きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1588 【スナック31】間もなく開催!箱根駅伝と「ケチャップ味のポテチ」 | main | 1590 【スイーツ96】生まれ故郷の上板橋で「栗饅頭」を >>
1589 【調味料類18】「東京最古のソース」と紅葉の川‥滝野川


北区滝野川の古刹「瀧河山金剛寺」は、江戸っ子に紅葉の名所として広く知られてたお寺ナンで、「紅葉寺」と云う別名が有りますヨ。古くは源頼朝公が鎌倉へ攻め込んだ際、本陣を敷いた場所の一つとされてます

今年は秋が短かったですナ。何しろ観測史上「(東京じゃ)最も遅い真夏日」を十月中旬に記録し、先月初めまで二十℃超えの日が結構有ったりと、全く以てハチャメチャなご陽気。ソレに驚いてる内に、突然冬に成っちまった様な。

だもんで予定がドウにも組めず、紅葉見物に結局行けませんでしたヨ。如何にガサツな寄席芸人でも「季節を愛でる」位はしたいンで、何処に行こうかイロイロ考えてたンですが‥。ま、素敵な秋景色に旅先で出会えましたがネ。

ならば遠方まで行くンじゃ無く、都内で紅葉の綺麗なトコは無いかしらん。金色に染まった「東京都の木」銀杏並木なら随分見ますが、紅葉と云う位だから「真っ赤なカエデ」の多いトコは無いかいナ。出来れば歩いて行けるトコに。

私メは東京の城北「板橋平尾宿」と云う、中山道の元宿場町に住んでるンですが、ココが宿場として栄えてた頃、そのすぐ近くが紅葉の名所として江戸中で有名だったとか。ソレは城北を貫く石神井川が、北区に入った辺りですヨ。


やがて隅田川に合流する「石神井川」は、クネクネ曲がってた流路を直線化改修した結果、紅葉川と呼ばれてた頃の面影は殆ど有りません。でも金剛寺の裏手だけは親水公園として、蛇行路が一部残されてます

「音無川」やら「滝野川」やら別名が多い川で、「紅葉川」とも申したりします。川沿いに北区立「紅葉小学校」「紅葉中学校」が実際在りまして、地元でも流域が「紅葉の名所だった」と云う自負が‥。ただ「だった」と付くのが残念だ。

二百五十年ほど前の享保年間、八代目の将軍を継がれたのは吉宗公。時代劇だとやたら暴れん坊な将軍サマ扱いされてましたが、実際は何かと暴れたがる江戸っ子を鎮めるのに苦労なさったお方。気苦労の塊みたいな人です。

過酷な圧政を敷くンじゃ無く、融和政策を取って国を富まソウとされますが、庶民の不満が暴発せぬ様に、いわば「国立の観光地」を江戸近郊にお作りに成られます。ソレが桜の名所として名高い、北区の「飛鳥山」だったりする。

秋も楽しめる様にと‥山の裾を流れる石神井川に、カエデも沢山お植えに成られた。江戸から日帰り距離の景勝地として、文人墨客だけじゃ無く、私メの様に「風流を気取る」半端者も大勢来たとか。昔はキレイだったンでしょうナ。


滝野川界隈を桜の季節にご紹介した事は有りますが、紅葉の季節は今回が初めてですナ。川沿いをブラブラ歩いてますと、ご覧の大仏様が‥こちらは「谷津大観音」と称されてますンで、大きな観音様でございます

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都板橋区上板橋」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「歩きたくなるまち 北区」東京都北区役所HP
http://www.kanko.city.kita.tokyo.jp/
★「河川の整備 石神井川」東京都建設局第四建設事務所HP
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/yonken/koji2/syakujii.html
★「金剛寺(紅葉寺)」薄紅の砂時計の底からブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/sandglass_naka/46998757.html
★「この街に暮らす 北区滝野川 音無もみじ緑地」あいとっとHP
http://itot2.jp/takinogawa/15
★「おでかけカネゴン〜北区滝野川の谷津大観音」たま男日記ブログ
http://kanegongon.at.webry.info/201209/article_5.html
★「大正12年創業、昔ながらの手作りソース」トキハソースHP
http://www.tokiwa-sauce.co.jp/

(関連する記事)
★「144 【ご近所めぐり05】飛鳥山と音無渓谷、探検実録」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=192
★「290 【呑みモン08】牛蒡の名産地・滝野川の『ごぼうビール』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=193
★「927 【今川焼き11】満開の石神井川と『カレー蜜蜂焼』‥板橋」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1000
★「1028 【やきそば79】意外にインターナショナル‥滝野川」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1126
★「1114 【調味料類12】東京最古の『トキハソース』で地産地消を」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1184
★「1240 【スイーツ70】ドナルド・キーン先生のコレクション」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1324

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(洪水防止の為だから仕方ないですが、紅葉を切っちゃったのが残念です
)

以前もご紹介した事が有りますが、今年中に紹介して置かなければ‥だって北区滝野川が誇る地ソース「トキハ・ピーコックソース」が、大正十二年(1923)の創業から九十周年だったンでネ‥何とか間に合った。私メの住む板橋区平尾宿と北区滝野川は隣りの町会で、トキハソースはいわば準地元企業。しかも「(現役としては)東京最古のソース」で全て手作りと来てますンで、拙宅のソースは当然コレですヨ。大手メーカーも宜しいですが、地元のモンを使いたいですネ。そして地元の肉屋で買った「抜群に美味いコロッケとメンチ(悪いが紹介したくない!)」にコレを掛け、ウマウマと食べるとあぁ幸せ。チョット高いけど、いいソースですゼ




| 2013.12.11 Wednesday (00:15) | きたくなるまち北区 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.06.18 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS