きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1495 【やきそば153】ドッチが出て来る?伊那の「ローメン」 | main | 1497 フラワータイムなぞの金曜日 741回/742回放送 >>
1496 【保存食品36】「かんてんぱぱ」と「粉豆腐」・・伊那市


北海道じゃ有りません、ココは信州の伊那谷。東は「南アルプス」西は「中央アルプス」と壮大な山脈に挟まれて狭く感じますが、場所さえ選べば御覧の様な広大な風景に。「かんてんぱぱ」サンは、こんなトコに在りますヨ

信州の南部「伊那谷」の旅は、今日まで続きます。天竜川沿いに南北に長く延びてる谷で、その北部の中心・伊那市を訪ねてますが、ココにゃ全国シェア八割と云う「ガリバー企業」が在ります。如何にも信州らしい企業です。

「信濃の国は十州に境連なる国にして」と始まるのが、長野県民なら誰でも歌える県歌「信濃の国」ですが、この歌はまるで観光パンフレットみたいに信州の自慢や名所・偉人を六番まで使い、次々と並びたてて居りますヨ。

その態度は実に見事で、ココまで自画自賛されたら素直にシャッポ脱ぎますが、残念に思うのは「信州の食べ物」に一切触れられてない点。明治三十二年(1899)に作られてますンで、グルメ志向が無かったンでしょうナ。

ご存じ通りに「海なし県」ですが、ソレを補って余りある「山の幸」に恵まれてる。また他県より運んで来た「海の幸」は涙ぐましく、塩イカなんて他所じゃ見ませんゼ。ソレに「干したイカの皮」なんて売ってるのは、信州だけの筈。


中央アルプスの麓の赤松林の中に、「かんてんぱぱガーデン」なる工場兼リゾートみたいなトコが在りますヨ。園内に建てられた社是の碑には「いい会社をつくりましょう」と、実に率直でストロングなお言葉が書かれてます

私ぁ信州のスーパーで「干したイカの皮」だけが売られてるのを見て、もぅ吃驚するやら呆れるやら感心するやら。恐らくは出汁を取る為に使うンでしょうが、海なし県だからこその執着・・と云うか知恵ナンでしょうネ。実に凄い。

処が海の幸なのに、海沿いじゃ作れないモンが信州には有る。ソレこそ冬の寒さを生かした「寒天」で、静岡・伊豆半島で採れた天草は信州に運ばれ茹でられ、その煮凝りは寒空の野外に干されて乾き、寒天が出来上がる。

その主な産地は諏訪盆地・・と思ってましたが、寒天業界のトップ企業は少し南の伊那市の伊那食品工業こと「かんてんぱぱ」ナンだとか。冒頭のご案内通りに、全国シェア八割!と云うからトンでも無いガリバー企業ですゼ。

赤松林の素敵な工場で、直売所も兼ねてますンで、伊那へ行く度に寄ってる私メです。今回はゆっくり過ごしましたが、下手なリゾートより遥かに素敵な雰囲気のトコなのヨ。こりゃトップ企業ならではの余裕ナンでしょうか?


ゼリーやらババロアやらが試食出来るだけじゃ無く、何らかの形で寒天を使った「料理の素」を直売所で売ってますヨ。毎度のコト乍ら色々買って参りましたが、ゼラチンと違って寒天は体に良いンで、コレから楽しみです

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「長野県北佐久郡軽井沢町」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「信州伊那谷観光情報」上伊那観光連盟HP
http://www.valley.ne.jp/~kamiina/inadani/
★「長寿を支える信州の食」名桜大学HP
http://www.meio-u.ac.jp/10ob/koho_Meio/Meio_Vol.28/0601.html
★「信濃の国(長野県歌、歌詞とメロディー)」更科の風景HP
http://mignon.ddo.jp/assembly/mignon/Shinanonokuni.html
★「寒天のトップメーカー・かんてんぱぱ」伊那食品工業HP
http://www.kantenpp.co.jp/index.html
★「緑豊かな憩いの空間『かんてんぱぱガーデン』」Do Chubu HP
http://chisanchisho.dochubu.com/2012/07/31/papagarden/
★「番外編!かんてんぱぱのクリームブリュレ」ねこねこブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/camellia227/17980821.html
★「つるはぶたえ こうや豆腐本舗」登喜和冷凍食品HP
http://www.tsuruhabutae.co.jp/

(関連する記事)
★「135 【煎餅お餅01】信州諏訪の氷柱」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=164
★「598 【お米料理37】信州独自の豆腐料理を三皿」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=613
★「748 【やきそば40】伊那市の名物『ローメン』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=774
★「1495 【やきそば153】ドッチが出て来るの?伊那の『ローメン』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1556

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(伊那市の重要観光資源と化してまして、遠くの観光バスが沢山来てます
)

冬の夜の冷え込みの厳しい信州には、気候を生かした食材が幾つも有りますが、その一つが「高野豆腐」。しかも信州にゃフツーじゃ無いモンまで有りまして、ソレこそ「粉豆腐」!高野豆腐を作る際に出た端切れや、出来損ないを粉末にした伝統食材で、モノを容易に捨てないのが信州ネ。使い方は「おから」に近く、同じ様に炒り煮にしたりしますが、食感は明らかに別物。かんてんぱぱと同じ伊那市が本社の「つるはぶたえ」サンのを買って参りましたが、「やわらか」と「しっかり」の二つの種類が有り、コレから色々と楽しめソウです。こと乾燥食品は、信州が日本最強みたいだゼ




| 2013.09.20 Friday (08:00) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS