路跡)を通る、サイクリスト達も多く寄る様ですナ。ちなみにこの大盛りの倍以上の量の「箱」と云う、破格のサイズのも有るンだとか




| 2013.04.09 Tuesday (07:00) | よかっぺ茨城だっぺ | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.09.22 Saturday (07:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS