きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1535 【名物パン150】早逝させられた英俊と「サーティーン」‥福井市 | main | 1537 【お魚料理78】根強い反感と「とやま昆布〆」‥富山市 >>
1536 【調味料類17】偉大なる二代目と「コロッケソース」‥高岡


前田利長公の菩提寺は、国宝と重文だらけの「高岡山瑞龍寺」。高岡で御隠居なさった利長公の為に、金沢から移って来た曹洞宗のお寺サンで、実に堂々たる構造の伽藍を持ちます。富山県唯一の国宝ですヨ

本日は「偉大な二代目」のお噂でございます。宮城・白石市に先日参りました記事で、「三代続く名君は滅多に無い」と私ぁ書きましたが、三代どころか二代続くのすら珍しいのが現実。コレは今も昔も大して変りはございませんネ。

お父っつぁんが懸命に苦労して立派な会社を作り上げたのに、苦労知らずのボンクラ息子が跡を継いだが為に、業界やお客さんから見放されて潰れてくトコは枚挙に暇が無いですネ。後継者の育て方を間違えるとソウ成りますヨ。

ドウしても身贔屓が有るンで、多少ボンクラでも血族に継がせたくなる創業社長の気持ちは良く判りますが、中小なら兎も角、大手でソレをやられると国中が迷惑するンで止して貰いたいですゼ。最近も「三洋電機」と云う悪例が‥。

会社が潰れる程度なら、社員や株主・取引先が迷惑するだけですが、コレが昔の大名家だったりすると領民全てが迷惑しますし、大々名だったりすると浪人が街に溢れて治安が悪化し、酷い時は合戦に成って沢山の血が流れる。


高岡城の址たる「高岡古城公園」の中に、この街を開いた利長公の銅像が在りますゼ。富山城で隠居生活を送って居た利長公は、大火の為に富山から逃れ、慶長十四年(1609)に高岡城と城下町を作られますヨ

江戸時代、日本最大の領地を持ってたのは「加賀藩・前田家」。現在の石川県全てと富山県の西半分を治め、百二万石と群を抜いて大きなお大名。初代は豊臣秀吉公の古くからの盟友で、天下統一に功績大だった前田利家公。

江戸幕府の初代・徳川家康公と互角だった‥と云うからスゴイ方ですが、その分ご苦労なさったのが二代目の利長公。百万石のお家をナンとか維持してかにゃ成らぬ。何しろお父っちぁんが遣り過ぎた分、幕府にゃ睨まれてます。

豊臣時代、百万石のお大名は結構居られます。処が徳川家に敵対したり難癖を付けられたりで、減封されたり潰され行く。ソコでお父っつぁんとは違う意味で偉大だった利長公は、ホント涙ぐましい努力をして難局を乗り切ります。

長年の付き合いの豊臣方で無く、苦悩の末に徳川方として関が原を戦い、合戦後は自分が藩主では徳川家に疑われると隠居し、跡を継いだ弟の配下として富山城へ移り、最後は高岡城で亡くなられる‥。苦労されたお方です。


瑞龍寺と八丁道を挟んで相対するのが、ご覧の利長公のご墓所。周囲にお堀が有ると云う、実に珍しい形式のトコでして、イザと云う時は高岡城の外廓として戦える様に成ってたとか。利長公は五十三歳で亡くなられてますが、前田家を守る為に服毒自殺されたと云う説も有るソウです

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「富山県富山市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「たかおか道しるべ」高岡市観光協会HP
http://www.takaoka.or.jp/
★「加賀百万石を守った男〜前田利長・毒殺疑惑」今日は何の日?徒然日記ブログ
http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2009/05/post-033c.html
★「加賀藩二代藩主前田利長公の菩提寺」高岡山瑞龍寺HP
http://www.zuiryuji.jp/
★「前田利長墓所」いこまいけ高岡HP
http://takaoka.zening.info/maeda/
★「前田利長(古城公園)」がんでんの館ブログ
http://gdn2425.jp/statue/s_toyama/statue_42/
★「越中高岡コロッケソースの破壊?力」コン美味食文化論ブログ
http://ameblo.jp/muro125/entry-10155464806.html

(関連する記事)
★「664 【お魚料理35】灼熱の高岡に素敵な街並みを見た」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=697
★「665 【揚げモン20】コロッケとお城と路面電車と‥高岡」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=698
★「678 【お米料理42】金沢城と『ハントンライス』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=710
★「1528 【今川焼き17】『ハム焼き』と名君が三代続いた城下町‥白石」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1597

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(利長公が亡くなられたのは、大阪城で豊臣家が滅んだと同じ年ナンです)

高岡市がご当地グルメとして、十年ほど前から売り出してるのが「高岡コロッケ」。「高岡市のコロッケ消費量は全国有数」と云うあやふやな理由からでしたが、似た様な理由でコロッケを売り出そうとした他所の街に比べ、最初だっただけにインパクトが有りましたネ。さてコロッケは以前ご紹介してますンで、今回はソレ用に地元老舗醸造所が作った「越中高岡コロッケソースとろまろ」を!甘口と云う割に‥酸っぱさが少々勝る感が強いですが、安物のコロッケでも美味しく思えるからアラ不思議!




| 2013.10.25 Friday (00:15) | 富山にまた来られ! | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.11.23 Saturday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS