きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1537 【お魚料理78】根強い反感と「とやま昆布〆」‥富山市 | main | 1539 【やきそば163】反感の原因と「ハッピー食堂の焼きそば」‥富山市 >>
1538 【名物パン151】薬都・富山のローカルパン「ベストブレッド」


富山の薬売りが誕生する切欠に成った、丸薬「越中反魂丹」は今でも健在。その老舗「池田屋安兵衛商店」サンに今回も、レンタサイクルの返却でお世話に成りました。店内にゃ様々な和漢薬が並んで居りました

北陸三県で第二の都市・富山市へ来て居ります。昨日は石川・金沢市への反感と云うか、富山市からの一方的なライバル意識を書いただけで終わっちゃいましたが、今日は街中をレンタサイクルに乗って走り回ってみましょうか。

ココのレンタサイクルは無料で、JR富山駅の観光協会等で借りられますが、北陸新幹線の開業に向けて富山駅は大改造中で、受け付けはドコに在るのやら?暫し歩き廻って良く判らず、改札に戻ってみたら真横に在りましたヨ。

全く青い鳥ですが、私ぁ走り出す前から草臥れちまいましたゼ。だもんで自転車を借りてから、駅前で暫し休憩に。さてドコへ参りましょうかネ、貰ったばかりの観光パンフを見るとしましょう。お向かいに座ってる人もナニか見てるし。

いやいやソレは人に非ず、柳行李を横に置いた「富山の薬売り」像でしたヨ。ドウやら見てるのは観光パンフじゃ無く、お得意サマの名前の書かれた懸場帳でしょうか?そうか‥ならば「薬売り」の歴史を辿るサイクリングにしよう!


明治九年(1876)設立の「広貫堂」サンは、全国に行脚する売薬さん達の共同出資で作られた、旧富山藩「反魂丹役所」の伝統を守る置き薬の大手。「富山の薬売り」に関する様々な歴史資料が公開されてました

金沢藩主・前田家と云えば、加賀百万石のお殿サマ。その中から十万石を分知され、成立したのが富山藩・前田家。本家を存続させる為の、いわば徳川御三家みたいな存在だった様ですが、ココが「富山の薬売り」の元祖なのヨ。

全国の「急流河川」ベスト5は全て富山県内に在ると聞きますが、度重なる河川氾濫からの修復にゃお金が掛かる。また禄高の割に家来の数が多過ぎたのも有って、富山藩の財政は慢性赤字!ならば藩を挙げて金儲けをしよう。

ソコで選んだのが「行商での薬売り」。二代目藩主・正甫(まさとし)公が江戸城内で、同僚大名の腹痛を秘薬「反魂丹」で治したと云う故事も有って、「富山の薬は良い」と云う評判が良く、方々から「売りに来てくれ」と頼まれた。

富山藩の免許を受けた「売薬さん」は全国を回り、反魂丹だけじゃ無く各種和漢薬を売り歩き、そして皆様ご存じの「置き薬」と云う、世界でも珍しい販売法を確立する訳ですナ。今は外国に「置き薬システム」を輸出してるソウです。


拙宅は転勤族でしたので無視されてましたが、女房ドノの実家には「富山の薬箱」が有ったソウで、売薬さんが時々来てたらしいです。「先用後利(先ず使って貰い、利は後で得る)」が正甫公以来の富山の薬売りの基本理念で、売る側・買う側双方の信頼が大切にされる日本だから成立した制度ですネ。果して外国に普及しますかナ?「出し抜くのを美徳」とする半島の某国や大陸の某国じゃ、「絶対に無理」な様な気がしますが‥

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「富山県富山市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「観光とやまねっと」富山市観光協会HP
http://www.toyamashi-kankoukyoukai.jp/
★「富山市観光ガイド・薬都をめぐる」富山市役所観光振興課HP
http://www8.city.toyama.toyama.jp/kanko/course/course_1.html
★「越中富山の反魂丹」もうひとつの学芸員室・くすりの博物館HP
http://www.eisai.co.jp/museum/curator/mgm/071116g.html
★「技も精神も、薬都とやまの伝統を受け継ぐ。」池田安兵衛商店HP
http://www.hangontan.co.jp/
★「『置き薬』の信頼を世界へ」広貫堂HP
http://www.koukandou.co.jp/
★「富山のくすり」富山県薬業連合会HP
http://www.toyama-kusuri.jp/ja/
★「創業大正13年 ベーカリー専門の老舗」富山製パンHP
http://toyamapan.co.jp/goo1.html
★「血が騒ぐぜ!ご当地パン@富山製パン」日々。ブログ
http://awotani.blog92.fc2.com/blog-entry-243.html

(関連する記事)
★「677 金沢の古い茶屋街で『べろべろ』を」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=709
★「734 【お米料理48】富山で『シロエビの天丼』を」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=725
★「735 【お米料理49】富山じゃ常識『やさたま』!」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=726
★「1537 【お魚料理78】根強い反感と『とやま昆布〆』‥富山市」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1605

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(「富山の薬売り」って未来へ是非残したい、日本が世界に誇る文化です)

薬ついでに‥富山市民病院の売店へ行きますと、富山製パンさんの懐かしい感じのする袋パンが並んでますヨ。その中から名物「ベストブレット()」と、「ようかんパン()」を。ホイップクリーム入りのコッペパンに、うっすら羊羹の塗られたようかんパンも凄いですが、チョコを挟んだ頑丈な揚げパン「ベストブレッド」は、一体ドレだけのカロリーが有るのやら!古くから学生を中心に愛されて来たモノらしく、お腹がエラク膨れましたゼ




| 2013.10.27 Sunday (00:15) | 富山にまた来られ! | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.13 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS