きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1360 【麺類色々93】博多祇園山笠と「博多うどん」 | main | 1362 【お米料理92】「味付け海苔のおにぎり」‥橋本 >>
1361 【揚げモン48】伏見稲荷と「大き過ぎる京揚げ」


神社系お稲荷さんの総本宮「伏見稲荷大社」も、朝は実に静かなモン。若い娘が社務所に次々入って行きますンで、今朝は何か催し物が有るのかと思ってましたら、ドウやら出勤して来た巫女さん達だった様です

日本全国をフラフラし続け、今日は京都へ参った私メでございます。ホント腰の据わらぬ男で申し訳有りませんが、朝っぱらから向かったのは京都市南部の伏見稲荷大社。日本全国に四万社も在るとされる、お稲荷さんの総本宮。

四万社も在ると云うか、四万社しか無いと云うべきか。何しろ関東はお稲荷さんが多く、特に大江戸八百八町は「各町内に最低一社の割合」ですから、もっと在ると思ってたンですが‥伏見じゃ無く、豊川系のが多いンでしょうネ。


伏見稲荷「内拝殿」じゃ神職の方々が、この奥の本殿に居られる「宇賀之御魂大神(ウガノミタマノオオカミ)」様に捧げる「神饌(みけ、神様の朝ごはん)」の儀式の真っ最中。やっぱり油揚げとかも供えるンでしょうか?

お稲荷さんは「神道(伏見稲荷)系」と「仏教(豊川稲荷)系」の二種類有りまして、江戸幕府を作った徳川将軍家は愛知・岡崎のご出身。当然、すぐ近くの豊川稲荷に帰依してたらしく、「仏教のお社」てぇ妙なモンが江戸にゃ沢山。

ま、昔は仏教と神道がゴチャゴチャに成ってたのが当然で、ソレを明治に成って無理矢理分けたから、尚更ややこしく成っちまってンですが、豊川系のソレはお稲荷さんとしてカウントされてないのかナ?詳しい事は良く判りません。


ご本殿裏に聳える「稲荷山」全てがご神域で、山内にゃ沢山のお社が在りますヨ。全て巡ると半日以上掛かりますが、流石にソコまでお付き合いしきれんので、「千本鳥居」を通ってせめて途中まで参りましょうか

今年の春、ご縁有って茨城・笠間市の「笠間稲荷」さんを訪ねた私メですが、「日本三大稲荷」と称するワリに‥。やっば「三大何とかの三つ目はアヤフヤだ」と再認致しましたが、ならば残りの「伏見と豊川」の二つは如何かしらん。

いやいや、豊川稲荷はこのブログ旅日記で何度かご紹介してますし、伏見稲荷もコレを始める前に何度も訪ねた事が在る。だもんで凄い事は判ってンですが、まだご紹介して無いし‥。ソレに伏見で降りる用事も有りましたンで。


豊川稲荷は「奉納の幟」だらけでしたが、伏見稲荷は「奉納の鳥居」だらけ。五号サイズで十七万五千円〜十号サイズで百三十万二千円‥と規格が色々有る様で、詳しくは社務所に問い合わせて呉れとの事です

私ぁ「神社は朝か夕が良い」と思ってンです。空気が清浄な朝は爽やかで快いですし、黄昏の逢魔ヶ時は神々しさが増して素晴らしい。今回は朝の参拝と成りましたが、関西有数の参拝客を集める伏見稲荷なのに、人が居らん!

お陰で誰にも邪魔されず、静かに参拝させて戴きましたが、ココは奉納鳥居がホント多いねぇ。俗に千本鳥居と称しますが、実際は一万本以上在るらしく、毎回数えてみるンですが‥今回も途中でリタイヤ。信心が足らん様です。


伏見稲荷最寄りの「JR稲荷駅」「京阪・伏見稲荷駅」の間を流れるこの
川は、琵琶湖と宇治川の間を京都経由で流れる「琵琶湖疎水」。この辺
りは春は桜の、秋は紅葉が綺麗だソウですが、今は静かなモンですナ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「和歌山県橋本市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「歴史眠るまち 京都伏見」京都伏見観光連携協会HP
http://kyoto-fushimi-kanko.jp/
★「おいなりさんへ出かけよう」伏見稲荷大社HP
http://inari.jp/
★「異次元に引き込まれそうな無数の鳥居がある伏見稲荷大社に行ってきた」GIGAZINE HP
http://gigazine.net/news/20080412_inari_taisya/
★「鳥居奉納のご案内」伏見稲荷大社HP
http://inari.jp/gotinza1300/
★「琵琶湖疎水の紅葉」京都観光/旅行 ぶらり伏見ブログ
http://kyoto-fushimi.sakura.ne.jp/blog/archives/71.html
★「京揚げ」デジスタイル京都HP
http://www.digistyle-kyoto.com/kikaku/kyouage/kyouage2.html

(関連する記事)
★「054 お狐サマとの遭遇、しかも大勢」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=78
★「911 【麺類色々52】清酒の町・伏見で『きざみそば』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=992
★「912 【名物パン71】伏見の『なつかし菓子パン』と寺田屋事件」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=993
★「1203 【名物パン105】豊川名物『たけの子パン』とお狐サマ」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1282
★「1315 【スイーツ73】笠間稲荷で『甘酒ソフトクリーム』を」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1364

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(黄昏時に行った事も有りますが、もうオドロオドロしくて恐怖を覚えましたヨ)

京都に行くと不思議に感じる事が矢鱈と有りますが、その一つが「なぜ京都の油揚げ(京揚げ)はあんなに巨大なのか?」ですナ。比較の為に東京で一般に売られてる油揚げと並べてみましたが、面積比で倍ぐらいの違いがございますヨ。関東と関西じゃ「畳の大きさが違う」てぇのは有名ですが(関東の方が小さい)、なぜ油揚げが?大きいけど薄く、でもフンワリと柔らかいモノで、菜っ葉と一緒に炊いてもらうと実に美味いンですが、もっと厚みが有ったらば‥。一段と巨大なのも有りましたが、流石に持って帰れないンでソレは断念致しました。でも‥ナゼ巨大なの?




| 2013.05.22 Wednesday (07:00) | 京都上ル下ル・洛外 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.24 Monday (07:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS