きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1515 【保存食品38】「たらの子缶詰」と夜の金沢ブラブラ歩き | main | 1517 【名物パン148】金沢名物「頭脳パン」と洋館の昼と夜 >>
1516 【お米料理105】「金沢カレー」と金沢城の昼と夜


金沢城本丸南面の高石垣の昼の姿でございます。このお城は台地の突端に築かれたンで、下から見ると小高い山の様。高さ二十数mの石垣が二段に積まれ、昔は長い櫓が連なってたとか。城内も公開されてます

「北陸第二の都市」金沢に参って居りますヨ。ココは長らくの間、同じ北陸の新潟市と互いに「ウチの方がスゴイ」と競ってた感が有りましたが、向うが政令指定都市に成って差を付きましたナ。でも立派さ加減じゃコッチの勝ち。

こう云うと新潟の方に怒られるでしょうが、やっぱ歴史が違う!単なる外港だった新潟と、加賀百万石の城下町・金沢とじゃ、歴史の積み重ねが違い過ぎますゼ。よって「金沢の勝ち!」と、今回は金沢の肩を持って置きましょうか。

尤も不定見な寄席芸人ですンで、新潟を訪ねれば俄然「新潟の肩を持つ」のは言うまでも無い。もちろん関東に帰ったら、「横浜の金沢区の方が古くて由緒正しくて‥」と騒ぎ出すのは当り前。でも今は金沢市に来てますンでネ。

昨日のご案内通りに、雨上がりの金沢中心街へお散歩に出掛け、夜風が余りに心地良かったンで、思わず八kmほど歩き廻ってしまった私メ。その途中で目に入って参りましたのは、ライトアップされた金沢城の高い石垣ですヨ。


上と同じ高石垣を、夜に撮影するとこんな感じ‥。流石にこの時間は城内に入れませんが、外から眺めてるだけで満足出来ますナ。そしてライトアップされてる建物が周囲に幾つも在りまして、明日ご紹介しますネ

言うまでも無く金沢城は、大名としては日本最大の禄高・百二万五千石を誇った加賀藩の本城。織田家の猛将・佐久間盛政公が築き、太閤殿下豊臣秀吉公の盟友だった、前田又左衛門利家公によって拡張された天下の名城。

室町後期に「尾山御坊」と云う一向宗のお寺が在ったトコで、ソコから「尾山城」と云う別名が。尤もタダのお寺じゃ無く、一向宗が加賀国(石川県の南半分)から守護大名を追放して占領し、いわば宗教国家を築いてた頃の中心。

中世の日本は宗教勢力が強く、加賀みたいに宗教が国を支配してたトコも在ったンですヨ。ソレじゃ都合が悪いンで、織田家は大軍を送って攻め滅ぼし、武力による支配の拠点として立派な城に作り替えたと云う訳だ。ホント巨大。

凄まじい量の血が流れた現場ナンでしょうが、今は至って平和そのモノで、私メの様に夜の散歩を楽しむ影もチラホラと。こんな立派な城跡は横浜の金沢区にも、もちろん新潟市にも無いナと、今回は金沢市の肩を持った私メです。


金沢城の真西(近江町市場のすぐ傍)に鎮座されるのが「尾山神社」。加賀藩祖・前田利家公を祀るお社で、創建は明治六年(1873)と新しいですが、なかなか堂々たるトコです。ココも元は金沢城の出丸跡だったとか

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「石川県金沢市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「かなざわへ出かけよう。金沢旅物語」金沢市観光協会HP
http://www.kanazawa-kankoukyoukai.gr.jp/
★「金沢城公園」石川県庁HP
http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kanazawajou/
★「いま、金沢城が蘇る!!」再現 金沢城HP
http://shofu.pref.ishikawa.jp/inpaku/castle/flash.htm
★「加賀之国金沢鎮座」尾山神社HP
http://www.oyama-jinja.or.jp/
★「新潟が金沢に完敗する日」N’city visionブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/for44blog/46171786.html
★「一度食べたらクセに成る味」カレーのチャンピオンHP
http://www.chancurry.com/

(関連する記事)
★「677 金沢の古い茶屋街で『べろべろ』を」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=709
★「678 【お米料理42】金沢城と『ハントンライス』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=710
★「679 【お魚料理37】金沢夏の伝統食『どじょうの蒲焼き』で一杯!」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=711
★「686 【お米料理44】杉田梅林と『スタミナカレー』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=695
★「1358 【お米料理90】行こうか戻ろか、思案橋と『夕月カレー』‥長崎」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1434
★「1425 【お米料理95】沖縄名物『黄色いカレー』と青い海‥名護」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1476
★「1510 【保存食品38】『たらの子缶詰』と夜の金沢ブラブラ歩き」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1588

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(季節によってはお城の中がライトアップされ、公開される時も有るソウです)

歩き回って草臥れると、「無性に米が喰いてぇ」てな時がござンすネ。ソコで名物「金沢カレー」を、近江町のチャンピオンカレーさんで頂戴しましたヨ。金沢のカレーはルーツがややこしい様で、インディアンだのターバンだのチャンピオンだのと派閥が分れてる様ですが、余所者からすりゃ「みんな金沢のカレーだろ」。「ステンレスのお皿」「先割れスプーン」「ドロッとしたルー」「千切りキャベツがお皿の中」「ソースを掛けた豚カツ」てな共通点が有るらしく、量が多いのも特徴だとか。東京にも亜流の店が進出してますが、チャンピオンさんも四谷の上智大学の裏に在りますネ。でも金沢で食べた方が美味い様な気が・・腹が減ってたからかナ?




| 2013.10.07 Monday (00:15) | 石川県へ行きまっし | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS