きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1501 【粉なモン25】雨の法善寺横丁と「キャベツ焼き」‥大阪ミナミ | main | 1503 【粉なモン26】高砂の松と「にくてん」‥高砂市 >>
1502 【名物パン144】尾上の松と「バッファロー」‥加古川


仏教伝来直後(589年)に創建されたらしい加古川「刀田山鶴林寺」は、聖徳太子サマ御建立七大寺の一宇だとか。当初は「四天王寺」と名乗ってたソウで、エラク古い歴史を持つ事は確か!御本堂と太子堂は国宝です

フト思うトコが有りまして、大阪・梅田駅から阪神電車に揺られ、兵庫県南西部「播磨地方」へ参った私メでございます。東京の京浜急行ほどじゃ無いですが、阪神電車のジェットコースターぶりも中々に凄いネ。あぁ緊張した。

さて問題の「フト思うトコ」ですが、ソレは「高砂の松(相生の松)を見たい」と云うモノ。結婚式の定番、謡いの「高砂や この浦船に 帆を上げて」ですナ。私ぁ修行時分、約八百組の婚礼司会をしましたンで、耳慣れてます。

また本業の講談でも、慣用的表現として「高砂の松」なる言葉が出て来ますネ。「講釈師、見て来た様な嘘を付き」じゃ無く、私ぁ「見て来た上で‥」をモットーにしてるンで、以前から見たかったのヨ。で、播磨へ来た訳です。

処が調べると、二ヶ所も在るらしい。加古川市・尾上神社「相生の松」と、高砂市・高砂神社「相生の松」。播磨の大河・加古川を挟んで東西に向い建つらしく、ハテ‥どっちへ行ったら良いの?面倒だ!両方に行っちまえ。


コチラが尾上神社の「相生の松(尾上の松)」。現在は五代目の松ですが、コレぞ「謡曲高砂に謡われる『相生の松』」と記されてますネ。神功皇后サマの朝鮮半島征伐の際の御鎮座だソウですから、ココもエラク古いです

まずは大阪寄りの加古川市「尾上(おのえ)神社」へ。歌舞伎にも全く同じ字同じ読みの「尾上」一門が在りますが(音羽屋サンですヨ)、多少は関係が有るのかナ?でも梨園の尾上家は、神田明神との所縁が深い筈ですが。

阪神電車が乗り入れてる山陽電鉄にはズバリ「尾上の松」駅が在り、ソコを降りればすぐ近く。駅名に成る位だから、昔は結構有名なトコだったンでしょうネ。埋め立てが進んだ為に遠く成りましたが、元々は海沿いだった様。

同じ根から「黒松(男松)」「赤松(女松)」が仲良く育つ様に見えるのが「相生の松」で、古来から夫婦和合や長寿の象徴とされてます。滅多矢鱈に有るモンじゃ無く、鶴林寺近くの海岸の松林で見付かり騒ぎに成ったンでしょう。

謡曲高砂は世阿弥サンの作で、約六百年前に成立した筈。当時の尾上の松は初代で、太さ「五尋(約九m)」の幹が有名だった様ですから、俄然コッチ説の肩を持ちたく成ります。でも、高砂市の方も確かめてみませんと。


支流まで含めた「水系」としては、兵庫県最大なのが「加古川」。その河口部を撮ってみましたが、結構大きな干潟が残って居るらしく、関西では貴重なモノだとか。コレを保全する国の方針が定まった様で、一安心ですナ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「兵庫県高砂市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「自然と歴史が調和する街『加古川』」加古川観光協会HP
http://kako-navi.jp/
★「いにしえの 鶴の林に散る花の 匂いを寄せる 高砂の風」刀田山鶴林寺HP
tp://www.kakurinji.or.jp/
★「高砂うたいの名所」尾上神社HP
http://www.eonet.ne.jp/~onoejinja/
★「尾上の松」尾上神社HP
http://www.eonet.ne.jp/~onoejinja/onoematu.html
★「謡蹟めぐり 高砂 たかさご」謡蹟めぐり 謡曲初心者の方のためのガイドHP
http://www.harusan1925.net/0318.html
★「探鳥地案内 加古川河口」日本野鳥の会ひょうごHP
http://homepage1.nifty.com/wbsj-hyogo/kakogawa.htm
★「ニシカワパン」ニシカワ食品HP
https://www.nishikawa-foods.co.jp/
★「播磨ものづくり見聞記 ニシカワ食品」ぽのぽの通信ブログ
http://ponoponotushin.blog55.fc2.com/blog-entry-158.html

(関連する記事)
★「089 【名物パン07】これはパンか?それとも桶か?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=126
★「349 【お米料理18】かつめしを喰いに加古川まで」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=335
★「350 【名物パン27】元祖にしかわフラワー」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=336
★「858 【名物パン64】『やなな』の奮闘と、岐阜の『おけパン』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=918

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(尾上神社は予想より小さかったですが、立派な能舞台がございましたヨ)

加古川と云えばニシカワパン。「桶パン」や「フラワー」等の不思議なモンが沢山在るトコですが、今回は「バッファロー」を。半分にしたフランスパンの中に、グラニュー糖たっぷりのバターを塗りたくった菓子パンで、外見が水牛の角に似てるトコから名付けられたとか。ジャリジャリした食感が面白く、毎日二千個以上も作られてるとか。関西一円やその周囲に販路を延ばしてますンで、そちら方面の方は手にされる機会も多いと思いますが、東京にも進出して呉れンかナ。ニシカワの社長さん、お願いしますヨ




| 2013.09.25 Wednesday (00:15) | ミステリアス兵庫! | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.22 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS