きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1631 【スナック32】「鍋大将」と都県境のコンプレックス・・和光 | main | 1633 【カレー焼19】「カレー焼き」を食べに、はるばる福山まで・・ >>
1632 【お魚料理84】「蛸入りもみじ饅頭」と謎の駅前広場・・三原


JR三原駅から三分ほど歩くと、因島や生口島等へのフェリーの出る「三原港」が在りますヨ。毎時五〜六本の船が出る様で、結構賑やかでしたネ。でも「しまなみ海道」開通前は、もっと賑やかだったとか・・海の街です

ホント久しぶりに、瀬戸内へ参りました。私メの嫁サンの実家が広島・福山市でして、もっと頻繁に帰らにゃ成らぬのですが、何しろ東京から約八百kmもの彼方。簡単に帰れる距離じゃ無く、結局去年は・・親不孝致しました。

今回は私メだけ関西へ参る予定が有りましたンで、瀬戸内まで足を延ばしましたが、一番帰りたいのは嫁サンの筈。今年は一緒に帰る様に致しませんとネ。ま、罪悪感を抱えつつも来ちまった以上、精一杯楽しみましょうか。


まず県東部の十万都市・三原へ参りましたが、ココは広島県を構成する「旧備後国」と「安芸国」の国境上に位置する街。市街地の殆どは備後の内ですが、安芸にも一部掛かってるソウな。その境目がドコか迄は知りません。

知ってるのは・・「三原城本丸の真上に駅を作った」「旧帝国海軍はココを本拠地にする心算だった」の二つだけ。コレは以前ご紹介致しました。そして帝人や三菱重工の大工場が軒を連ねて、以前はとても賑やかだった事。


駅建設の為に、お城を跡形もなく破壊しちまった新潟・長岡市よりはマシですが、三原も随分乱暴なコトをしたンで、駅の周辺アチコチに石垣やらお堀の跡とかがテキトーにとっ散らかってます。折角の城下町なのに・・

敢えて画像は載せませんが、三原駅を出ると・・ロータリーを挟んだ真正面が広い芝生に成ってますヨ。冬だから枯れてて殺風景ですが、ソレでも日向ぼっこするのに気持ち良さそうな空き地が、駅前一等地に広がってる。

他所とは違い、駅前に建物を密集させるのを敢えて止め、広々とした空間を残して人々に余裕を与えてるのか!コリャ素晴らしいと・・私ぁ一瞬感心致しましたが、客待ち中のタクシー運転手氏に聞きますと「違う」と仰る。

何年か前まで、ソコは岡山資本の天満屋デパートが建ってた場所だったとか。けれど自動車社会の地方都市じゃ駅前立地の利点は少なく、むしろ不便さが目立って集客が狙い通り進まず、やむなく撤退に追い込まれた様。

そこで再開発を狙って一旦更地にした・・のに、話が纏まらないらしい。「敢えて空き地にした」訳じゃ無く、「仕方なく空き地にしてる」のが真相だとか。余所者がとやかく言う事じゃ無いですケド、何とか成らぬモンでしょうかネ。


豊臣五大老の一人「小早川隆景」公が、その本拠地として「三原城」を築いたのを祝って真夏に行われるのが、三原名物「やっさ祭り」。あの阿波踊りのルーツの様ですが、三原駅前の問題の空き地を中央会場として、大勢が踊り狂うソウですヨ。そう云う使い方なら、実に宜しうございますヨ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「広島県福山市」への訪問記です★


(参考リンク)
★「海・山・道 夢ひらくまち」三原観光協会HP
★「見たか聞いたか三原の城は・・」三原やっさ祭り実行委員会事務局HP
★「三原港発着の船便の時刻表」三原市役所HP
★「浮城<備後国三原城>」日本の城訪問記HP
★「庁舎のあるべき姿」商業施設新聞HP
★「三原駅前市民広場」オギロパン イオン三原店 店長日記ブログ
★「三原銘菓『たこもみじ』」尾道ブログ

(関連する記事)
★「246 【名物パン16】三原のパンはシャリシャリしてる」
★「730 【やきそば39】ガトリング砲と長岡イタリアン」
★「899 【名物パン69】三原城へは駅ン中からパン持って」
★「1192 【名物パン100】三原といえば『しゃりしゃりバター』」
★「1221 【野菜果物44】しまなみ特急『瀬戸田1号』!」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(リーマンショックで建設会社が倒産したり、再開発は不運続きの様です)

三原は「タコの街」ナンだそうナ。もちろん空に上げる凧じゃ無く、食べる方の蛸です。三原市の沖合いは瀬戸内で一番島数が多く、つまり蛸の暮らし易い岩場が沢山在って、漁獲高が多いンだとか。ソコで揚げたり焼いたり煮たり炊いたりと色んな料理が有りますが、一番出色なのが・・問題の空き地の真横に在る「ゑびす屋本店」と云う和菓子屋の「たこもみじ」。広島名物「もみじ饅頭」の中に「茹でたタコ」が入ってると云う、衝撃極まりない恐るべきスイーツ!お店的には温めた方が美味いとされてる様ですが、ソウすると生臭く成ると云う意見も有るソウで、敢えて温めずに頂戴しました




| 2014.01.19 Sunday (00:15) | えぇじゃろ広島備後 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.09.16 Monday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS