きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1392 【お米料理94】県境の炭鉱町で「イカタル弁当」を‥大牟田 | main | 1394 【粉なモン24】飯塚の名物「味覚焼き」と川筋気質 >>
1393 【比較研究10】「千鳥饅頭」のご本家は飯塚だった!

お陰さまで今朝方、11万PVに到達した様です。これからも毎日更新しますので、宜しく願います

JR飯塚駅から旧長崎街道を歩いて中心街へ向かうと、やがて穂波川を越える「飯塚橋」に。橋の上からは市のシンボル竜王山(616m)が良く望めますが、この山の向こう側が九州最大の都市・福岡市ナンだとか

改めて福岡・筑豊地方へ参った私メでございます。筑豊ってぇのは「筑前(福岡西部)」と「豊前(福岡東部)」両国の境目一帯の総称で、かつては日本を代表する石炭の産出地だったトコですナ。境目ばっかりを旅してる様な気が‥。

「筑豊三都」の一つ直方市は数日前にご案内致しましたが、旅の最後は同じく「筑豊三都」の飯塚市へ。この飯塚は十三万人と、直方の倍以上も居るらしく、数年前からは昨日ご紹介の大牟田市を抜き、福岡県第四位に成った様。

炭坑閉鎖により人口が急減したモノの、大学を誘致して若年人口を増やして減少に歯止めをかけ、JR福北ゆたか線(昔の筑豊本線ですナ)が電化され、博多への直通電車が増発されてから、そのベットタウンとして人口増加中。

日本各地の元鉱山町のほぼ全てが復活出来ぬ中、完全とまで行かンでも、とにかく復活へ向かってるのはスゴイ!地理的条件も有るでしょうが、何しろココにゃ「飯塚発祥の全国的菓子」が二つも有る位、元々の地力が有った。


コレも飯塚のシンボル「嘉穂劇場」。飯塚橋のそばに在りますが、筑豊黄金期の栄光を残す大衆劇場で、この建物は昭和六年(1931)に再建されたモノ。只今でもお芝居に使われたり、寄席に使われたりしてます

ソレは「ひよ子」と「千鳥饅頭」。まず東日本の誰もが「東京土産」と信じて疑わぬ「銘菓ひよ子」は、明治四十五年(1912)に飯塚で生まれたお菓子。東京オリンピックの時に進出して定着し、今や東京の販売量の方が多いとか。

似た様なお菓子は全国に在りますが、多少は変えて元祖のひよ子に敬意を示してますナ。処が玄界灘の向うの仁義知らずの某K国に、数年前フルコピーされて問題と成ったのが記憶に新しい。某K国に自尊心は無いからねぇ。

処が「千鳥饅頭」は、東京(千鳥屋総本家)・大阪(千鳥屋宗家)・博多(千鳥饅頭総本舗)・飯塚(千鳥屋本家)と四つも在る。いずれも名前を聞くとご立派なトコばかりで、一体ドコがルーツなのか良く判らなく成りますが、飯塚がソレ。

私ぁずっと「東京・駒込の千鳥屋が正しく、他はコピー」と信じてましたが、同族で暖簾分けした結果だソウで、某K国みたいな事をした訳じゃ無いらしい。東京・大阪のソレを以前較べましたが、今回は九州のソレを較べてみました。


嘉穂劇場のすぐ近く、市中心街の国道211号線沿いに「千鳥屋本家の本店(あぁ‥ヤヤコシイ)」がございますヨ。肉体を酷使する炭鉱労働者にゃ甘い物が好まれ、中でも「ひよこ」と「千鳥饅頭」が両雄と成った様ですナ。さて本店は表も立派でしたが、裏のお屋敷がエラク御立派で、幸い拝見させて戴きましたが、襖の取っ手やらナニやら「千鳥の意匠」に成ってて‥もう感心するしかない!寛永七年(1630)創業の老舗の底力に、私ぁ大人しくシャッポを脱ぎますゼ。因みに福岡市へは昭和二十四年、東京へは昭和三十九年、大阪へは昭和四十八年の進出だとか

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「福岡県飯塚市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「飯塚市観光ポータル」飯塚観光協会HP
http://www.kankou-iizuka.jp/
★「むかしむかしのしばいごや」嘉穂劇場HP
http://www.kahogekijyo.com/
★「創業寛永七年 名菓」千鳥屋本家HP
http://www.chidoriya.net/
★「職人目線・千鳥饅頭」長崎街道シュガーロードHP
http://sugar-road.net/looking_craftsman/chidorimanjyu/
★「今日は、雑談でも」君のハートに、イーシャンテン!!ブログ
http://kimishan.blog.fc2.com/blog-entry-76.html
★「ひよ子の生い立ち」ひよ子本舗吉野堂HP
http://www.hiyoko.co.jp/ayumi/oitachi.html

(関連する記事)
★「660 【比較研究04】福岡・大阪・東京・・三羽の千鳥饅頭」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=644
★「1387 【やきそば138】直方レトロと『直方焼きスパ』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1424
★「1392 【お米料理93】県境の炭鉱の街で『イカタル弁当』を‥大牟田」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1440

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(さて『ひよ子』ですが‥、何れ近い内に食べ比べしてみたいと思ってます)

「東京の千鳥屋は本家じゃ無いらしい」と気付いてから、私メの念願だった「四羽の千鳥食べ比べ」。東京と大阪の千鳥が正直「全く同じ味」だったンで、どうせ九州のもと思ってましたらば‥「全く同じ味」でしたネ。処が大失敗したのは‥「福岡の千鳥饅頭()」は無事でしたが、「飯塚の千鳥饅頭()」が、九州から持って帰る途中に何かに押し潰れてた様で・・。申し訳ございません、折角お屋敷の見学までさせて戴きましたのにネ。ま、押し潰されても‥味に変わりはございませんが。さて四羽の千鳥は、四兄弟が骨肉の争いの結果らしく、一時は訴訟合戦に成ってた様ですネ。ですが「吉兆」の醜態を見て、流石に仲直りしたソウです




| 2013.06.19 Wednesday (08:00) | よぅきんしゃった福岡 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS