きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 133 なぞの金曜日 第560回放送 | main | 135 【煎餅お餅01】信州諏訪の氷柱 >>
134 今年はお諏訪サンの御柱祭らしい


諏訪大社の下社春宮。もうすぐココも大変な賑わいに成るンでしょうナ

私メは大学時代、バイク部に所属して居ったンです。お陰でイロイロとキツイ体験をさせて貰いましたが、日本中から愉快極まる連中が集まって居りまして面白かったですねぇ。バブル期と云う事も有ってか、毎日ワイワイ大騒ぎ。

そんな部員の一人に信州出身の奴が居りましたが、そいつが或る春突然、学校を暫く休んだンです。日本一周旅行に出かけちまった私メを含め、蒸発する部員は別に珍しく無かったンですが、やがて奴は傷だらけで帰って来た。

てっきり旅費稼ぎのバイトで飯場にでも篭ってたか思いきや、実家に帰ってお祭りに参加して居たと云う。そいつの実家は信州の諏訪市でして、つまり諏訪大社の大祭「御柱祭」に参加してたらしい。学業よりお祭りが当然優先。

七年に一度の大祭だそうでして、諏訪大社の上社下社それぞれに二社ずつ在るンで計四社の御神柱(=御柱)計八本を取り替える、千数百年前からの由緒有る祭り。諏訪盆地一帯の男達はこの祭りに参加するのが伝統らしい。


左が下社春宮の一の柱、右が下社秋宮の一の柱。コレを建て替える

要するに私ぁ今回ゆえ有って、諏訪へ行って来たンですヨ。関東平野は大分暖かく成って来ましたが、信州は未だ春遠し。花粉が飛んで無いンで助かりますが、どうにも寒くて仕方な〜い。山にはまだ沢山の雪が残って居ります。

今年は久し振りの御柱祭・・、あれから三度目のお祭りと成る訳ですナ。伊勢神宮の式年遷宮に並ぶ、美しき勇ましき日本の歴史でございます。街は祭り支度で忙しい。方々で大縄の結上げが行われて居て、イヤでも盛り上がる。

お諏訪サマは毎年十月の「出雲大社の神様大会議」に不参加でも許される、神道界でも有数の荒ぶる雄神。そんな神様に相応しく豪快極まる御柱祭は毎回怪我人続出で、専用の傷害保険が有るとか無いとか。伝統は恐ろしい。

学校との折り合いが付かず私メが「繰上げ卒業」をして以来、部の仲間とは一度も会ってませんが、きっと奴は今度の御柱祭にも参加をするンでしょうナ。私らも今年は厄年・男盛り、立派に成ってる筈の奴に会いたいモンです。

にほんブログ村 演劇ブログ 演芸・大衆芸能へ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「長野県諏訪市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「信濃國一ノ宮」諏訪大社公式HP
http://suwataisha.or.jp/
★「七年に一度の天下の大祭」信州諏訪御柱祭公式HP
http://www.onbashira.jp/

(「神無月」では無く「神在月」と呼ぶ地域の一つが、ココ信州の諏訪らしい)

当然の様にスーパーでは「御柱祭の参加用品」が売られて居りました




| 2010.03.21 Sunday (07:59) | 広いぞ信州は!南信 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (07:59) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS