きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1311 【麺類色々88】新しい歌舞伎座と「ざるかき」‥東銀座 | main | 1313 【お魚料理71】春のウララの屋形船で「江戸前の天麩羅」を >>
1312 【やきそば122】桜散る奥浅草で「玉子入り焼きそば」を‥今戸


「招き猫発祥の地」や「新撰組の沖田総司終焉の地」と言われるのが、奥浅草の「今戸神社」。康平六年(1063)の創建で、鎮守府将軍・源義家公が東北へ攻め込む際、鎌倉の鶴岡八幡と同時に勧請したンだとか

今春は異常に桜の開花が早く、予定がドウしても合わず、お花見は東京や関東ばかりでございましたが、遠くまで行かなかった分だけ、桜をジックリ愛でられた様な気が致します。東京生まれのソメイヨシノは、本当に綺麗ですゼ。

ですが唐の大詩人・干武稜の「花に嵐の例えも有るぞ、サヨナラだけが人生だ」じゃ無いですが、美しい物はいつか壊れる。栄えた者もいつか衰える。諸行無常の繰り返しが絶え間無き時の流れで、桜の花も必ず散ってしまう‥。

年中咲いてれば良いナとも思いますが、ソウしたら珍しさが無くなって次第に飽きて行き、誰一人美しさに気付かなく成っちまう筈だから、潔くアッサリと散って呉れる方が宜しいンでしょうナ。桜吹雪もまた、美しいモノで有りますし。

都内にゃ有名な花見場所が幾つも在りますが、江戸の昔から有名だったのが「墨提(ぼくてい)」。隅田川を挟む台東・墨田両区の河岸にゃ沢山の桜が植えられ、傍に建つスカイツリー人気も相まって大変な賑わいに成ります。


今は暗渠に成ってますが、今戸神社の傍の桜並木は「山谷掘」と称し、大遊郭「吉原」と隅田川を結んでいた川の跡。この川の上流が、先週ご紹介した板橋の「音無渓谷」だったりします。スカイツリーが桜の中に‥

処が今春の私メは皇居周辺(千鳥ヶ淵とか)や、拙宅近くの城北地区(染井霊園に飛鳥山・音無渓谷とか)での花見が殆どで、城東の墨提界隈に参ってる余裕が有りませんでしたヨ。ま、来年も咲く事だし‥今年はパスしましょうか。

ソレに花散らしの雨やら何やらで、都内は何処でも見事な花吹雪!この期に及んで墨提まで行く事も有るまい、と思ってたンですが‥行ってしまった。だって墨提の西側の浅草で、寄席高座の仕事が有ったモンで‥ホント酔狂だ。

とは云え、浅草寺や墨提辺りは混んでソウだから、その北西「奥浅草」界隈をブラ〜リブラリ。浅草寺の北側(「観音うら」と呼んでましたネ)を、スカイツリーを建て始めた頃からソウ称し始めましたナ。でも私ぁ、今一ピンと来ないのヨ。

「奥」てぇと、人跡未踏の山奥みたいでネ。ま、吉原を抱える地域だから、浅草の「奥座敷」と云う意味と理解してますが。辺り一面家だらけですが、墨提を含め所々に桜が‥。散りかけの桜は、表よりも奥の方がキレイな様です。


純白に近いソメイヨシノは盛んに散ってますが、代って薄紅色の八重桜がキレイに咲き出しましたネ。日本の桜とは本来コッチの事で、平安の都人が歌に詠んだのも、講談や落語・歌舞伎等の江戸芸能に出て来るのも、ほぼ全てが八重桜だったりします。ボンボリみたいな花が可愛くて、もう暫く楽しめソウです。花粉さえ無ければ、日本の春は最高です

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都品川区天王洲運河」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「奥浅草の情報を発信」奥浅草観光まちづくり協会公式ブログ
http://okuasakusa.blogspot.jp/
★「奥浅草観光案内所」徒然観音うらのしっぽなブログ
http://blog.livedoor.jp/shipponao/archives/1693882.html
★「縁結びの神様」今戸神社HP
http://members2.jcom.home.ne.jp/imadojinja/
★「山谷掘をめぐる」巡ログ・ぶらっと旅に出てみませんかブログ
http://www.megulog.net/content/sanyabori/sanya-01.html
★「奥浅草は奥深いエリアです」パ・ド・ドゥHP
http://www.pdd-happy.com/plan/11067
★「大釜本店」焼きそば名店探訪録ブログ
http://yakitan.info/archives/daikama

(関連する記事)
★「537 【団子饅頭20】墨堤の桜と長命寺桜もち」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=584
★「563 待乳山の聖天サマと二股大根」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=585
★「760 【やきそば43】『そばもんじゃ』と吉原遊郭」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=807
★「1120 【やきそば92】日本初?のオムそば『オムまき』‥奥浅草」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1191
★「1305 【名物パン120】桜咲く板橋で『日本元祖のコッペパン』を」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1376

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(今春の桜のお噂はコレで最後にする心算ですが‥、ホント綺麗な春でした)

今戸神社から更に奥へ進んで行きますと、「アサヒ会通り」と云う実にレトロな商店街がございますが、ソコに「大釜(だいかま)本店」と云う焼きそば屋サンが在りますヨ。基本的に下町風ソース味ですが、ソースで煮込んだじゃ無ぇかと思う位にビシャビシャで、知らないと驚きますナ。具はキャベツ・モヤシと揚げ玉と、ソースの中に煮込まれた挽肉!「玉子入り」と頼むと、炒めた麺が卵で綴じられて出て来ますヨ。奥浅草界隈は全く、ホント摩訶不思議な焼きそば屋の宝庫の様。次が楽しみだねぇ




| 2013.04.07 Sunday (07:00) | 東京したまち台東区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.11.06 Wednesday (07:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS