きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1307 【お米料理86】国の天然記念物・蒲ザクラと「トマトカレー」‥北本 | main | 1309 【名物パン121】桜咲く大泉でブラジル名物「タピオカパン」 >>
1308 【やきそば121】桜咲く足利で「肉汁がけ焼きそば」


「下野の小京都」足利市の中心に建つのは、室町幕府を作った足利家の居館から発展した「鑁阿寺(ばんなじ)」。何度かご紹介してますが、桜咲く季節は初めて。真言宗大日派の本山で、ご覧の御本堂は重文です

桜を追い掛けてる訳じゃ有りませんが、関東平野を北へ進む私メです。都内各地で桜を楽しみ、埼玉県の中部でも桜を愛で、今日参りましたのは北関東の栃木県。その西端に突き出る足利市は、群馬県と接する歴史の街です。

関東平野は日本で一番広いだけに、北関東(群馬・栃木・茨城の三県)と南関東(神奈川・埼玉・千葉の三県と東京都)とで気候が違う事が目立ちますナ。特に北関東の平野部は、暑いのも寒いのもチョイと極端過ぎる‥様な気が。


足利氏の居館(=中世の城)だっただけ有って、鑁阿寺サンは四方を堀に囲まれてますヨ。そのお堀の堤にゃコレまた見事な桜が‥。根が張って地盤が強く成るンで、土手や堤にゃ桜を植える事が昔から多いンです

夏は摂氏四十度近くの灼熱地獄と化して、表に立ってるだけで目眩がする。冬は強い寒風が吹きすさび雪降る事も多く、スタッドレスタイヤを履いた車が当たり前。南関東も暑さ寒さはキツイけど、北関東ほど極端じゃ無いですナ。

桜の開花も違う様で、訪ねた日(先月末)は東京じゃ結構な桜吹雪に成ってましたが、足利じゃようやく満開に成ったばかり。ま、今年は南関東の桜が特に早過ぎたのも有りますが、今更ながら関東平野の広さに吃驚する私メです。


鑁阿寺サンの境内もキレイでしたが、後述の焼きそば屋さんへ行く為に偶々通り掛かった、同じ足利市内の「千歳袋川」の堤に植えられた桜並木が凄まじくキレイ!全く偶然だったのに‥思わず長居しちまいました

要するに東京に比べ、北関東の春の訪れは一週間ほど遅いンですナ。その分花冷えがキツくて‥。ありゃ東京と同じ様な格好で居たら、きっと風邪を引いてましたヨ。多少覚悟してましたンで、冬の準備で出掛けてあぁ良かった。

一週間前に満開の桜を心行くまで堪能した筈なのに、改めて満開の桜を見ると‥イヤだなぁ日本人って。予定を忘れ、何時までも眺めたく成っちまう。しかもその傾向は、オッサンに成ってから著しく成った様な‥。コレは何だろう?


足利の千歳袋川は、コンクリで固められて殆ど用水路状態。ご覧の通りに大した川じゃ無いですが、両岸に植えられたソメイヨシノの密集度がおぉ猛烈!大きく張り出した枝々が、川を包み込んでもぅ夢の様でした

物好きで酔狂なのは不変ですが、前座・二ッ目の修行をしてた頃に比べて変わったのは、恐らく‥知識量と判断力。そして場数を踏んだ分だけ生じた余裕?要するに真打に成って約十年、(やっと)落ち着きが出て来たンでしょう。

と‥自分じゃ思っても、世間から見りゃ「落ち着きの無いヘンなオッサン」な筈で‥精進が足らン様ですナ。実際、千歳袋川沿いの堤を歩きながら、「うわぁうわぁ」と桜を見上げ大喜びしてましたンで、少しも落ち着いて無いンですが。


千歳袋川の堤じゃ、この日から「千歳桜まつり(第三十一回だって!)」が行われ、足利焼きそばを始めとした露店が立ち並び、随分な人出で賑わってましたヨ。今年は「日程と開花の合わない桜祭り」が南関東じゃ続出してますが、今年の足利は全くドンピシャリ!つまり例年通りの開花だったンでしょうか?さて歩道橋が在ったンで上ってみると、ご覧の風景に。桜は下から見上げるのが専らで、上から見下ろすのは滅多に無いンで、大喜びの私メでした。辺り一面、桜の花しか見えませんゼ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「群馬県邑楽郡大泉町」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「学び舎のまち 足利」足利市観光協会HP
http://www.ashikaga-kankou.jp/
★「鑁阿寺(ばんなじ):足利氏宅跡」陶芸 工房あべHP
http://sinn.dip.jp/kesiki/totigi/bannnazi.htm
★「足利市の千歳袋川」道の駅どまんなか たぬまHP
http://domannaka.co.jp/tour/ashikaga/ashikaga012/
★「足利市千歳桜まつり」期間限定公式ブログ
http://sakura731.exblog.jp/
★「足利市焼きそば屋『藤生商店』」だぁなさんの"だぁなりずむ"ブログ
http://blog.goo.ne.jp/md-_-bmzzz/e/f1c89c5f7302b3969aac3f0e88fe4d5a
★「藤生商店@栃木・足利市」ホルモンに魅せられてブログ
http://motutomo.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/04/post_b41f.html

(関連する記事)
★「808 【今川焼き09】冬はやっぱり足利でパンヂュウ!」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=887
★「809 【やきそば47】萌えおこしと足利『ポテト入りやきそば』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=888
★「1260 【粉なモン21】げに恐ろしきチャルメラシューマイ2‥足利」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1333

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(南日本から北日本へと、桜をひたすら追っ掛ける旅をしてみたいモンです)

「足利に不思議な焼きそばが有る!」と某氏から教わり、ソレを訪ねて行って参りましたヨ。ソレがご覧の「肉汁がけ焼きそば」で、創業四十八年目の街の駄菓子屋「藤生商店」サンで食べられます。細い平打ち麺にポテトと目玉焼きは良いとして、話し好きなオバチャンが毎朝仕込む「煮込んだ豚肉(決して焼き豚じゃ無い)」とその肉汁が、実に珍しい!この甘辛い肉汁を仕上げに掛ける事で、妙に懐かしい‥そして暖かな味に成るンですナ。因みにお正月以外、働き者のオバチャンは一日も休まず店を開けてますが、どうかお元気でネ。私ぁまた食べに行きますから




| 2013.04.04 Thursday (08:00) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.10.22 Sunday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS