きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1634 【やきそば176】「福山の焼きそば」と戦国最強のフリーランス | main | 1636 【名物パン171】今年で四百年!大阪冬の陣と「プリンシア」 >>
1635 【スイーツ100】「保命酒の花」と戦国最強のフリーランス・・鞆の浦

お蔭様で「スイーツ」もコレで百本目の記事に成りました。コレからもイロイロご紹介して参ります

福山一の景勝地と云えば、市の最南端で瀬戸内に突き出た「鞆の浦」。その全景を撮ってみましたが、左手の小高い丘が「鞆城址」で、実はココが室町幕府の終焉の地。勝成公は鞆から福山領内に初めて入ったソウです

嫁さんの実家の在る、広島・福山市を訪ねてます。と云っても今回帰ったのは私メだけで、実家に顔出しもせずにブラつき廻る親不孝ぶり。ホント申し訳ございません、反省してます。ま、突然だったンで遠慮したンですがネ。

ソレはさて置き、昨日の続き!初代福山藩主にして、「戦国最強のフリーランス」と呼び名も高き、「天下の流れ武将」水野日向守勝成公のお噂です。徳川家康公の従兄弟ですが、タダの従兄弟じゃ無い。母方の跡継ぎ息子。

大人しくしてりゃ大出世出来たのに、大人しく出来ないのが水野家の血。父親と大喧嘩して家を飛び出し、諸国流浪の旅へ。主人を乗換える事ナント十四回!しかも主人との喧嘩別れが殆どで、毎回刺客を出されてますヨ。

同じ様にイイトコの若様で有りながら、実家と大喧嘩して飛び出し、諸国流浪を繰り返した名物男に「前田慶次郎利益」と云う方が居られますナ。少年ジャンプの人気漫画の主人公に成ってましたンで、ご存じの方は多い筈。


鞆は街中がこんな立派な建物ばかりで、果してココはナニ屋さんだったかしらん?確かココは・・「保命酒」の蔵元だった様な気が致しますが。昔がそのまま残っちゃってますンで、ブラブラ歩いてて興味尽きない街ですヨ

コチラは加賀百万石の初代藩主・前田利家公の長兄の養子で、例え血縁は無くても立派な甥!コッチも大人しくしてりゃ、きっと大名に成れてた筈。なのに遅れて来た戦国の荒武者な二人は、枠に嵌められたく無かった様。

漫画じゃ慶次郎サンは抜群の男前かつ猛烈な武勇の持ち主で、女性にモテモテみたいに描かれてましたが、実際ソウだったのは勝成公の方だった様。また荒武者で終わった慶次郎サンと違い、大軍の指揮も執ってます。

ソレは「大坂夏の陣」で、家康公から直接説得を受けて水野家へ帰った勝成公は、総大将として大軍を率いて攻め掛かり、大阪城に一番旗を上げて居られますゼ。タダの捻くれ者じゃ無い、一軍の将としての才能も有った。

後にはキリシタンの籠る島原の乱で、戦国を知る最後の武将として大軍を率いて攻め込んでます。しかも息子と孫を引き連れて・・元気な爺さん!ですが若い頃に苦労したンで、下々の事情の判る名君だったソウですヨ。



瀬戸内のちょうど真ん中の風待ちの湊「鞆の浦」周辺は、水平線だけが広がる太平洋を見て育った私メからすると、もぅ信じられない位に島だらけ。しかも小さいのが沢山在りまして、ただ見てるだけでも充分楽しいですゼ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「大阪府大阪市中央区」への訪問記です★

(参考リンク)
★「日本でもっとも癒される港町」鞆物語HP
★「鞆の浦のことなら‥」鞆の浦Navi HP
★「広島県福山市(2)鞆の浦の古い街並み」裏辺研究所HP
★「福山藩祖・水野勝成の第一歩」備後の郷土史を追ってブログ
★「水野勝成を大河ドラマの主人公に、という提案。」はんこ棚。ブログ
★「前田慶次郎」石川県の城跡HP
★「保命酒の花(酒粕)」入江豊三郎本店HP

(関連する記事)
★「422 【お米料理25】面倒臭いお殿サマと、福山名物『うずみ』」
★「550 【お魚料理28】鞆ノ浦で滅んだ幕府と英雄」
★「551 【お魚料理29】鞆問題から外野は手を引け!」
★「1101 【お魚料理61】瀬戸内の小魚『いしかべり』と朝鮮通信使」
★「1162 【名物パン91】高潮溢れる鞆の浦で『アブラパン』を」
★「1163 【お魚料理66】歴史溢れる鞆の浦で『柿天』を」
★「1319 【お魚料理72】歴史を変えた大ペテンと『鯛の醤油焼き』‥鞆の浦」
★「1634 【やきそば176】『福山の焼きそば』と戦国最強のフリーランス」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(福山から依頼が来ないかナ?そしたら全十席の連続講談にしますが)

もう何度も鞆にゃ来てるのに、ココの最大の名物をご紹介して無かった・・あぁナンてこった!ソレが「保命酒(ほうめいしゅ)」なる甘〜い健康酒で、万治二年(1659)から鞆の浦で醸造され、今でも四軒の蔵元で作られてますヨ。「養命酒」の様なモンとご理解戴くのが一番早いですが、チョット違いますネ。日本に来航したアメリカ海軍のペリー提督らに、江戸幕府が「日本を代表するお酒として飲ませた」と云う逸話が有りまして、つまり昔のお酒って甘かったンだと教えて呉れます。コリャ全く天然の甘さナンですが、私メにゃ甘過ぎて辛いンで・・専ら「保命酒の花」なる酒粕(当然ソレも甘い)を買うンです。そしてお菓子代りに適当につまんで食べる!誰がナンと言おうと、こりゃ絶対に絶対に絶対に「スイーツ」です。なお鞆の街に行って貰えれば、「花」を材料にした各種スイーツを出す店が結構在ったりします




| 2014.01.22 Wednesday (00:15) | 嫁のふるさと福山市 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.17 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS