きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1595 【麺類色々111】元祖「きつねうどん」と天下の台所・・船場 | main | 1597 【お肉料理44】「どて焼き」と長〜い商店街・・天満 >>
1596 【名物パン164】一頭地抜けた天才と「ソフトフレッシュ」・・谷町筋


寺町筋の誓願寺さんの境内に、上方を代表する多才人「井原西鶴」宗匠のお墓がございますヨ。談林派の俳諧師だった宗匠はやがて小説に転じ、独自な「浮世草子」を開拓。元禄六年(1693)に亡く成られてます

師走の大阪市をブラついてます。私メら「講釈師」は東京と大阪だけに居りますが、プロと言えるのは双方合わせて八十人強の、実に珍しい寄席芸人でございますヨ。似た様な稼業「落語家」の、わずか十分の一位しか居りません。

江戸後期〜明治中期の全盛時代にはもっと大勢居た様ですが、戦後激しく衰退し、四十年ほど前には二十三人にまで減っちまってたと聞きますンで、ソコから三倍以上に増えた・・とも言えます。百人位に増えると良いンですが。

処が一騎当千の奇人ばかり。個性溢れる面々が揃ってまして、そン中じゃ私メなんか至って大人しい方。「講釈師に成ったからヘンなのか」「元々ヘンだから講釈師に成ったのか」は判りませんが、色んな芸風な人が居りますヨ。

一旦は滅び掛かった芸だから?伝統を重んずる古典諸芸能と違い、著しく範疇を外さン限り「或る程度は」自由が許されてますンで、コレからもっと変化して行くンでしょうナ。既に女流が半数を超してますンで、今さら文句は出まい。


誓願寺さんに近い谷町筋の片隅に、上方を代表する戯曲家「近松門左衛門」先生のお墓が・・。お寺はドコかに移転した様で、路地の奥にコレだけが寂しく取り残されてますヨ。享保九年(1724)に亡く成られてます

講談だけじゃ無いですが、文化芸能各分野での「守旧派」「改革派」の鬩ぎ合いは激しいモノが有りますネ。「古典仕立ての新作」てぇ中途半端なのを志す私メとしては、両派の良いトコ悪いトコが見えてる心算。両派共に理が有る。

でも「過激な改革」に多少抵抗を感じるのは人情で、理解出来ずに困る時も。ま、何時の世でも急進改革派は批判されるのが当然で、例えば俳諧でも「急進改革派」井原西鶴宗匠と、「穏健改革派」松尾芭蕉宗匠の反目は有名だ。

コリャ天才と秀才の違いで、天才肌な西鶴宗匠は「一昼夜で二万以上の句を詠む」と云う過激パフォーマンスで、一躍時代の寵児に。ほぼ同い年の芭蕉宗匠はコレに反発されたか?大阪を離れ江戸へ行き、新境地を開きますゼ。

一頭地抜けた人って無意識に「敵を作る」。そして難事をアッサリこなすンで、飽きっぽいのが特徴。西鶴宗匠も俳諧に飽きた?やがて小説の世界に転じ、ソコでも大立者に。芸界だけじゃ無く、ドコでも天才は天災な様ですネ。


大阪・上町台地の「寺町筋」と「谷町筋」をブラ付いてる内に、日が暮れて参りましたヨ。思わず見上げれば、遠くに見えてるのは日本一の超高層ビル「あべのハルカス」じゃ無いかいナ。一頭地を抜けた存在ですネ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「大阪府大阪市北区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「エリア情報【上町台地】」OSAKA−INFO大阪観光局HP
https://www.osaka-info.jp/jp/area/uemachi.html
★「RE−DISCOVER OSAKA 大阪再発見」上町ねっとHP
http://www.uemachi.net/
★「井原西鶴の墓」大阪再発見!HP
http://www12.plala.or.jp/HOUJI/bunkajin-haka/newpage351.htm
★「近松門左衛門の墓」大阪再発見!HP
http://www12.plala.or.jp/HOUJI/bunkajin-haka/newpage350.htm
★「芭蕉の西鶴観」連句結社・猫衰会HP
http://www.neko-mino.org/renkuQA/A25.html
★「ソフトフレッシュ−ヤマザキ」No Bread,No Life!パン日記ブログ
http://ameblo.jp/laylakmraz/entry-10445354705.html

(関連する記事)
★「638 【今川焼き05】『愛染かつら』は一体ドコなのか? [大阪篇]」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=668
★「639 【スイーツ26】上六・天六・日本一ってナンじゃろか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=669
★「1063 【麺類色々67】大阪じゃフツーに売ってるモノ」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1065
★「1344 【名物パン124】日本一の超高層ビルと『サンミー』‥阿部野橋」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1414
★「1404 【やきそば139】青葉繁れる高津宮と『チーズざぶとん』」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1488
★「1533 【スイーツ92】『パインアメ』を元祖大阪谷町で」

http://rifuh.jugem.jp/?eid=1601

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(天才には天才なりの苦労が有るンでしょうが、私メにゃ理解が難しいです)

谷町筋のコンビニに入りましたら、こんなモノを発見!下の「スペシャルサンド」は東京でも売ってますが、上の「ソフトフレッシュ」は見たコトが無いぞ!スペシャル〜のシリーズの様で、関西と中国地方でしか売って無いソウですが、ロングセラーのスペシャル〜と同じく古くから在るモノだとか。甘めの小さなコッペパンの中に、ただマーガリンが挟まれてるだけですが、次から次へ新製品を出すヤマザキの菓子パンの中で、例えローカルでもこんな守旧派が残ってるのは素晴らしいですナ。昔はコレも全国で売られてたンでしょうか?なおヤマザキのHPにゃ載ってません




| 2013.12.17 Tuesday (00:15) | 大阪ディープサウス | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.09.24 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS