きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1623 フラワータイムなぞの金曜日 757回/758回放送 | main | 1625 【やきそば173】千円札の偉人と「カレー焼きそば」・・会津若松 >>
1624 【お魚料理83 】観光史学と「ニシンの山椒漬け」・・会津若松


会津若松市の中枢「鶴ヶ城(若松城)」は戊辰戦争の大包囲戦により大破棄却され、明治政府により天守閣等の建物が解体されましたが、ご覧の「西出丸」を始めとした石垣の殆どは松平(保科)家時代のモノだとか

福島県西部「会津地方」の中心地、会津若松市へ参った私メです。ココは昨年の大河ドラマ「八重の桜」の舞台だったトコで、幕末の戊辰戦争の大激戦地でございますヨ。流石に冬の東北で、会津へ入る峠は大変な雪でしたネ。

さてドラマは予想通りの低視聴率で、歴代ワースト四位の平均だったとか。終わったから安心して言えますが、題材が悪い!演出が悪い!脚本が悪い!キャスティングが悪い!・・キリがございませんゼ。画質はキレイでしたケド。

会津じゃ随分視聴率が高かったらしく、鶴ヶ城を包囲した新政府軍の主力だった長州藩への憎悪感を高めた人は多かったとか。でも実際は・・新政府軍を歓迎し、城攻めの協力をした会津の人は多かったと記録に在りますゼ。

そもそも会津藩がナゼ新政府軍の総攻撃を浴びたかと申しますと、江戸幕府が瓦解する前、「京都守護職」を請負ってた藩主の松平容保公の命令で、反幕勢力のテロリスト共を厳しく取り締まったから。ただ・・チョット遣り過ぎた。


前回と違い、鶴ヶ城の特徴だった「赤瓦葺きの天守閣」が復元されてました。何もオシャレ心で赤くしてた訳じゃ無く、瓦の原料たる会津の土の中に含まれてる鉄分量の関係で、赤い瓦に成ってしまうと聞きましたヨ

私メら幕府贔屓は「良くやって下さった」と褒めたいですが、反対勢力の見解は違う訳で「良くもやりやがった」と恨みを高めます。そして大政奉還を経て立場が逆転したモノだから、「恨み晴らさずに居られるか」と会津へ総攻撃。

処が会津は武士階級と、ソレ以外との意識差が大き過ぎた。つまり税金を搾る側と、絞られる側の差ですネ。京都でテロリストを弾圧する為には金が掛かる→国元からお金を送らなければ→領民から年貢を多く取って穴埋めだ!

京都守護職を引き受けた時、「コレで会津は終わった」と予言した重役が居たソウです。つまり敵から必要以上の恨みを買う事と、領民に年貢増加で喧嘩を売る事を、容易に予測出来たンでしょうナ。実際、その通りに成っちまった。

会津藩が敗れると、喜び勇んだ領民は旧来の統治機構の廃止を求め、「ヤーヤー一揆」なる大反乱が発生。新政府軍はソレを鎮圧するのに、鶴ヶ城攻めより手間取ったとか。こんな幕末史が有ったのを、私ぁ知らンかったです。


観光資源にする為、歴史事実を都合よく改変・美化する・・「観光史学」と云うイヤな言葉が有ります。その二大例が「西の坂本竜馬」「東の白虎隊」でして、白虎隊の少年達の自滅がホントに悲劇で有るのならば、何故ソレを会津人は観光資源に出来るのか?疑問に思ってしまいます

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「福島県会津若松市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「パーフェクトあいづ」あいづふるさと市町村圏協議会HP
★「赤瓦の鶴ヶ城へ」会津若松市観光公社HP
★「会津若松城」裏辺研究所HP
★「日本を揺るがす内乱・戊辰戦争1」ハンサムウーマン八重と会津博HP
★「『八重の桜』、大河史上4番目の低視聴率」MSN産経ニュースHP
★「それでも明日を生きて行く・・会津観光史学」大河逍遥ブログ
★「勝手に東北世界遺産・ニシンの山椒漬け」朝日新聞デジタルHP

(関連する記事)
★「276 お城だってメンテナンス位はする」
★「277 【お魚料理11】レオ様は九十二万石の大々名だった」
★「1521 【スイーツ91】故郷を守ろうとした少年隊と『玉羊羹』・・二本松」
★「1550 【野菜果物57】晩秋の南会津で『つと豆腐』」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(会津のお侍さん達は、ホント良くやって下さったと個人的には思ってます)

新鮮な海魚が手に入らなかった内陸だけに、干魚を巧みに使った郷土料理がイロイロ発達してるのが会津。中でも一番美味いと思うのが、ご覧の「ニシンの山椒漬け(さんしょ漬け)」。身欠き鰊を山椒の若芽と共に醤油だれで漬け込んだモノで、元々は盆や正月の振る舞い料理だったとか。コレを肴に呑む日本酒は最高ですし、御飯のオカズでも抜群です




| 2014.01.11 Saturday (00:15) | 負げるな!福島会津 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.07.24 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS