きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1624 【お魚料理83 】観光史学と「ニシンの山椒漬け」・・会津若松 | main | 1626 【お肉料理47】ドッコイ生きてた「中合の手羽先」・・会津若松 >>
1625 【やきそば173】千円札の偉人と「カレー焼きそば」・・会津若松


会津若松市「野口英世青春通り」は、猪苗代から出て来た英世さんが青春時代を過ごした街。左側の建物が左手の手術を受けた「旧会陽病院」で、書生として住み込んでたンだとか。ココから放蕩が始まります

子供の頃、「伝記」を沢山読みましたネ。処が何ゆえか?伝記に成る様な人は明治時代が多く、その前にゃ居なかったの?と訝しンだ私メでしたが、今回訪ねた福島・会津若松市を含む東北から、二人の奇妙な偉人が出てます。

ソレは「岩手出身の小説家・石川啄木」と、「会津出身の医学者・野口英世」両センセ。敢えて「奇妙」と付けたのは、子供向け伝記じゃ決して語られぬ、私生活が破滅してた人だからですヨ。極端に言えば、詐欺師も同然な人達。

詐欺師とは酷いですが、「口が上手でお金を引き出すのが天才的」「借りた金を無計画に浪費、放蕩に耽る」のが両センセはそっくりで、「金策に走って呉れる友人に恵まれた」のも一緒。勿論、なさった仕事はご立派ですけどネ。

啄木さんの金策をして呉れたのは、・・後の大言語学者・金田一京助センセ。英世さんの場合は東京歯科大学の創設者・血脇守之助センセで、私メも芸名「陽之助」を昔名乗ってましたンで、同じ「助」としてご同情申し上げます。

      
「野口英世青春館(旧会陽病院)」脇の広場に、英世センセの銅像が立ってましたヨ。ココに居た頃の英世さんは、横恋慕と云うか岡っ惚れと云うか、一種のストーカーに近い様な事をしてたらしく・・。ソレも青春ですナ

啄木さんは兎も角、英世さんは・・幼少時に左手の大火傷をし、ソレを手術で治して貰った事から医学を目指し、やがて優れた成果を現して外国に渡り、世界の医学の為に尽くしました・・としか読んだ伝記にゃ書いて無かったヨ。

ま、偉人全てが聖人君子じゃ面白くなく、清濁併せ呑む方が余程人間らしくて好ましい感も致しますが、振り回された親族・友人・関係者方は大変だったでしょうナ。私メも当事者だったら、「人間らしくて好ましい」とは言えませんゼ。

会津の片田舎の貧農の家から世に出た者が、まずは中心都市・会津若松の人達。続いて東京や世界のエリートさん達と伍して行く為にゃ、多少はヤバイ橋を渡らざろうを得ず、そのストレスから遊興に走るのは仕方の無い事かも。

なのに「仕方ないナ」と金策して貰ったり、見放されず世話して貰えたのは・・恐らく「人間らしくて好ましい」と思わせる魅力が有ったンでしょう。普段ナンも気にしないで千円札を使ってますが、そんな人だと会津若松で知りました。


英世さんの故郷は、会津若松と郡山との間の「猪苗代町」。東北最大の「猪苗代湖」と会津富士こと「磐梯山」の町で、会津若松と違い雪の中。十六歳までココで育ち、五十一歳でアフリカ・ガーナで亡くなってますヨ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「福島県会津若松市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「会津若松観光ナビ」会津若松観光物産協会HP
★「猪苗代・磐梯」猪苗代町観光協会HP
★「野口英世博士のあれこれ」日本銀行福島支店HP
★「旧会陽病院」喫茶店・會津壱番館HP
★「野口英世青春館」会津全集HP
★「野口英世の誕生日 実は稀代の詐欺師?」IPHON DE BLOGブログ
★「トミーフード」焼きそば名店探訪録HP

(関連する記事)
★「015 ボヤッキーは会津若松から上京した」
★「049 【やきそば02】新潟名物みかづきのイタリアン」
★「064 【名物パン04】盛岡には福田パンが有る!!」
★「278 猪苗代湖は栃木県の租界なのか?」
★「1522 【やきそば158】避難先の『浪江焼きそば』は馬九行久?・・二本松」
★「1624 【お魚料理83 】観光史学と『ニシンの山椒漬け』・・会津若松」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(英世さんって『山あり谷あり地獄あり』で、講談の題材としては魅力的です)

英世さんの銅像の在る「野口英世青春広場」は一種のフードコートの様に成ってまして、ソコで会津若松のソウルフード「トミーフードのカレー焼きそば」を売ってますヨ。新潟市や長岡市の名物「イタリアン」と同じく、フツーに焼いた焼きそばの上にカレーソースを掛けた一品。新潟じゃほぼ同じモノを「カリーナ」とか言ったりしますが、今の中高年が青春を過ごした頃にコレを売る店が人気だったソウで、ソレが復活した形に成るンだとか。カレーソースだけじゃ無く、新潟イタリアン風のミートソースまで掛けた「ミックス」を頂戴しましたが、英世さんがコレを食べたらドウ思ったンでしょうか?借りお金をコレに注ぎ込む事は無かったでしょうケド




| 2014.01.12 Sunday (00:15) | 負げるな!福島会津 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.08.18 Sunday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS