きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1510 【名物パン146】「ビスロール」で町興しは無理だろうか?‥桐生 | main | 1512 【名物パン147】世界遺産・日光の社寺と「ジャーマン」 >>
1511 【やきそば156】足尾銅山と日光の「白焼きそば」


日本一の産出量を誇った反面、鉱毒の垂れ流しで大惨事を引き起こした足尾銅山も、今は実に静かなモン。でも川の色は綺麗なエメラルドグリーンで、これは流出した銅が川底に沈殿し、緑青に成ってるからとか

昨日ご案内の群馬・桐生市に続いて参りましたのは、栃木の足尾町。いやいや数年前に吸収され、現在は日光市の一部ですナ。渡良瀬川の渓谷沿いに延びる国道122号線をカッ飛ばせば、四十kmほど・約一時間の距離ですヨ。

そんな足尾は明治中期に日本一の銅山として栄え、そして鉱毒を下流に垂れ流して騒ぎを巻き起こしたトコでございますナ。何度か来てますが、いつも通り抜けるだけ。私ぁ廃墟趣味が無いンで、鉱山町はナンだか怖く感じます。

ですが如何なる気の迷いか?今回は足尾の街へ入り込み、(通れる限りの)最奥部まで行っちまいましたヨ。ココは江戸時代から銅山として栄え、明治に成って「古河(ふるかわ)市兵衛」サンが大規模な再開発と採掘をさせたトコ。

市兵衛サンは足尾銅山の儲けを元に事業を拡大し、戦前の十五大財閥の一つ「古河コンツェルン」を作り上げますヨ。現在の古河機械や古河電工はもちろん、富士電機や富士通、横浜ゴム・ファナック辺りが古河系だったりする。


122号線を走り抜け、足尾町内を更に奥へ進めば‥やがて見える巨大煙突!コレぞ大正八年(1919)に建てられた、足尾銅山・本山精錬所の高さが四十五mも有る除塵済み排煙用煙突。もはや遺跡と化してます

ですが環境対策なんぞ、コレっぽっちも考えない明治のコト。銅の精錬時に大気に排出した有毒ガスや、排水に含まれる鉱毒を浄化せずに渡良瀬川に垂れ流したンで、銅山の周りは禿山と化し、流域はカドミウムで汚染された。

日本初の公害事件と成りまして、田中正造サンによる明治大帝への直訴騒ぎに繋がったのを、皆さま方も教科書で教わった筈ですが、ソレから百年以上も経ったのに、未だに基準値を超える鉛分が時折検出されたりするとか。

流石に下流の桐生市等じゃ、当時の悲惨さを感じられませんが、事件の大元たる足尾の町。その奥へと入れば山々の木々は酷く薄い。コレでも信じられない位に回復してるソウですが、当時は一体ドレだけ禿山に成ってたのか!

鉱毒の除去施設を作ったり、大規模な植林をしたり、懸命な環境回復対策が行われてますが、一旦壊しちまった自然は簡単に修復出来ないモンですナ。状況は随分違いますが、福一原発も足尾同様に長い時間が掛かる筈です。


旧足尾町内は昭和四十八年(1973)の閉山以来静かなモンですが、旧日光市内で古河電工サンが盛業中。足尾とは「国道122号線日足トンネル」を挟んでお向かいの、日光市清滝の大きな工場は「足尾の銅を電気製錬」する為のモノだったらしく、構内にゃ当時の古い洋館が多く残ってるとか。ココに銅を運び込む為に、日足トンネルの真上に日本初のロープウェイ(運搬用索道)が設置されてたソウで、大掛かりだった様です

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「栃木県日光市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「足尾散策ガイド」日光観光協会HP
http://www.nikko-jp.org/ashio/
★「足尾銅山の産業遺産が眠る足尾の風景」足尾の風景HP
http://www.shorebook.jp/ashi/
★「旧足尾町歴史年表」日光市役所HP
http://www.city.nikko.lg.jp/profile/rekishi/ashio.html
★「足尾銅山」Dialogue with Ruins HP
http://www.geocities.jp/kashii_gannyuu/index.asio.htm
★「国道紀行・国道122号」japan.road.jp HP
http://japan.road.jp/History/Tochigi-R122.htm
★「古河電工日光事業所の見学」心はいつも散歩人ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/bon_abcd/35504108.html
★「日光清滝の白焼きそば」学術的食文化探求の旅ブログ
http://onbuserow2010.blogspot.jp/2012/09/blog-post_1339.html
★「れんがya」焼きそば名店探訪録ブログ
http://yakitan.info/archives/rengaya

(関連する記事)
★「522 【お魚料理27】古河は関東のド・マンナカ」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=554
★「1224 【お鍋料理17】『にいのいもだき』と超弩級の交通規制‥新居浜」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1313
★「1510 【名物パン146】『ビスロール』で町興しは無理だろうか?‥桐生」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1561

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(足尾の山々は緑が多い様に見えますケド、半分近くが禿山のままだとか
)

旧足尾町内でナニか食べようと思ったンですが、お店が殆ど開いてないヨ‥。最盛時は人口約四万を数え、栃木県で二番目に多かったソウですが、廃山以来ドンドン減って今や三千人ほど。ソレじゃ確かに‥ネ。仕方無いンで「日足トンネル」を潜り、旧日光市の古河電工の工場のソバまで行けば、「焼きそば」と云う看板が!コレぞ日光地域の隠れた名物「白焼きそば」の有名店で、全国焼きそば探しの盟友・SaltyDog氏が以前取り上げてたトコでした。「焼きそばと飲物しかメニューが無い」と云う‥実に割り切ったレストランで、持ち帰りを頼んだ地元の方が次々と。薄く味が付いてますが、お好みでソースや胡椒を掛けると云うスタイル。足尾銅山が盛んな頃から食べられてた、地域の味は健在ですヨ




| 2013.10.03 Thursday (00:15) | そりゃ栃木がいいべ | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.09.24 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS