きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1440 2013年07月の目次 | main | 1442 【スイーツ85】正しいお茶の入れ方と「茶っふる」‥静岡市 >>
1441 【名物パン136】墜落した緑十字機と「静岡サンドパン」‥磐田


(アメリカ軍さん、お借りします)玉音放送の数日後、日本の命運を乗せて木更津飛行場から飛び立った「緑十字機」は、連合国軍の前線基地・伊江島に着陸し、降伏調印の折衝に臨む事に。良くぞ写真が残ってました

良く聞かれるンですヨ。「お前サンは、一体何本ぐらい根多を持ってるの?」ってネ。私メも最近数えて無いンで余り自信はございませんが、恐らく一席三十分から四十分くらいの根多が、百六十から七十本くらい有るンじゃないかと。

「各種営業の為に拵えた根多」等を入れたらもっと多いンですが、ソレは高座に掛けられないから省くとして、多分ソレくらいは有る筈。二十数年も高座に上がってますンで、この程度は当然の事。コレからも増やして行かにゃあネ。

根多を増やす方法は、師匠や先輩達から古典を教えて貰うのと、自分の感性と才覚を生かして新作講談を作るのの二通り。私メの場合は七対三くらいの割合で、古典講談の方が多い筈。もっとも‥鯉風流の古典と化してますが。

一方「新作作り」は大変。特に私メの様な「古典仕立ての新作講談」を専らとする者は、まず資料を山ほど読んで現地を訪ねて、情景が目に焼き付くまでジックリ歩き回り、頭の毛を掻き毟りながらキーボードに向かわにゃ成らぬ。


伊江島からの帰路、降伏全権大使を乗せた緑十字機が燃料不足で墜落したのが、静岡・磐田市の鮫島海岸。天竜川上流のダムの為に砂が減って痩せ衰えましたが、当時は五百m以上は有る大砂丘だったとか

何しろ師匠(神田松鯉)に、「講釈師 見て来た様な 嘘をつき」じゃ駄目。「見て来た上で 嘘をつき」が良いと私ぁ前座の頃から言われてまして、「古典は勿論、新作なら尚更現地へ行って歩き廻って来い!」を今でも守ってますヨ。

だモンで‥この愚かなブログ旅日記も時々、そんな現地訪問の際のお噂が入ってたりします。てな訳で今回、新作講談の現地訪問として参りましたのが、静岡・磐田市の鮫島海岸と云う所。終戦直後、緑十字機の墜落場所だ。

でもココって‥今更訪ねなくても大丈夫な位に良く知ってる海。何しろ私メの本姓は「鮫島」と申しまして、つまりココは八百年ほど前にウチのご先祖様が切り開いた海岸で、辺り一帯は我が一族の領地だったトコ。実家の近くだ。

広大な砂丘だった海岸で、もしも他所に緑十字機が堕ちてたら、搭乗の降伏全権大使一行は助からなかった筈。つまり折角の終戦は破談と成り、怒り狂った連合国軍は本土総攻撃してた筈。戦後史の大危機の現場だったのネ。


この顛末を「終戦秘話〜緑十字機の墜落」と云う新作講談にまとめ、今度の会で高座に掛けさせて戴きます。宜しければお出で下さいナ。さて鮫島海岸に墜落した降伏全権大使らが、最初に助けを求めたのが「陸軍明野飛行学校天竜分教所」。海岸のすぐ近くに在った飛行場ですが、その跡地の一部が「袖浦公園」と云う磐田市の公園に成って居て、航空自衛隊の戦後初の主力ジェット戦闘機「F−86旭光」が展示されてます

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「静岡県静岡市葵区」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「旧海軍・緑十字機の関連部品の発見について」磐田市役所HP
http://www.city.iwata.shizuoka.jp/news/2011/12/post-225.php
★「緑十字機、鮫島海岸に不時着す」ただ若き日を惜しめブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/serasan0620/folder/1040059.html
★「鮫島海岸」ぎょゆうブログ
http://gyoyu.hamazo.tv/e1529299.html
★「陸軍明野飛行学校・天竜分教所跡」戦捜録HP
http://www1.linkclub.or.jp/~oya-wm/tenryufile/tenryu.html
★「F−86F戦闘機」ねこまた重工株式会社HP
http://nhi.a.la9.jp/HAMAMATSU/F-86F.html
★「伝えたい!無添加の美味しさ」マルト神戸屋HP
http://www.marutokobe.co.jp/

(関連する記事)
★「414 【鳥人列伝02】鳥人幸吉の街・・遠江見付」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=408
★「1000 【スイーツ56】実家の庭ではちみつ絞り‥磐田」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1046

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(我が父上様は、緑十字機が墜落した現場を見てないらしく‥あぁ残念です)

静岡県から岐阜県に掛けての一帯に、「マルト神戸屋」と云う製パン会社がございますヨ。名前から判る様に全国ブランドの神戸屋に吸収された会社で、本社は磐田のお隣の浜松市。神戸屋と同じ食パンや菓子パンを作ってますが、多少は独自の製品も有りまして、ソレが静岡県西部の特産物を挟み込んだ「静岡サンドパン」。特に一番下のクラウンメロンは磐田近辺の特産で、要するにコレが正真正銘本物の「マスクメロン」でごさいますヨ。最近多く出回ってるマスクもどきと違い、桐箱に収まって病気見舞い等に使われる、超高級品ですナ!ソレが大して珍しくないって、ホント産地って凄いと思う。このサンドパン、他県にゃ無い筈です




| 2013.08.01 Thursday (08:00) | ホームタウン磐田市 | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.04.28 Friday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS