きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 113 2010年02月の目次 | main | 115 【お鍋料理07】レタスなお鍋とはコレ如何に >>
114 【野菜果物02】日向夏が春を連れてくる


レモンよりも遥かに檸檬色。この明るい色を見ると、春近しと感じます

あれ先日の寒い夜、東京・上野広小路の松坂屋サンの前でございました。私メは宴会帰りで上機嫌。珠には家へ早く帰ろうと地下鉄駅へ向かう歩道上にて、私ぁダンボール箱を抱えたお兄ちゃんに声を掛けられたンですヨ。

「八百屋ですが、コレ買っちゃ戴けませんか」。アメ横か吉池辺りの出店のお兄ちゃんらしく、箱の中に入ってるのは真黄色の柑橘類。「コレを売り切りたいンですヨ。お安く致しますンで」。往来で押し売りに遭うのは久し振り。

聞けば宮崎直送の日向夏(ひゅうがなつ)。コレを売り切らないと親方に叱られるンだろうナ的なお兄ちゃんの悲壮な表情に、「ナンだかマッチ売りの少女みたいだねぇ」と思わず、私ぁ侠気を出してしまったンでございます。

私メはあの童話を読んで「ナンで電柱の裏に何時でも潜んでる筈のCIAかKGBの秘密エージェントが飛び出して助けて遣ンねぇンだ」と、ナニか他の話しとゴチャ混ぜにして憤慨した口ナンでございますヨ(どんな餓鬼だい‥)


白い内皮の部分も、そのまんま食べられます。サッパリとしたスッパサ

そんなに高くは無かったンで、ソレを多少値切って(・・)私メの機嫌は上々吉。そうか、もう日向夏の季節ナンですねぇ。日向国・宮崎に最後に行ったのはもう何年前のコトかしらん。何しろ遠過ぎるンで、そうそう仕事で呼ばれない。

仕事で遠方に呼んで戴きますと、私ぁ「ヘンなモン捜し」と平行し、その土地ごとの風習等を教わって帰って来るンですが、あの時宮崎で教わったのは「芋焼酎は割らずに生で呑め」と云う素晴らしい鉄則と、「鯨羊羹」「日向夏」。

蜜柑大国・静岡県で子供時分を過し、柑橘類については詳しいつもりだった私メも、内皮ごと適当に切って食べる日向夏の存在を当時知らず、一寸したカルチャーショックを感じたのも懐かしい物語。また宮崎に呼んで下さ〜い!!

この冬は例年通りヘンな気候でございましたが、露地物の日向夏が出回り始めると「もう春が来るンだナ」と感じさせて呉れる、ステキな押し売り。こう云う押し売りならば私ぁ大歓迎。お兄ちゃん、値切り過ぎてゴメンなさいヨ。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「九州・某メーカーのお鍋用スープ」を考えます★

(参考リンク)
★「日向夏」みやざきブランド推進本部HP
http://www.miyazakibrand.jp/brand-list/16-hyuganatsu/
★「日向夏」農林水産技術情報協会HP
http://www.afftis.or.jp/mikan/mikan30.htm
★「宮崎の日向夏みかん」PhotoMiyazaki宮崎観光写真HP
http://miyazaki.daa.jp/oss/hyuganatu/

(静岡では日向夏を、ニューサマーオレンジと云う名前で生産してますねぇ)




| 2010.03.01 Monday (07:56) | 東京したまち台東区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.23 Friday (07:56) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS