きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1605 【名物パン167】湖北の不思議な「サンドウィッチ」・・木之本 | main | 1607 フラワータイムなぞの金曜日 755回/756回放送 >>
1606 【やきそば170】正体不詳の武将と「和えそばスペシャル」・・木之本


遂に雪が降って来ましたよ、北国街道木之本宿に!ナンでもココにゃ馬市が良く立ったソウで、ココで名馬を買い求めたのが山内一豊の出世の切欠・・だとか。来年の大河ドラマの主役「黒田家」発祥地だったとも・・

滋賀県の湖北、長浜市木之本町へ参って居ります。今年はインフルエンザで二日休んだ以外、このブログ旅日記を更新し続けた私メでございますが、本業は寄席の高座で「見て来た様な嘘を」つく講釈師。講談師とも言いますナ。

落語に似た話芸ですが「笑わせる」ンじゃ無く、「快く虚構に酔わせる」のが主眼。釈台を張り扇でパンパン叩いて話を進めますヨ。如何にもソウだったかの様に昔のお噂を申し上げますが、聴いてる方もソコら辺は御承知の上だ。

私メらは学者センセと違い「全てが真実」てな訳じゃ無いンで、どうか勘違いせぬ様に願います。事実は二割有るか無いか‥程度で、酷いのに成ると全てが嘘てぇのも。ま、余り細かいコトを詮索するのは野暮ってモンでして・・。

ですが「快く虚構に酔って」貰う為にゃ、私メらも或る程度は本当のコトを知って置かねばならず、難しい本を紐解いて勉強致しますし、根多の舞台と成るトコに行くのも良いとされてますゼ。処が旅先で思わぬ場所に出会ったりも。


暫くしたら雪は止みましたが、イヤハヤ寒いの寒くないの‥。立ち止まってると凍死しそうナンで、遂には琵琶湖の畔まで行っちまいましたヨ。苦労の末にココの領主に出世した一豊さんも、凍える湖を見たンでしょうか

湖北の木之本町は関西有数の豪雪地で、北国街道の街並みを吹き抜ける暴風雨で鼻毛が凍る!遂には白いのが混じり始め・・私メの今冬初雪に。負けずにブラついてますと、「山内一豊公が名馬を買い求めた現場」てぇ表示が。

女房のヘソクリで名馬を買って貰った貧乏侍・山内一豊は、ソレに跨り活躍して認められ、遂には土佐(高知県)二十四万石の大名に・・と云う「出世の馬揃え」なる古典講談が有りますヨ。戦前は女学校の教科書に載って居た物語。

処が一豊サンは前も書きましたが、その前半生はナニしてたか良く判らない人。存在は確実ですが、「その他大勢」扱いされてた時期が結構長くて、信用出来る書物に名前が出て来ないのヨ。つまり・・その程度の存在だったのネ。

処が異例の大出世を遂げて大々名に成った。良く判らない出世者ってソレっぽい逸話が作り易く、講談に打って付けなんですナ。名馬を買った場所は講談じゃ別の街の筈ですが、どうせ元から虚構だ!木之本でも宜しいのでは。


豊臣秀吉公の天下取りの第一ラウンドが戦われたのは、木之本町に聳える「賤ヶ岳(421m)」だったりします。ココの領主に成ってた一豊サンは違う戦場に回ってた様ですが、出世の階段を木之本から登って行きます

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「滋賀県長浜市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「きのもとまちあんない」木之本観光案内所HP
http://www.sushikei.com/kinomoto/
★「奥琵琶湖 随一の景勝地」賤ヶ岳リフト・近江鉄道HP
http://www.ohmitetudo.co.jp/shizugatake/
★「黒田官兵衛のルーツの地 滋賀県長浜市木之本町」中日新聞HP
http://tabi.chunichi.co.jp/odekake/130822tabi-recipe.html
★「山内一豊の軌跡」お城のとびらHP
http://www.geocities.jp/tomtohiro/YamanouchiKazutoyo.htm
★「北国街道、木之本宿 Αμ敘桂楜軫六埓廖廝茖錚zanの気ままな人生ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/houzan_ky/63375107.html
★「福田屋のスペシャル」ダダ・ジャーナル
http://dada-journal.net/shop/articles/172/
★「福田屋」焼きそば名店探訪録ブログ
http://yakitan.info/archives/fukudaya

(関連する記事)
★「202 【名物パン13】湖北名物サラダパン」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=215
★「248 湖北はやっぱり今日も長閑でした」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=244
★「663 一宮市の朝は喫茶店から始まる」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=696
★「697 【講談の舞台08】賤ヶ岳の合戦・・長浜市木之本町」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=747
★「1033 【やきそば80】出世武将と『にんにく焼きそば』‥掛川」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1103
★「1605 【名物パン167】湖北の不思議な『サンドウィッチ』・・木之本」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1674

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(江戸中期には、『出世の絵馬揃え』は胡散臭い話だとされてた様です)

琵琶湖まで行って完全に凍えた身体を温めるべく、JR木ノ本駅前の食堂「福田屋」さんで暫し休憩を。ココは全国焼きそば探しの盟友「SaltyDog」氏が過日紹介されてたトコで、「フツーの焼きそば」と「スペシャルなる焼きそば風な和えそば」が有るとか。多少は汁っぽい方が暖まるかと、スペシャルの方を頼んでみましたヨ。茹でた麺に茹でたモヤシと白葱を載せ、甘辛いタレと大量の海苔を掛けたら出来上がり・・と説明は簡単ですが、むしろ複雑で深い味。結構前から人気なモノらしく、驚きました




| 2013.12.27 Friday (00:15) | 琵琶湖は滋賀の1/6 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.16 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS