きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1301 【スナック19】桜咲く飛鳥山と「お米のカール」‥王子 | main | 1303 2013年03月の目次 >>
1302 【スイーツ72】ソメイヨシノ発祥の地と「芥川チョコ」‥染井


豊島区染井は、日本全国で愛される「ソメイヨシノ」が約三百年前に生まれた街。この桜を作った植木師・伊藤伊兵衛政武のお墓の在る西福寺の前は、正にソメイヨシノのトンネル!街中が真っ白に染まってます

東京の城北をウロつき廻り、桜を愛で続ける私メです。今日ご紹介しますのは、豊島区北東の「染井村」。JR山手線・巣鴨駅〜駒込駅間の、外側エリアでございますナ。但し地名としては消滅し、都営霊園にしか残ってませんが。

江戸の昔は植木業者が密集してたトコで、世界に感たる園芸大好きな江戸ッ子は、ココまで遥々やって来て花を楽しむ。徒歩で「日帰り可能」な行楽地として栄えたとか。ソレは関東大震災で、一帯が壊滅するまで続いたソウです。


播州林田藩・建部家のお屋敷跡を転用した染井霊園は、全域ソメイヨシノの楽園。場所柄ドンチャン騒ぎする輩が居ないンで、桜をジックリ愛でる事が出来ますヨ。流石に発祥地だけ有って、見事な大木が多いです

染井はまずツツジの、また幕末は菊の名所として賑わいますが、有名な植木師が伊藤伊兵衛と云う人。コレは代々襲名で、三代目の三之丞サンが作り出したのが「キリシマツツジ」。コレは大ヒットして、染井から全国へと広がった。

跡を継いだのが、四代目の政武サン。父に負けじと作り出したのが「ソメイヨシノ」、って凄い親子ですネ。単なる植木師じゃ無く、植物学者と評した方が良い位。私ぁ専門外ですが、日本園芸史に伊藤一族は良く出て来るそうナ。


染井霊園は「岡倉天心」や「高村光雲・光太郎親子」を初めとした著名人だけじゃ無く、お大名のお墓も園内のアチコチに在ったりします。でも今は桜を見上げる方が忙しく、お墓はいずれ改めて特集する心算です

本数だけならもっと多いトコは幾らでも在りますが、ココはソメイヨシノの故郷。やっぱり「始まった街」は素晴らしく、ソレが拙宅(板橋平尾)からの徒歩圏に在るのが無性に嬉しい。毎年春に成ると、私ぁ意味も無く染井に来てしまう。

そして花に見惚れ、阿呆みたいに大口開けてるのは間抜けですが、もぅ仕方ない‥だって日本人だ!暖房機器が発達した現在でも、誰もが桜を見るだけで嬉しく成りますが、昔はもっと嬉しかったでしょうナ。穏やかな季節の到来。


染井は霊園の周りが寺町に成ってまして、ソチラにも著名人のお墓が次々と。その中から文豪「芥川龍之介」氏を始めとした、慈眼寺境内の芥川家の御墓所を。ココからも、霊園の桜並木が極めて良く見えます

けれど良寛さんの御辞世「散る桜 残る桜も 散る桜」じゃ無いですが、桜は必ず散ってしまうモノ。華々しく一斉に咲き、潔くアッサリ散って行く。人それぞれ様々な主義思想はございましょうが、私メも散る時はアッサリ散りたいネ。

てな訳で、平成二十一年十月十四日から続けて参りました、私メのブログ旅日記「講釈師はクプクプ笑う」もコレで大団円!明日からは新しい名前と成りますが、コレからもお付き合い下さいませ。えっ、アッサリ散って無いって‥。


染井霊園から少し歩くとJR巣鴨駅。掘割に成った線路沿いも桜が満開で、ソメイヨシノの発祥地へのアプローチらしさを漂わせてますナ。皆さま方も来年お出でに成ってみては如何でしょうか?城北って最高ですヨ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都板橋区石神井川沿い」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「ビジットシティとしま」豊島区観光協会HP
http://www.kanko-toshima.jp/
★「ソメイヨシノの誤解」このはなさくや図鑑〜美しい日本の桜〜HP
http://www7b.biglobe.ne.jp/~cerasus/gimon10/treedrgokai2.html
★「駒込地区・染井通り」巣鴨の散歩道HP
http://www.sugamo123.com/komagome-chiku-top-somei-doori.html
★「江戸の植木屋 その1」園遊舎主人のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/koichiro1945/18623760.html
★「染井2 慈眼寺・染井霊園」上々生活記ブログ
http://happy.ap.teacup.com/sakura-labo/356.html
★「伝統のひと粒を、どうぞ。」芥川製菓HP
http://akutagawaseika.co.jp/

(関連する記事)
★「152 【ご近所めぐり08】ソメイヨシノは東京駒込・染井村」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=198
★「536 【ご近所めぐり14】あえてお花見!染井霊園」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=583
★「926 【スイーツ46】しだれ桜の六義園と超デカ『板チョコ』‥駒込」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1005

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(この花が『ソメイヨシノ』と云う名前に成ったのは、明治三十三年からです)

染井霊園に通じる、JR山手線に架かる橋の名前は「染井橋」。その傍に在るのが、「ドロップなら日本初・チョコレートは日本で三番目」に作り始めた芥川製菓サン(主に超高級ホテル向けのOEM商品を作ってます)。昨年もご紹介しましたが、地元民向けのアウトレットセールが先日行われ、横浜インターコンチネンタルホテル用(定価は幾らナンだろう?)のを始め、我が女房ドノは山ほど買って参りましたヨ。コレを食べ終わるのに、一体ドレほど時間が掛かるか判りませんが、あぁ甘そう‥。なお今年のアウトレット(なんと会場は‥サンシャイン60でした)は終了しましたが、JR池袋駅東口地下「ISP(池袋ショッピングパーク)」に芥川製菓サンの直売店が出来ましたンで、宜しければ其方へどうぞ!なお芥川製菓と芥川龍之介サンとは全く関係が無く、製菓の方が歴史は古いです




| 2013.03.31 Sunday (08:00) | サンシャイン豊島区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.10.22 Sunday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS