きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1296 【やきそば120】桜咲く上野公園で「たらこ焼きそば」を | main | 1298 【名物パン119】桜咲く霞ヶ関官庁街で「頭脳パン」を >>
1297 【お米料理85】桜咲く播磨坂で「さよなら牛太」‥小石川


小石川の環状三号線は、「播磨坂」の僅か五百m弱だけ!前後区間が開通する目処は無く、諦めたか‥車線を削って桜の名所と化してます。坂の名は、常陸府中藩・松平播磨守サマの上屋敷が在ったからだとか

予想外に早く開花した桜を追い、都内を右往左往する私メでございます。ドコでも同じですが、日本人ってホント桜好きですナ。桜を愛する心は都民も著しく、特にソメイヨシノは地元発祥と云う事も有って、矢鱈とソレを植えたがる。

江戸の昔からの桜の名所も在れば、東京と名が変わってからの名所も在りますネ。また戦後に成って名所化したトコや、近年急に名所と呼ばれる様に成ったトコまで、一体ドレだけ在るのやら?都庁も恐らく把握してない筈ですゼ。

そんな急に名所化したトコに、文京区小石川の「播磨坂」と云う遊歩道が在りますヨ。私メもご縁有って、ソコでのお花見に毎年お誘い戴くンですが(ココ数年、参れず残念です)、コレが只の遊歩道じゃ無い!幹線道路の真ん中だ。

いや、幹線道路と言うと御幣が有りますナ。「幹線道路に成る筈の区間」と云うのが真相で、この坂は「東京環状三号線」の一部だったトコ。八本ある都心の環状道路の中で、開通への進捗状況が今イチ良くないのが三号ですなぁ。


播磨坂は中央分離帯内の遊歩道が「お花見の会場」でして、毎年大勢が桜を愛でながらドンチャン騒ぎを繰り広げます。周囲は高級住宅地ですンで、一寸セレブな感じな姿も見受けますが、酔っ払ったら一緒です

戦災復興で造られた、東京の都心環状道路。計画自体は戦前から有った様ですが、着工し始めたのは戦後に成ってから。五号(明治通り)や七号の様に全通したのも在れば、二号や三号みたいに虫食い状態に成っちまったのも。

その理由をイチイチ触れませんが、城南にゃ「外苑東通り」・城東にゃ「言問通り」「三ッ目通り」として開通した三号は、私メの住む城北じゃ殆ど通じて無い。マトモに出来てンのは、昭和三十五年に開通した「播磨坂」部分だけ!

以来ずっと車通りは少なく、中央分離帯の桜を愛でる近所の人々が、勝手にバイロンを立てて車線を塞ぎ、呑気に花見してたとか(おいおい‥)。都も平成七年に「環状三号の全通を諦めた」様で、中央分離帯を拡幅して遊歩道化。

都心に「無駄に空いてる道路」を残しても勿体無い!ソリャ全通したら便利で嬉しいですが、もはや桜の方が大切!でも同じ様に全通しとらん二号(マッカーサー道路)の工事が、ここ数年バリバリ進められてンですヨ‥不安です。


播磨坂を登りつめたトコの近く(メトロ茗荷谷駅との間に)に、「丼太郎」と云う実にチープな牛丼屋サンがございますヨ。「ソレってなぁに?」てな人は多いでしょうが、「牛丼太郎」だったトコと言えば判ります?マトモな牛丼屋が少なかった八十年代に、都内で二十数店も在った「牛太」ですゼ。処が後輩の松屋だのすき屋だのにドンドン抜かれ、遂に昨夏倒産!二店舗だけが残りましたが、どうも従来の店名は使えない様で、「丼太郎」てな妙な名前に。ですが「牛と云う字をテープで隠した」だけ‥如何にも牛太らしい、実に大雑把な解決法で嬉しい(下に続きます)

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都千代田区霞ヶ関」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「歴史と文化に恵まれた緑豊かな区」文京区観光協会HP
http://www.b-kanko.jp/
★「文京さくらまつり(播磨坂)」小石川・後楽園・本郷・散歩ガイドブログ
http://小石川.seesaa.net/article/81466508.html
★「東京放射環状道路網の夢〜小石川の環3通り」魅惑のチリルームHP
http://www.miwachiri.com/tokyo/0306_kan3.html
★「牛太をこよなく愛す」非公式・牛丼太郎熱烈ファンサイトHP
http://flower01.sakura.ne.jp/gyudontaro/
★「東京マイナー牛丼チェーンの雄『牛丼太郎』とは?」日本KKS協会HP
http://homepage2.nifty.com/KKS/hall/kks-report/2005gyudontaro.htm
★「牛丼太郎は死んだのか?」NewsACTブログ
http://news-act.com/archives/20711238.html
★「最安価格の牛丼、それが牛太のジャスティス」高田馬場B級グルメブログ
http://babameshi.web.fc2.com/gyudontaro.html

(関連する記事)
★「763 【お米料理51】茗荷谷の縛られ地蔵と『肉丼』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=786
★「893 【お米料理62】牛天神と貧乏神と『中大学食』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=983

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(播磨坂を環状道路じゃ無く、『花見の公園』にしたお役人サンに脱帽します)

(上から続く)丼太郎として残れたのは「代々木店」「茗荷谷店」だけで、私メが結構行ってた「本蓮沼店」は廃墟と化してますナ。ま、播磨坂近くの茗荷谷店にも何度か行ってましたが、ココは吉野家を撤退に追い込み、松屋と互角な勝負を繰り広げる「儲かってる(らしい)店」。牛の字が無くなってから初めて参りましたが(牛太消滅と云う現実を認めたく無かったのヨ)、いざ食べてみたら‥あぁ牛太だ!狂牛病騒ぎで日本中から牛丼が消えた時も、何処かから調達して来た怪しげな牛肉で世間を篭絡し、ソレも危うくなると黙々と豚肉を混ぜて()我々に「牛丼みたいなモン」を提供して呉れた、我らが牛太!言いたく無かったけど、敢えて胸張って申しましょう「さよなら牛太!」。残り二店だけは消えないで頂戴




| 2013.03.26 Tuesday (08:00) | ふみのみやこ文京区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.16 Wednesday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS