きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1337 2013年04月の目次 | main | 1339 【名物パン123】伝教大師と「マイケーキ」‥比叡山・西塔 >>
1338 【お米料理89】元三大師と「西の天津飯」‥比叡山・横川


今回の比叡山登りは京阪三条駅から。大阪京都間の移動は阪急を使ってた私メですが、渡辺橋の一件から、最近は京阪電車を使う様に成ってまして‥。夏に向けて、鴨川の畔は「床」作りが進められてますヨ

折角関西に来たんだし、ドッカへ行こうと思った私メでございます。さてドコへ行こうと考えて、大阪から京阪電車に揺られて朝の京都・三条駅へ参った私メ。このまま寺社巡りしても良いンですが、比叡山行きのバスも有るらしい。

「比叡山ドライブバス」と云う路線で、エッチラオッチラ山を登って行くらしい。日に僅か数本ですが、当たり前にケーブルカーで上がるンじゃ無く、クネクネ揺られるのも面白かろうと、急遽ソウ云う事にしちまいました。呑気ですネ。


比叡山の一番奥は「横川(よかわ)」と云う霊場。その中心は横川中堂と云う大きな建物で、曹洞宗を開いた「道元禅師」・浄土真宗を開いた「親鸞上人」・日蓮宗を開いた「日蓮上人」らは、横川で修行なさったそうナ

ドライブバスは凄い!タダでさえ狭い京都の道なのに、銀閣寺の横を通って比叡山へ向かう「山中越え」は更に狭く、運転手さんは無線機で行き違うバスと連絡を取り、多少広いトコですれ違いを敢行し、半ば強引に登って行く。

恐らくアレも慣れでしょうが、私メにゃとても無理でございますヨ。まるでジェットコースターみたいな山岳路線で、グングンお山を上がります。やがて県境を越えて滋賀県に入り、段々眺めが良くなると日本仏教の聖地・比叡山だ。


横川を開かれたのは第三代天台座主の「慈覚大師・円仁大僧正」ですが、第十八代座主にして叡山中興の祖「元三大師・良源大僧正」も横川を愛し、「元三大師堂」と云う立派なお堂も。ココが御神籤の発祥地です

三条駅から約一時間で終点「比叡山頂」へ。ココでバスを乗り継ぎ(同じ車両でしたが)、一番奥の横川まで参りましょうか。叡山三塔の一つで、今まで行った事の無い場所だ。横に谷川が流れてるから、横川(よかわ)と呼ぶとか。

そして横川は、私メを最近悩ましてる某大師のお墓の在る所。ソレは元三大師・良源大僧正と云う高僧で、関東じゃ専ら「厄除け大師」として知られてるお方です。ソウ・・佐野厄除け大師とかは、この元三大師サンを祀ってます。


比叡山の一番奥の「横川」の一番奥の山道を歩きますと、ソコには「元三大師御廟(みびょう)」が。お正月(元旦)の三日に亡くなられたンで「元三」と呼ばれますが、各「関東の厄除け大師」に比べ、実に質素でした

このブログ旅日記で最近、思い出した様に「関東三大師」を巡ってますが、ソレは弘法大師を祀った真言宗系のモノで、天台宗の比叡山とは関係無い。処が「関東の三大師」と云う元三大師を祀ったお寺も点在し、実にヤヤコシイ。

極端に云うと「派手にテレビCMを流す」のが天台宗系のソレでして、やっぱり元三大師サン御本人の御廟も派手ナンだろうなぁ‥と私ぁ確信して参ったンですが、予想に反して実に質素で静かなトコで‥。逆に驚いた私メでしたヨ。


元三大師御廟の近くに、現在では山内唯一の存在と成った修行堂「行院」が在り、天台宗のお寺のご住職に成る為にはココでの修行が必要だとか。ソコの修行僧ですか?山道を鼻歌交じりに歩いて行かれました

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「滋賀県大津市比叡山」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「日本仏教の母山」天台宗総本山・比叡山延暦寺HP
http://www.hieizan.or.jp/
★「境内案内・横川(よかわ)」天台宗総本山・比叡山延暦寺HP
http://www.hieizan.or.jp/keidai/yokawa.html
★「厄除け・息災祈願とおみくじ発祥の地」比叡山横川・元三大師堂HP
http://www.ganzandaishi.jp/
★「やさしい仏教入門 元三大師・慈恵大師・良源」龍光山正寶寺HP
http://tobifudo.jp/newmon/name/ganzan.html
★「京阪バス 比叡山ドライブバス【57】系統乗車記」ベニザクラのバスブログ
http://morisyo.blog.fc2.com/blog-entry-57.html
★「ワシ的ケンキュウレポート〜王将の天津飯編」アジア小僧が行くHP
http://homepage3.nifty.com/wasi/manga-nikki/03.02.11%89%A4%8F%AB%93V%92%C3%94%D1/%93V%92%C3%94%D1.html

(関連する記事)
★「282 【京都上ル下ル08】あまりの暑さに土下座したくなる」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=290
★「838 【スイーツ41】渡辺さんの発祥地と『満月ポン』‥大阪」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=863
★「1051 【粉なモン19】祇園で涼を楽しみ『一銭洋食』を」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1082
★「【関東三大師】シリーズ (01〜20)
http://rifuh.jugem.jp/?eid=357

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(近く『関東の三大師』巡りも始めますが、コレが結構派手なトコばかりで‥)

「餃子の王将」の本拠地がドコだか知らない関東人は大勢居りますが、ソレは京都の四条大宮でございますナ。まるでカメレオンの様に進出先に合せ、メニューを変えてく王将だから判らなく成っちまうンですが、その過程で東日本と西日本じゃ、「同じ料理でも味が全く違う」と云う楽しい事に成っちまう。有名なのがご覧の「天津飯」で、東はピンク色したケチャップベースの甘酸っぱいタレが、西は出汁がチョット効いた醤油ベースのタレが掛かったりします。比叡山ドライブバスの出発まで時間が有ったンで、24時間営業の北白川店で「西の天津飯」を朝食として食べましたが、甘酸っぱいのが正直苦手な私メは‥コッチの方が宜しいです




| 2013.05.01 Wednesday (08:00) | 琵琶湖は滋賀の1/6 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.17 Thursday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS