きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1608 【スイーツ97】太閤殿下のご長男と「親玉饅頭」‥長浜 | main | 1610 【お肉料理45】「朝鮮焼き」と裏富士の城下町・・都留 >>
1609 【麺類色々114】黒壁スクエアと「鯖そうめん」‥長浜


ご覧の「旧第百三十銀行長浜支店(黒壁1號館)」の保存運動から始まった滋賀・長浜市の「黒壁スクエア」は、年間二百数十万もの観光客が訪れてるとか。旧市街の伝統的建築物群の保存・再生の大成功例ですヨ

昨日に続き、長浜市のブラブラ散歩ですヨ。ココは「戦国の覇者」豊臣秀吉公が初めて大名に成った街で、元々は今浜と呼ばれてたソウですナ。ソレを秀吉公が御主君・織田信長公から「長」の字を貰って、長浜と改めたンだとか。

利用出来るモンはナンだって活用する・・天下一流のゴマ擦りで、だからこそ「日本一の大出世」を為し得たンでしょう。やがて秀吉公はココを去り、長浜城は主人がクルクルと変わった挙句、僅か四十数年で廃されちゃってます。

なれど楽市楽座の商業都市の伝統は残り、ソレは昭和五十年代まで続いてたとか。処が自家用車が普及すると、中心街は火が消えた様に成っちまったらしい。何しろ中心街は道が狭く、車だと逆に不便。郊外のSCの方が便利。

戦災に遭わなかった古い街は、区割りが江戸時代の儘ナンで自動車時代に対応出来ませんヨ。区画整理なんざ簡単に出来る事じゃ無いし、古い街は口煩い人が多いし利害関係はゴチャゴチャしてるで、意見は上手く纏まらない。


黒壁1號館の前の「大手門通り」には、ガラス細工屋やスイーツショップやら、お姐ちゃん共の喜びソウな「如何にも」な店が並んでます。冷たい雨降る師走の平日だと云うのに、女性を中心とした観光客が結構居りましたヨ。ただ・・黒壁スクエア自体は赤字が大変らしく、難しいです

と・・ココまでは全国ドコにでも在るお話ですが、長浜の凄いトコは観光地として再生しちゃったコト。街並みを車向けに作り直すのは困難だし、郊外のSC群から買い物客を取り戻すのも大変だし、ならば他所から観光客を呼ぼう!

昭和六十三年(1988)に、中心街に在った古い銀行の建物を取り壊すてぇ話が出たンだとか。その支店は黒漆喰の和風洋館で、中心街のシンボル的存在だったらしい。普段は纏まらない街の意見が「壊させちゃ成らぬ」と一致。

ソコで市役所と組んで第三セクターを結成、建物を「黒壁1號館」として再生するコトに。しかも郷土資料館や集会所として使うンじゃ無く、ガラス工芸の展示販売所として使った・・長浜とガラス細工って関係無かった筈ですが。

先見性溢れる「声のデカイ」有力者が居た様で、「フツーじゃ何も変わらぬ」とガラス細工にしたとか。コレが浮気なお姐ちゃん達に受けたらしく、バブル崩壊にもメゲずに突き進み、今でも保存・再生の対象を増やし続けてますヨ。


再生させた古建築は、今や「黒壁30號館」にまで達したとか・・。チョット遣り過ぎの感も有りますが、中途半端にやるよりは正しい!そんな界隈の一番奥に在るのが、お城無き後の長浜の中心だった「無礙智山大通寺」。東本願寺の別院で、専ら「長浜御坊」とか呼ばれてますナ。ご本堂(国の重要文化財)や大広間は、伏見城から移築されたとされてます

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「山梨県都留市」への訪問記です★

(参考リンク
)
★「琵琶湖の観光をもっと楽しく」長浜・米原・奥びわ湖観光サイトHP
http://kitabiwako.jp/
★「古い街並みに心解け、美しいガラスに心躍る黒壁スクエア。」黒壁HP
http://www.kurokabe.co.jp/
★「長浜別院 大通寺」真宗大谷派 長浜教区HP
http://www.daitsuji.or.jp/daitsuji
★「黒壁スクエア【まちなか観光】」薫習房HP
http://www.meso-scope.co.jp/report/subwin/kurokabe.html
★「株式会社黒壁 二代目社長笹原さんの講演録」togetterHP
http://togetter.com/li/122993
★「黒壁再建へ弓削社長、市議会に説明」滋賀夕刊新聞社HP
http://www.shigayukan.com/news/2013/06/post_4052.html
★「長浜名物 鯖そうめん」翼果楼HP
http://yokarou.com/saba.html

(関連する記事)
★「125 【麺類色々06】琵琶湖の畔にもチャンポンは有る」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=143
★「203 【麺類色々09】長浜のっぺいうどん」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=157
★「305 【やきそば14】琵琶湖にもイタリアンがあった」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=324
★「989 【麺類色々59】夜陰の彦根城と『豚そば』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1077
★「1608 【スイーツ97】太閤殿下のご長男と『親玉饅頭』‥長浜」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1676

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(累積する赤字解消の為に、少し商売っ気が出て来たのが気に成ります)

大変に風が寒かったンで、長浜名物「のっぺいうどん」を食べて体を温めようと黒壁スクエア内の「茂美志や」サンへ参ったらば・・お休みだ!仕方無いンで姉妹店の「翼果楼」サンで、コレまた長浜名物の「鯖そうめん」を。週末や観光シーズンは大変な行列に成りますが、こんな日はガラガラであぁ助かる。焼き鯖と素麺を甘辛く炊いた逸品で、食べるの久しぶりだネ。何度かコレの再現を試みたコトが有りますが、簡単ソウに見えるけど上手く出来ないのヨ。身体は余り暖まりませんでしたが、腹はタップリ膨れましたゼ。長浜って街の規模のワリに、美味くて珍しい食べ物が多いトコですナ。やっぱり秀吉公以来の伝統ナンでしょうかネ?




| 2013.12.29 Sunday (00:15) | 琵琶湖は滋賀の1/6 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.16 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS