きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1380 【保存食品33】東京名産「日本橋漬」って知ってます? | main | 1383 【麺類色々94】「かすうどん」と凄まじい歴史の集積・・藤井寺 >>
1382 【スイーツ78】甦る寺内町と「ちょぼちょぼ」‥富田林


富田林市の中心部は、興正寺別院の寺内町として栄えたトコで、江戸中期から昭和初期にかけての古い建物が、キレイに再生されて軒を連ねてます。ただ‥雨降りお天気だったンで、観光してる客は皆無でした

大阪府の東南部「南河内」地方へ参った私メでございます。今年はドウ云う訳か?西国への旅のお噂が多く成ってますが、コレからもドンドン続きますヨ。ご報告したいお噂がまだまだ沢山控えてますンで、どうかお諦め下さいませ。

東日本の常識で暮らす私メにゃ、西日本は「謎の宝庫」でございますナ。知らないコトや珍しいモノ・目新しいモノに次々遭遇し、「コリャ何だろう?」と理解しようとするだけで日が暮れちまう。だもんで、悔しいから後日詳しく調べる。


富田林の寺内町は戦前まで大きく栄えてた様ですが、戦後「時代の変化」に付いて行けず、次第に寂れてったとか。そして朽ち果てる寸前だったのがバブル後に発見され、最近に成って整備・再生が図られてます

そして「へぇソウだったの」と帰京してから、ようやく納得する様な体たらく。特に歴史が絡む様なモノや街並みは、東と西じゃ蓄積が違い過ぎるだけに、その場じゃ簡単に理解出来ない事が多いンですヨ。私ぁ歴史商売の筈なのに。

加えて宗教も絡ンで来ると、正直云って「ナンのこっちゃ?」。今回訪ねた南河内の富田林市は、新興宗教のPL教の大本庁が在るトコですナ。私ぁPLてぇと高校野球しか思い浮かびませんが、関西じゃ大花火大会で有名だとか。


コチラが富田林寺内町の中心たる、浄土真宗興正派の大本山「円頓山興正寺の富田林別院」。興正寺住職の「証秀上人」と云うお坊サンが、戦国末期に百貫文で買った荒地に街づくりしたのが、ココの始まりとか

ただソレは毎年八月一日の開催で、今回の私メの旅には無理ですネ。では一体ナニしに富田林まで行ったかと云えば、ソレは「富田林寺内町」なる古い寺内町を見たかったから。つまり、お寺サンを中心にして出来た自治集落。

私メの知る限り‥東日本にゃ門前町は沢山在っても、寺内町は一つも無かった筈。その違いは門前町は「お寺の参拝客相手の商業地」なのに、寺内町は「お寺と周辺住民との運命共同体」。戦国大名を相手に戦ってたトコが多い。



富田林の寺内町は、大阪府内じゃ唯一の「重要伝統的建造物群保存地区」。その白眉が国の重要文化財「旧杉山家住宅」でして、ココは富田林八人衆の筆頭年寄で造り酒屋だった大商家。江戸中期の建築です

富田林は、京都本願寺の筆頭子院「興正寺」の御住職だった、「証秀上人」と云うお坊サンが作った町。この方は浄土真宗中興の祖「蓮如上人」のお孫なのに、少々珍しい考えの持ち主。曰く「教義に殉ずるより、生きて栄えよう」。

日本最大の寺内町「石山本願寺(=今の大阪市)」に篭り、真宗は織田信長公との十年戦争の真っ最中。なのに証秀上人は本願寺に従わず、敢えて信長公と妥協し、富田林の自治特権を認めて貰った。生き方は色々有ります。


この石川沿いの荒地を開墾して出来た富田林寺内町は、信長公から貰った自治特権を基に発展して行きます。江戸時代は幕府直轄領と成りますが、自治権は結構保たれてた様で、酒造りを中心に大きく栄えたンだとか。寺内町って東日本にゃ無いですから、妙に興味が湧きますねぇ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「大阪府藤井寺市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「とんだばやしナビ」富田林市観光協会HP
http://tondabayashi-navi.com/
★「わくわく南河内」華やいで大阪・南河内キャンペーン協議会HP
http://www.minamikawachi.jp/index.php
★「江戸時代の伝統的町並みの魅力発見」富田林寺内町の探訪HP
http://www5d.biglobe.ne.jp/~heritage/
★「『富田林寺内町』信長と対立せず 姿とどめる」MSN産経ニュースwestHP
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130211/wlf13021117010018-n1.htm
★「富田林」まちあるきの考古学HP
http://www.koutaro.name/machi/tondabayashi.htm
★「『当たり前田のクラッカー』とは別会社!」大阪前田製菓HP
http://www.osaka-maeda.co.jp/

(関連する記事)
★「910 【やきそば57】『スタミナ焼きそば』と京都より凄い今井町」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=991
★「1155 【やきそば101】大阪最古の町と『カミショクの焼そば』‥平野区」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1215

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(奈良・橿原市の寺内町『今井』ほどじゃ無いですが、富田林も凄い街です)

生憎の雨降りお天気で「観光客が居らん」てな理由で、アテにしてた寺内町の某餅屋さんはサッサと暖簾を下ろしてしまい‥私メは如何すれば良いのでしょうか?そこで明日ご紹介の藤井寺市に本拠地を置く、大阪前田製菓の「ちょぼちょぼ」を。詳細は不明ですが、コレはかなり前から作られてる超ロングセラー商品(らしい‥私ぁ今回初めて知った)。食感は「しっかりした歯応えの有る卵ボーロ」と云うか、「小さくてパリっとした玉子パン」と云うか。美味い!って叫ぶほどのモンじゃ無いけれど、有れば在るだけ食べちまいそうナ‥そんなお菓子です。関西じゃメジャーな様ですが、関東でも‥探せば有るらしいンですが‥常備にしたいネ




| 2013.06.09 Sunday (08:00) | 大阪市以外も大阪府 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.24 Monday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS