きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1441 【名物パン136】墜落した緑十字機と「静岡サンドパン」‥磐田 | main | 1443 【やきそば143】「スプラッシュ焼きそば」と商店街のヒーロー‥静岡市 >>
1442 【スイーツ85】正しいお茶の入れ方と「茶っふる」‥静岡市


富士山が世界遺産に成りましたが、山頂は富士宮市の「富士山本宮浅間大社」さまの所有地だったりする。本宮の大社に対し、新宮なのが静岡市の総鎮守「静岡浅間神社」さま。正しい富士登山はココからですヨ

ご商売ごとに必要なモンって、色々ございますネ。私メら寄席芸人は着物やら手拭いやら扇子やらが無いと、ドウにも仕事に成りませんヨ。加えて講釈師の場合は座布団の前に置く「釈台」と、ソレを叩く「張り扇」が絶対的に必要。

落語と違い講談は、和紙と竹から作った「張り扇」で「釈台」と云う小机をパンパン叩き、ソレで調子を作りながら朗々と詠う様にストーリーを読み上げる演芸で、極端な話‥着物なんか着てなくたって構わない。手拭いすら要らない。

無論ソレらが有った方がイイですが、張り扇と釈台に較べれば大した問題じゃ無い。他の浪曲やら各種色物やらも、それぞれ絶対的に必要なモンが有る様ですが、演芸全般に通じて必要なのは「芸人根性」と「楽屋のお茶」ですゼ。

特に「楽屋のお茶」は、高座に上がる前の逃げ出したく成る恐怖感を抑え、口跡爽やかな高座に導いて呉れる特効薬。但しソレは上手な前座サンが入れて呉れた時のみで、ソウじゃ無い奴の場合はむしろイライラが増しますがネ。


静岡市最大の繁華街「呉服町通り」を歩き抜けると、江戸幕府の小判を昔作ってた「金座町」、続いて日本のお茶市場を左右する「茶町」へ繋がります。特に茶町は‥ほんとお茶問屋サンが多くて、街中がイイ香り

講談や落語と云った寄席芸人は、入門したら三年から五年の前座修行をしなくちゃ成らない。この前座の重要な仕事の一つが、楽屋で先輩方にお茶をお出しするコト。私メもミッチリ務めさせて戴きましたゼ、そして評判は良かった。

そりゃソウだヨ、私ぁお茶の大産地・静岡市の育ちだヨ。抹茶の方は知らぬけど、御煎茶の方は多少心得てる心算です。他の事はシクジリばかりでしたケド、辞めなくて済んだ理由の一つは「お茶」だったと云う説も‥。故郷に感謝。

てな訳で、改めて感謝したくなって静岡市葵区。しかも日本のお茶相場はココで決まると云う、茶町へと行って参りました。ペットボトルのお茶は伸びてますが、茶っ葉の方は消費低迷が続き、茶町も随分と問屋サンが減ったねぇ。

けれども何処かでお茶を煎る香りがしますし、お茶スイーツのお店なんかも出来て居て、週末は若いお姐チャン達が訪ねて来るンだとか。前座時分を思い出し、美味しいのを入れてみようとしましたが‥コツを忘れちまってた様です。


茶町の老舗茶問屋サンが、お茶の需要拡大を狙い「茶っふる」屋さんを開き、コレが人気なんだとか。静岡県内の著名産地のお茶を使った、茶クリームを挟んだワッフル(店内で焼いてます)で、各種の美味しいお茶は飲み本題!静岡市を貫く安倍川上流で採れる「本山茶」と、お隣りで抹茶の大産地「岡部茶」を使った茶っふるを頂戴しましたが、なにしろ暑いンで喉が渇き、(二つしか食べなかったのに)次から次へとお茶ばかり飲んで申し訳ない。反省代わりに大きな声で、お茶はやっぱり静岡が一番!

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「静岡県静岡市駿河区」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「お茶のまち静岡市」静岡市役所お茶のまち推進係HP
http://www.ochanomachi-shizuokashi.jp/
★「駿河国総社 おせんげんさん」静岡浅間神社HP
http://www.shizuokasengen.net/
★「しずおかO−CHAプラザ」世界緑茶協会HP
http://www.o-cha.net/japan/plaza/
★「静岡茶はここが違う!」静岡茶商工業協同組合HP
http://www.ocha.or.jp/index.php
★「茶の町コンシェル(お茶のまち静岡市)」フェイスブック
https://www.facebook.com/chanomachi
★「茶処静岡のお茶とスイーツ」茶町KINZABURO・HP
http://kinzaburo.com/
★「茶待ち和っふる『茶っふる』」しずおか葵プレミアムHP
http://www.shizuoka-citypromotion.jp/aoipremium/product/007.html

(関連する記事)
★「154 【呑みモン03】今日は呑気にマテ茶で一服」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=168
★「284 【呑みモン07】静岡の夏はコレを飲んで耐える」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=308
★「954 【スイーツ50】日本一の玉露の里で『玉露ソフト』‥旧岡部町」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1048
★「1019 【お米料理72】隠元禅師と煎茶道と「衣笠丼』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1084

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(これからも前座サン達は、我々先輩達に美味しいお茶を入れて下さいナ)

美味しいお茶を入れるコツを忘れちまったコトに衝撃を受け、静岡駅南口から歩いて一分のトコに在る「O−CHAプラザ」へ。ここは世界緑茶協会()が運営してる施設で、キレイなお茶インストラクターのお姐さんに、美味しいお茶の入れ方教室をして貰いましたヨ。この日の茶葉は、今年の富士山の山開きの時に山頂の浅間大社奥宮へ運ばれ、お払いを受けて神事に用いられた「足久保茶」の有難いお流れで、太閤殿下と石田三成の故事宜しく、「ぬるい⇒温かい⇒熱い」の順に、世界遺産なお茶を合わせて三杯戴いて参りました。何となくコツを思い出した様な気も致しますが、前座じゃ無くなって既に二十年‥。ドウして昔は、あんなに美味しいお茶が入れられたのかしらン。お茶は静岡が一番です!




| 2013.08.02 Friday (08:00) | 我がふるさと静岡市 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.18 Tuesday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS