きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1549 【名物パン155】「あんバター」と完全復旧を目指す白河城 | main | 1551 【名物パン156】色気のある街で「洋菓子みたいなクリームパン」‥神楽坂 >>
1550 【野菜果物57】晩秋の南会津で「つと豆腐」



大改修工事が終わったばかりで、緑色の外壁が鮮やかな会津田島の「旧南会津郡役所」。明治十八年(1885)に建てられた擬洋風建築で、昭和四十五年まで現役で使われてたとか。只今は資料館に成ってます

私メが寄席の出番等で良く参る東京・浅草の街にゃ、東武鉄道(本線)の始発駅が在りますヨ。関東じゃ最大の私鉄・東武は、今イチ垢抜けぬ感の強いですが、スカイツリー開業に合わせてイメージ一新を図ろうと、現在大発奮中!

スカイツリー見物に来た内外観光客に、日光東照宮や鬼怒川温泉への特急列車に乗って貰おうと、盛んにキャンペーンを実施してます。伊勢神宮の御遷宮ブームで特急が賑わってる、関西最大の私鉄・近鉄みたいなモンです。

両社共に運賃の他に料金が必要なタイプの特急で、定期客に比べて利潤の見込める観光客へ、「電車で行きましょ!出来れば特急で」てなトコかナ?尤も料金の要らない長距離快速列車も、コレまた仲良く走らせて居りますケド。

そんな東武快速列車じゃ、「会津田島」まで行くのが一番遠いらしい。どの位の距離かと云えば、浅草から約百九十kmの彼方。「東京から静岡まで」「名古屋から大阪まで」にほぼ等しいらしく、走る電車は長距離仕様の別誂え。


会津田島のメインストリート、日光と会津若松とを結ぶ「会津西街道(国道121号線)」沿いに趣ある建物が結構並んでますが、中でも立派なのが昭和九年(1934)築の「和泉屋旅館」さん。ナント現役の旅館ナンです

料金不要列車じゃコレが私鉄最長らしく、流石に東武だけじゃ収まらぬ。東武の終点・鬼怒川温泉から子会社の「野岩鉄道」を通り抜け、元国鉄の第三セクター「会津鉄道」にまで乗り入れる。乗り通すお客さんは居るのかしらん。

そんな会津田島まで行って参りました。勿論浅草から電車で行った訳じゃ無く、昨日ご紹介の白河市から「甲子道路」を通り抜けた、つまり反対側からアプローチ。ココも何度か訪ねた懐かしい街、合併で南会津町に成ってます。

けれどこんな晩秋に参ったのは初めて。白河はまだ暖かだったのに、流石に山深き南会津だけ有って寒いの寒くないの‥。近くがあの尾瀬と云うトコで、町の殆どは「特別豪雪地帯」に指定されてますヨ。コレからもっと寒く成る。

でも田島は「福島・会津地方」南部の中心で、街中は「豪雪地帯」で済むから大丈夫!と地元の方は仰いますが、そんな凄いトコまで直通列車が毎日走ってたのか‥。真冬に成ったら、浅草から一度乗り通したい様な気がします。


古く懐かしく感じるモノの多い会津田島のスーパーで、コレまた古く懐かしいモノを発見!以前もご紹介した事が有りますが、戦前バナナの代用品として普及の計られた「ポポー」。まさかこんなトコ(失礼)にも在ったとは‥。見た目は余り良く有りませんが、イザ皮を剥くと香りはバナナで、食感はマンゴか?耐寒性が強いンで、豪雪地帯でも大丈夫な様ですナ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都新宿区神楽坂」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「ゆったりのんびりしれけやれ」南会津町観光物産協会HP
http://www.kanko-aizu.com/
★「四季の都 南会津」南会津町役場HP
http://www.minamiaizu.org/kanko/
★「福島県指定重要文化財」旧南会津郡役所HP
http://www.gunyakusho.ecnet.jp/
★「和泉屋旅館」おいでよ南会津プロジェクトHP
http://www.aizu-concierge.com/map/spot/10550/
★「電車で会津の旅」東武鉄道HP
http://tabi.tobu.co.jp/area/aizu/
★「ほっとスパ・ライン」野岩鉄道HP
http://www.yagan.co.jp/
★「心つながる小さな旅。素・敵・沿・線」会津鉄道HP
http://www.aizutetsudo.jp/
★「自然いっぱい、南会津!つと豆腐」福島県庁南会津農林事務所HP
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet;jsessionid=FFE0FB353BC674F92D4104A36F9567F1?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=22607

(関連する記事)
★「275 【お鍋料理08】新潟の「のっぺ」は、南会津じゃ『つゆじ』と言う」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=301
★「1130 【野菜果物41】まもなく冬季閉鎖!志賀高原と『ポポー』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1205
★「1549 【名物パン155】完全復旧を目指す白河城と『あんバター』」
http://rifuh.jugem.jp/manage/?mode=write&eid=1616

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(田島より北はディーゼルカーの運転に成って、会津若松まで延びてますヨ
)

雪深き山間の街は「真冬」と云う他所との断絶時期が有るだけに、独自の保存食品が発達しますネ。南会津ではも幾つか珍しいモンが有りますが、今回はご覧の「つと豆腐」を。細長タイプの少し硬い木綿豆腐と云うしか有りませんが、元来は藁苞(わらづと)に入れて煮て作るそうナ。薄く切ったのを郷土料理「つゆじ」等に入れ、汁物の具として食べるのが多い様ですが、荷崩れしないから重宝されるとか。チーズ風な食感と云うか、豆腐なのに歯応えが有って面白い!拙宅じゃ刺身にして食べました




| 2013.11.06 Wednesday (00:15) | 負げるな!福島会津 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.17 Saturday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS