きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1599 【やきそば169】誕生五十周年!「日清焼そば」食べくらべ | main | 1601 【麺類色々113】京都駅ビルのクリスマスと「京都ラーメン」 >>
1600 【名物パン165】吉例顔見世!南座と「三つ編みサンライズ」・・四條


日本最古の劇場「南座」は、京都東山・四条通の南側に建ってるからソウ呼ぶらしく、昔はお向かいに北座も在ったとか。現在の建物は昭和四年(1929)に開場したモノで、師走は「吉例顔見世興行」で賑わってます

大阪市から京都市へ移動した私メでございます。泣いても騒いでも今年も残りあと僅かで、イロイロ一年を振り返る季節ですネ。私メの属します講釈界は皆元気で、幸いにして「不祝儀袋」を包まンで済んだので有難かったです。

寄席芸界全体でも「巨星墜つ」てなコトは無かったンで宜しうござンしたが、お芝居の世界は大変でしたナ。何しろ「十二世・市川團十郎」丈が、二月にお亡くなりに成られて・・ホント驚いた。梨園きっての大看板で、まさかまさか・・。

私メら寄席芸人も勉強の為に歌舞伎を時折観に行きますが、アレは何年前だったか‥建替える前の歌舞伎座でしたが、たまたま花道脇の席が手に入り、目の前で團十郎丈が「連獅子」を舞われたのを拝見させて戴きましたヨ。

普段の天井桟敷からの遠望と違い、花道脇は「役者衆の裂帛の気合い」が手に取る様に良く判り、「あぁ値段が高いだけ有る」とヘンな感心しましたネ。流石に「荒芸の成田屋」で大変な迫力でしたが、ホント勿体無い残念無念。


三条大橋から撮ったのか?或いは四条大橋から撮ったのか‥何れにしろ鴨川沿いは、ご覧通りに「高そうな料理屋」が並んでますヨ。この河原で約四百年前、「出雲の阿国」が踊ったのが歌舞伎の元祖とされてます

歌舞伎発祥の地とされるのが、京都四條の鴨川沿い。初めは女性が演じるモノだったのが、イロイロ有って男だけに成ったのは御存知通り。今でも四條の鴨川沿いにゃ「南座」と云う芝居小屋が在りまして、威容を誇ってますヨ。

この「南座を見物」するのは師走がイイ!普段から立派な建物ですが、師走は顔見世興行が行われ、木戸(入り口)上に勘亭流で書かれた「まねき」が沢山並ンで豪勢立派。「まねき」てぇのは、役者の名前の書かれた木札ですナ。

私メら寄席でも「まねき」は出しますが、梨園ほど立派じゃ無いンで羨ましい。「南座で見物」と行ければ格好良いンですが、今回は生憎・・「南座を見物」するだけで良しと致しましょうか。ココの花道脇で成田屋さんを感じたかったネ。

寄席芸界も勿論ですが、梨園も来年は平穏無事に過ごせると宜しいですナ。畑は随分違いますが、同じ芸界に居る者としてソウ願わずにゃ居られませんヨ。南座の木戸上に沢山並ぶ「まねき」を眺めながら、コウ思った私メでした。


鴨川西岸、三条通と四条通の間に続く細長い小路が「先斗町(ぽんとちょう)」。京都を代表する花街で、元は鴨川の洲だったとか。ポルトガル語の「Ponta(『先』と云う意味)」が語源の様ですが、京都は謎が多いです

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「京都府京都市下京区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「京都観光Navi」京都市産業観光局HP
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/
★「京都四條 南座」松竹HP
http://www.shochiku.co.jp/play/minamiza/
★「歌舞伎発祥地」京都はんなり旅ブログ
http://hannari-tabi.seesaa.net/article/271754042.html
★「新歌舞伎座の『呪い』はまだ続いてる?」J−CASTニュースHP
http://www.j-cast.com/2013/12/14191391.html?p=all
★「京都の著名な花街の一つ」先斗町のれん会HP
http://www.ponto-chou.com/
★「京都から真心を込めて食卓に美味しい笑顔を」京都 山一パン総本店HP
http://kyoto-moulin.co.jp/

(関連する記事)
★「262 君は『外郎売り』を諳んじて居るか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=279
★「409 【名物パン35】コロッケパンの発祥地は銀座」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=329
★「912 【名物パン71】伏見の『なつかし菓子パン』と寺田屋事件」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=993
★「1050 【やきそば84】地獄への入口と『京都焼きそば』」

http://rifuh.jugem.jp/?eid=1081
★「1051 【粉なモン19】祇園で涼を楽しみ『一銭洋食』を」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1082
★「1052 【スイーツ61】太閤殿下の神社と『衛生ボーロ』‥東山」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1093
★「1311 【麺類色々88】新しい歌舞伎座と『ざるかき』‥東銀座」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=1379

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=154
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」
http://rifuh.jugem.jp/?eid=268

(暫く行って居りませんので、久しぶりにお芝居見物に参りたいモンです)

さて南座と「南つながり」と云う事で、京都市南区に本社を置く製パン会社「山一パン総本店」さんの「三つ編みサンライズ」を。東日本のメロンパンを西日本じゃサンライズと呼ぶ事が多いですが、コレは・・ヤマザキのロシアパン並みに巨大な逸品で、ホント腹が膨れた膨れた。学生さんの多い京都だから、こんな巨大なモンに需要が有るンでしょうか?因みに西日本のメロンパンは、東日本のソレとは全く違う格好をしてますヨ




| 2013.12.21 Saturday (00:15) | 京都上ル下ル・洛中 | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.06.27 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS