きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1626 【お肉料理47】ドッコイ生きてた「中合の手羽先」・・会津若松 | main | 1628 【名物パン170】「日本一まずいバターパン」と瑞祥地名・・喜多方 >>
1627 【やきそば174】「炒めそば」も喜多方のローカルフード


会津のシンボル「磐梯山」も、見る方向で結構姿が違いますネ。昨日の会津若松市は西南方向ですが、今日ご紹介の喜多方市は真西側。山頂の厚い雲が晴れたら最高ですが、コレだって十分以上にキレイです

福島県西南部「会津地方」を旅してますが、今日からは北部の中心都市・喜多方市へ参りました。「蔵とラーメンのまち」として売り出してる市で、全国で「喜多方ラーメン」は知られてる筈。東日本じゃ結構なブランドです。

「蔵の並ぶまち」としても賑わってますが、傍から見てると「ラーメンが主」「蔵めぐりは従」てな感じですナ。如何に素敵な街並みや文化が在っても、浮気な「姐ちゃんの喜ぶ食い物」が無いと、集客出来ンのが全国的傾向。

そんなローカルフードを「発掘」出来れば、地方の寂れた街が有名観光地に成れるかも・・てな訳で、全国アチコチで観光協会や商工会を中心に知恵を絞ってます。でもソレが簡単に探せるのなら、誰だって苦労しませんヨ。

何しろ地元者にゃ当然過ぎて、地元のドレが珍しいか全く判らン。で、勢い「B級グルメの捏造」に走る訳だ。敢えて「捏造」と申し上げますが、そんな底の浅いモンを喜ぶのは阿呆だけ。私メらの様な馬鹿は飛び付かんわ!


明治十三年(1880)の大火で街の殆どが灰燼と化した喜多方じゃ、以来蔵造りの住宅や店舗が「耐火建築」として広がります。また醸造業で栄えてたコトも有ってその仕込み蔵も合せて、今でも四千近くも在るとか

「食べ物による町興し」の成功例として挙げられるのが、今回訪ねた喜多方市。ですが本来は「蔵めぐりが主」「ラーメンは従」だったとか。時代の流れと共に壊される一方だった沢山の蔵が、TV番組を切欠に脚光を浴びた。

ソレは昭和五十年(1975)と云うから随分前ですが、ディスカバージャパンの流れも有って、大都会から物好き達が沢山やって来た。そんな旅人達が喜多方で食べた独特なラーメンを忘れず、口コミで「美味い」と広がった。

「捏造」じゃ無く、「発掘」されたローカルフード、いやB級グルメの最初って殆どそんなモンです。実際は会津全体で、昔から地域独特なラーメンが愛好されてまして、ただ単に喜多方で最初に発掘されただけナンですがネ。

「捏造」だと周知させるだけで力尽きますが、元々有ったモンだと余計な労力は要らんし、ナニより底が深いンでリピーターが増える。町興ししたい気持ちは判るけど、「外部の視線」を大切にして欲しいと思った私メでした。


蔵造りは住宅や店舗・仕込み蔵だけじゃ無く、ナント蔵造りのお寺まで在りましたヨ。「小荒山安勝寺」と云う曹洞宗の寺院で、ココも明治十三年の大火で焼けたンだとか。ソコで苦心の末に御本堂を蔵造りにすると云う、全国でも極めて珍しい形で再興されたンだとか。初めて見ました

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「福島県喜多方市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「ようこそ蔵とラーメンの町 喜多方へ」喜多方観光協会HP
★「喜多方の蔵の考察」平成の名水ものがたり きたかたHP
★「『蔵』は男のロマンである」ワークビジョンズ一級建築事務所HP
★「日本一の蔵再生によるまちおこし」喜多方まちづくりセンターHP
★「喜多方ラーメン ラーメンで町おこしの先駆」ラーメン新聞HP
★「安勝寺(福島・喜多方市)」巡礼倶楽部ブログ
★「蔵ラーメンと炒めそばなら 食堂いとう」ぐるっと会津HP

(関連する記事)
★「1087 【やきそば89】塩山の『炒めそば』と『タンメン』」
★「1495 【やきそば153】ドッチが出て来る?伊那の『ローメン』」
★「1510 【名物パン146】『ビスロール』で町興しは無理だろうか?‥桐生」
★「1624 【お魚料理83 】観光史学と『ニシンの山椒漬け』・・会津若松」
★「1625 【やきそば173】千円札の偉人と『カレー焼きそば』・・会津若松」
★「1626 【お肉料理47】ドッコイ生きてた『中合の手羽先』・・会津若松」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(「開発」型のB級グルメの熱意は買いますが、何れ消えて行くンでしょうナ)

最近は「朝からラーメンを食べる」と云う事実を発掘し、ソレで再度売り出そうとしてますが‥結局、同じ喜多方ラーメンですしネ。ならば市内数店で古くから出されてる「炒めそば」はドウでしようか?実は焼きそばブログ界の巨頭「焼きそば名店探訪録」管理人のSaltyDog氏と示し合わせ、オッサン二人で同日に同じ「食堂いとう」サンで炒めそばを食べると云う、実に馬鹿げたコトをしたンですが・・麺はラーメン用の中太か。ソレを極めてウェットなソース汁で炒めたと云う、他所じゃ余り見ない逸品。果して浮気な姐ちゃん方にウケるか如何か自信は無いですが、少なくとも私ぁ気に入りましたネ。詳細は何れSaltyDog氏が書かれるでしょうから、氏のブログ上に掲載されるまでノンビリお待ち下さいませませ




| 2014.01.14 Tuesday (00:15) | 負げるな!福島会津 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.11.23 Saturday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS