きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1478 【呑みモン43】「ルートビア」と「オスプレイ」・・那覇 | main | 1480 【呑みモン44】青い海と「琉球コーラ」と「ポーポーもち」 >>
1479 【お肉料理40】真夜中の市場と「沖縄の煮付け」と‥那覇


シーサーが方々に居る那覇市内でも最大級なのは、焼き物(やちむん)で有名な壺屋通りの入り口に立つ「壺屋うふシーサー」。蒸し暑い那覇を少しでも涼しくさせようと、十分おき位に口や台座からミストを吐いてますヨ

沖縄・那覇市内をブラつく私メです。那覇で一番賑やかなのは、昨日ご案内の「パレットくもじ」の前から延びる国際通りですが、ソコが賑やかに成るのは日が暮れてから。夏の昼間は、観光客を含めて人影が少ないですねぇ。

そりゃソウでしょ、何しろ陽射しがキツ過ぎる。私メら内地の者は勿論、ソレに馴れてる筈の沖縄人ですら歩きたがらない様で、宵っ張りが実に多い。以前もご案内しましたが、子供から老人に至るまで夜遊び大好き沖縄県。

「昼は暑いンで夜の方が楽」なのは判るけど、ソレが為に子供達の生活リズムが大いに乱れ、睡眠不足から学業に身が入らず、結果として「全国学力テスト」で六年連続最下位に成っちまう訳だ。気性の問題も有りますが。

宵っ張りだけで済めば良いンですが、夜行性とでも呼んだ方が良さそうなトコも在る。ソレは国際通りに面した観光地「牧志公設市場」から、少し裏へ入った場所の「農連中央市場」。真夜中が一番賑やかな時間らしいのヨ。


入口にシーサーが居なければ、東南アジアの村市場と云われても納得してしまう「農連中央市場」。観光客向けじゃ全く有りませんので、内部の撮影は控えましたが、朝早く行った心算だったのに殆どが店終いしてました

同じ那覇の市場でも、高名な「牧志公設市場」や界隈は観光客向けで、常識通りに朝始まって夜には閉まっちまいますヨ。処がその後背に在って、観光客を全く相手にして無い「農連市場」は、午前零時頃から店が開くのヨ。

続々と店が開き、最も賑わうのは真夜中三時ごろ。そして夜明けと共に店はドンドン閉まり、午前中開いてるトコは殆ど無いと云う、実に驚異的な市場。市場と云っても業者向けじゃ無いし、店と云ってもフリマも同然の拵え。

昭和二十八年(1953)に開設されて以来、殆ど変わって無いとか。軍政を敷くアメリカの無理解と規制を掻い潜り、排水路も同然の「ガーブ川」の上に無理矢理建てたバラックで、危険過ぎると云うので近く解体されます。

観光ガイドブックに載って無い、でも沖縄を代表する庶民的な風景ナンですが、コレも時代の流れなのか?再開発されてキレイなビルに建て替わっても、真夜中の喧騒は残るンでしょうか。また一つ、戦後が消えて行きます。



農連市場で買った訳じゃ無いですが(私メが行った時は殆ど終わってましたンで)、不思議お野菜の多い沖縄県。これも他県じゃ栽培されて無い、ペルー原産の「アチョチャ(カイグア)」。インカ時代に大きく栽培され、その後絶えていたのが種が発掘されて復活した、ピーマンみたいなお野菜。アメリカじゃ「コレストロールを下げる」と人気の様ですが、食べ方が判らないンで、お肉と一緒に炒めて食べてみました。ピーマンみたいな食感です

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「沖縄県那覇市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「おきなわ物語/やちむん散歩」沖縄観光コンベンションビューローHP
http://www.okinawastory.jp/special/tokusyu_0901/0600006851.html
★「那覇のシンボル 大シーサー誕生!」那覇市役所HP
http://www.city.naha.okinawa.jp/general/PR/navi/report/h24/130209tsuboyashisa.html
★「那覇まちま〜い 取材記」オキナヴィータHP
http://www.okinavita.jp/?module=CMS&folder_id=16
★「【復帰40周年特集】農連市場の風景」DEE okinawa HP
http://www.dee-okinawa.com/topics/2012/05/nouren.html
★「沖縄・那覇の農連市場と花城食堂」全国ノスタルジー探訪ブログ
http://tokyoburabura.blog107.fc2.com/blog-entry-386.html
★「那覇今昔〜ガーブ川七不思議(2)」だいすけの琉球国放浪記ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/daisuke7711/diary/201112040000/
★「アチョチャ」ヤポネシア南島通信ブログ
http://yaponesia.ti-da.net/e3921768.html
★「那覇・若狭の『高良食堂』で煮付け」恰幅の良い彼の旅先B級グルメHP
http://taputapu.info/japan/2010/12/okinawa/okinawa-shokudo/382/

(関連する記事)
★「1366 【お肉料理37】夜の国際通りと『沖縄のおかず』‥那覇」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1463
★「1376 【やきそば137】那覇の市場と『沖縄焼きそば』と」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1490
★「1431 【名物パン135】沖縄のメロンパンは黒くて重くて大きい」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1482

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(農連市場の真夜中の賑わいは大変らしいンですが‥見られませんでした)

那覇に居るからにゃ、当然の様に高良食堂サンへ。今まで食べてない珍しいメニューは?てな訳で、今回は「煮つけ」を。根菜と豚肉・ゆで卵と沖縄蒲鉾等を甘辛くアッサリ煮た料理で、コレが沖縄の「おでん」みたいなモンでしょうナ。当然の様にジューシーご飯ほかの定食で戴きましたが、中国文化の影響が強い分だけ、ホント沖縄は豚肉の使い方が上手いです




| 2013.09.04 Wednesday (08:00) | めんそーれ沖縄さぁ | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.11.17 Sunday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS