きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1470 【名物パン139】名古屋から全国へ!「サンドロール」の謎 | main | 1472 【スイーツ87】駿府人物伝と「安倍川餅」‥静岡市 >>
1471 【やきそば150】「温泉玉子マヨ焼きそば」と大御所さま‥静岡市


真夏の日差しを浴びて輝く、「大御所さま」徳川家康公が愛された駿府城。私ぁこのお城で遊んで育った様なモノで、静岡市に帰る度にまずココへ向かってしまうのヨ。でも‥余りに暑いンで、殆ど人が居ませんネ

私メの故郷・静岡市へ戻って参りました。尤も故郷と申しましても、親の転勤で数年間住んだだけナンですが、ココで過ごした日々が余りに濃厚過ぎて、「故郷は静岡しかない!」と思い込んで居りまして‥ソレでもココが故郷だ。

東西を旅する途中、時間が有ると途中下車して市街をフラフラ歩き回り、「あぁ落ち着く」と疲れ果てた心を充電し直し、改めて狂気の世界「寄席」へ出撃する訳でして、こうして時折息抜きしませんと、私ぁきっと躁鬱に成ってた筈。

市長サン、どうかご勘弁下さいませ。全国ドコに行きましても「静岡良いトコ一度はお出で、富士の高嶺に気候は温暖。飯も美味けりゃ交通も便利」と宣伝し捲って居りますンでネ。そんな静岡市(駿府城下町)は、天下人の出た街。

全静岡市民が両親より尊敬してるかも知れない、郷土の大偉人「大御所さま」徳川家康公はココで育ち(生まれは違うケド)、ココから天下取りに乗り出して見事成し遂げ、江戸幕府を成立させたらココへ帰り、ココで亡くなられた。


江戸幕府の行政組織の殆どは、駿府城下町で作られたモノばかり。街を散歩してますと「昔ココに〜が在った」と云う表示が良く見ますが、その殆どに「ココから江戸に移った」と云う一文が加えられてたりしますヨ

大御所さまは確かに愛知・岡崎市のご出身ですが、人格が形成される幼少時を静岡市で過ごし、生まれ故郷より育ち故郷の方が好きに成っちまって、ココに帰りたくって仕様無かったンでしょうナ。その気持ちは良く判りますゾ。

ソリャ大御所さまに比べれば、私メなんぞは遥かに小者ですが、余所者なのに「静岡市大好き病に掛かっちまった」点ではお仲間だ。富士山はキレイだし、気候は温暖で過ごし易いし。市民の気性が保守的なのが難ですがネ。

だからと云って他所の街をクサす心算は無いですし、人それぞれに「大好きな故郷」が有って然るべき。たまたま大御所さまと私メは、ソレが同じ静岡市だったと云うだけ。講釈師に成っちまったのも、大御所さまの影響なのか?

毎度の様に電動レンタサイクルを借り、「モーター付きは楽だナ」と自転車コギコギ。「ココは変わらんネ‥ココは変わったネ」と見て回り、懐かしいモンを鱈腹食べて土産を買い込み、気分新たに東京へ向かう。故郷は有難いです。


JR静岡駅北口の真ン前に「竹千代(家康公のご幼名)像」が建ってますが、立地が今一悪いンで市民からの認知度が低く(駅前辺りは地下道を使うから)、もっと目立つ場所に移動させるか検討中だとか。そのニュースを聞くまで私メも知らなかった位で、家康公のイメージは晩年の「狸じじい」がフツーだしネ。尤も生まれた時から狸じしいだった訳じゃ無く、こんな可愛らしい時期が当然有った筈ですが‥、どうもピンと来ませんヨ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「静岡県静岡市葵区」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「ようこそ静岡へ」静岡観光コンベンション協会HP
http://www.shizuoka-cvb.or.jp/kankou/index.php
★「家康公を学ぶ」静岡観光コンベンション協会HP
http://www.shizuoka-cvb.or.jp/oogosho400/index.htm
★「駿府の〇〇は日本一」古城万華鏡�HP
http://www.yamagen-jouzou.com/murocho/aji/kojyou4/kojyou4_9.html
★「家康の隠居城<駿府城>」日本の城 訪問記ブログ
http://www.geocities.jp/qbpbd900/sunpujyo1.html
★「静岡駅前の家康像『目立たない』」人間老いやすく、学成り難しブログ
http://yamaachablog.blogspot.jp/2013/04/blog-post_20.html
★「焼きそば@静岡市葵区」みんカラさみっと@SHU号ブログ
http://minkara.carview.co.jp/userid/543272/blog/23860726/

(関連する記事)
★「071 どっちが素敵か?銀座と金座」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=56
★「984 【やきそば70】滅多に見せない臨済寺と『鳴門巻き焼きそば』‥静岡市」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1072
★「1205 【揚げモン45】人生最愛の『黒はんフライ』と『富士山』‥静岡市」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1284
★「1442 【スイーツ85】正しいお茶の入れ方と『茶っふる』‥静岡市」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1537
★「1443 【やきそば143】『スプラッシュ焼きそば』と商店街のヒーロー‥静岡市」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1538

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(家康公が静岡に帰られた最大の理由は「暖かで富士がキレイ」だったとか)

電動自転車で走ってましたら、一番町(確か六番町まで在った筈)の住吉公園の隣りに「山下」と云う駄菓子屋さんを発見。静岡市内の駄菓子屋は「おでん」と「焼きそば」を売ってる店が多いンで、「ココはどうかナ」と入ってみれば大勝利!ご覧の「温泉玉子のせ、マヨネーズ焼きそば」とでも称すべき、実に大盛りなのが出て参りましたヨ。少々平べったい歯応えの有る麺とたっぷりのお野菜。まるでお好み焼きの様に、仕上げにたっぷりのマヨネーズ。番町辺りの子供はこう云うのが好きなのかナ?コレで三百五十円くらいでしたから、駄菓子屋は実に有難いですゼ。因みに東京の番町は、当然の様に駿府城下の番町に倣ったモノですヨ




| 2013.08.28 Wednesday (08:00) | 我がふるさと静岡市 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.09.24 Tuesday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS