きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 158 【講談の舞台03】決闘!!鍵屋の辻‥伊賀市 | main | 160 奉祝!天体戦士サンレッド 全国放送化 >>
159 【保存食品04】松尾芭蕉の「旅はココから!!」


伊賀市に現存する芭蕉翁の生家。正保元年(1644)に誕生したらしい

「元祖お宅」として知られる作家・小林信彦センセの、もう四半世紀以上前の怪作に「ちはやふる奥の細道」と云うのが有るンですヨ。コレは「WCフラナガン」と云う架空のアメリカ人にセンセが成りきって書いた、素晴らしいコメディ。

「日本を完全に誤解して真面目に論ずる変な男」フラナガンとして、幾つかの作品が発表されたンですが、その最高傑作が「ちはやふる〜」ナンですナ。初めて読んだ時、全身震えが止まりませんでした。余りの馬鹿馬鹿しさに。

元々ドコかおかしな私メでございましたが、「馬鹿馬鹿しいコトを大真面目にやるのは素晴らしい」と云う、現在に至る私メの根本原則はコレで固められたと云っても過言では無い!!位ナンです。多分別の人生も有った筈ナンですが。

知ったかぶりが苦し紛れに説明する「千早振る」と云う落語が有りますが、その方式で「奥の細道」をフラナガンが読み解く、と云う画期的な発想でした。「侘び」と「寂び」の二つを、日本人の根本思想「ワサビ」とまとめる本です。


芭蕉翁の生家の庭の方に立っている石碑。伊賀出身=忍者説らしい

諸国を探る為に俳諧師に身を隠し、「奥の細道」の旅を続けるニンジャ松尾芭蕉翁を追い掛けるのは、助さん角さんを連れた水戸光圀公。ココから既にマトモな設定じゃ無いですが、フラナガンは一切無視してお話しを続けます。

ショーグンブームが米国で起きまして、連中のイイ加減な日本文化理解を日本人多数が不思議がって居たと云う時代背景有ってのコトですが、こんな馬鹿げた話も連中なら書くかも知れんと、センセ確信犯的にやったンですナ。

その「ちはやふる〜」のラストシーンは、伊賀上野の兄の家。つまり現在も残って居る生家でございまして、忍術で死んだ振りして世間から姿をくらました芭蕉翁が、実家の池に飛び込んで自害を図るとフラナガンは書きます。

古池や 芭蕉飛び込む 水の音」。果たしてホントに庭に池が有るのかは判りませんでしたが、少なくともフラナガン(=小林信彦センセ)がお唱えの実家自害説は、講釈師すら唱えぬ「嘘」ですンで間違い無き様に願います。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「神奈川県川崎市の地アニメ」を考えます★

(参考リンク)
★「芭蕉生誕360年」芭蕉と伊賀HP
http://www.ict.ne.jp/~basho/
★「伊賀の観光・芭蕉生家」伊賀市役所HP
http://www.city.iga.lg.jp/ctg/22052/22052.html
★「現在更新中断中」小林信彦ファンのページHP
http://www.geocities.jp/yamamuh/

(久し振りに読み返してみましたが、未だに馬鹿馬鹿しくてやっぱりステキ)
            
伊賀上野の御土産と云えば、牛に焼き物・丁稚羊羹・伊賀越漬かな?




| 2010.04.14 Wednesday (14:58) | 三重ってナニ地方? | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (14:58) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS