きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1490 【スイーツ89】「調布」は地名じゃ無く、岡山の銘菓・・西大寺 | main | 1492 【麺類色々105】ジーンズの街・児島で「クルードスパゲティ式めん」 >>
1491 【お魚料理77】「焼きままかりの酢漬け」とバブルに踊った街・・児島


瀬戸内に面する児島港のシンボルは、文久三年(1863)に建てられた「旧野崎浜灯明台」。広大な塩田だった児島の目印として、塩買いの船を招いてたとか。高さ約十mの純日本式木造灯台で、今でも港を見守ってます

岡山県中南部のブラブラ旅は続きます。今日参りましたのは倉敷市児島地区。瀬戸内に面した繊維業の盛んな街で、日本のジーンズ発祥の地でも有るンだとか。学生服や各種ユニホームは児島製が多く、私メも着てたかも。

昔は「児島市」と云う独立した自治体で、今でもココにゃ七万五千人ほど住んでるソウですから、下手な市よりも遥かに大きな街。私ぁ何度も来てまして、このブログ旅日記でも幾度かご紹介してますナ。バブルで踊った街だ。

今から四半世紀ほど前、日本中がバブル景気に浮かれ、無闇矢鱈と調子が良かった事が有る。私ぁちょうど高校生から大学生の頃だったンで、多少以上にお零れに預かりましたナ。東京で学生してたンで、正直楽しかった。

大都市圏は皆が俄か成金と化し、「無駄遣いこそ美徳」みたいな異常な雰囲気でしたが、地方都市もその恩恵に預かろうと、盛んにリゾート建設に勤しみましたヨ。採算は一切後廻しで、まずはドンドン建てよう!てな感じだ。


瀬戸大橋ブームで儲かると思ったンでしょうナ。児島を走ってたローカル私鉄も立派な駅を建てましたが、目論見は外れて採算が採れず、廃線せざろう得ない羽目に・・。駅舎跡は、遊歩道の拠点として開放されてました

折良くと云うか、折悪くと云うか、長年建設が続けられてた青函トンネルと瀬戸大橋が、相次いで開通したのもバブル時代。海底トンネルと違い、海を渡る橋は判り易いンで瀬戸大橋は一大ブームに!全国から観光客が。

児島は瀬戸大橋の本州側の付け根で、押し寄せる観光客が永遠に続くと考えたのか?狂った額の投資がされ、ソレまで陸の孤島だった街が大都市と突然直結され、皆がバブルに踊った踊り狂った・・。でもバブルは崩壊。

JR児島駅は広大な塩田跡にポツーンと建ってますし、瀬戸大橋を宛て込んで建てられた博物館等の立派な箱モノが、幾つも残ってます(何とか転用してる様ですが・・)。キレイに整備された商店街は閑古鳥すら居ない。

明日ご案内の児島の古い町並みへ向かう為、瀬戸大橋と同時に開発された駅周辺のバブルの残骸みたいな地区を通り抜け、ココは一体ドレだけの「絵に描いた餅」を夢見ていたのか・・と、他人事乍ら震えてた私メでした。


作業服業界のトップ企業「寅壱」の本社は、ナント児島に在ったりします。「作業着のアルマーニ」と云う異名が有るらしいですが、幸か不幸かニッカボッカ等の作業着には縁の無い人生の私メで、ソレでも寅壱さんの名前だけは知ってますンで、こりゃ余程の会社ナンでしょうナ。同じ児島でもバブルで踊らずに、足元をじっくり見て成長して来た会社は実に健全ですヨ

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「岡山県倉敷市児島」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「観光スポット訪問と産業見学」児島観光ガイド協会HP
http://www.kce-center.org/kanrinin/%8E%99%93%87%8A%CF%8C%F5%83K%83C%83h%8B%A6%89%EF.html
★「旧野崎浜灯明台」倉敷市教育委員会HP
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=5414
★「廃線跡の旅37・下津井電鉄」鉄の草枕HP
http://homepage2.nifty.com/RW-kusamakura/haisen37.htm
★「児島市民交流センター」Agharta Urban Designブログ
http://audesign.exblog.jp/19084312/
★「いざ行かん、色彩を奪われた虹の楽園へ」ソアラと歩む日々ブログ
http://minkara.carview.co.jp/userid/465587/blog/30616160/
★「その一着が、プロ意識を高める。」寅壱HP
http://www.toraichi.com/
★「岡山名物!ままかりの酢漬け」ゆうかの日記ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/sunamiyu2/20048579.html

(関連する記事)
★「864 【やきそば53】国産み神話と『児島たこしお焼きそば』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=953
★「865 【お魚料理46】瀬戸大橋と『火星人の干物』・・下津井」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=954
★「1291 【野菜果物46】瀬戸大橋と香川の郷土食『しょうゆ豆』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1353

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(瀬戸大橋の開通から今年は満二十五年、あの頃の大騒ぎは夢の様です)

閑古鳥すら逃げ出しそうな位に寂しい、JR児島駅近くの商店街で見付けたのが「ままかりの酢漬け」。ままかり(サッパ)自体は東京湾をはじめ全国に居る魚ですが、他所では小骨が多いと敬遠され、珍重されるのは岡山県ぐらい?頭や内臓ごと軽く焼いたままかりを甘酢に漬けたモノで、確かに他所じゃ見ませんナ。焼かずに酢漬けにしたのは食べた事が有りましたが、焼いたのは初めてだ。食べてみましたが‥小骨が多くて大変でした




| 2013.09.15 Sunday (08:00) | もんげぇ〜岡山南部 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.09.24 Tuesday (08:00) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS