きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1698 【スイーツ110】白いフェリーと「赤い寒天」とアニメ町おこし・・大洗 | main | 1700 フラワータイムなぞの金曜日 767回/768回放送 >>
1699 【野菜果物62】「辛子どうふ」とホントは中山道の岐阜市


金華山の麓、長良川に架かる「長良橋」界隈は、前夜の雪が多少残ってました。河畔に並ぶこの船は、夏の鵜飼い見物用のモノ。毎年五月十一日から鵜飼は始まるソウですが、シーズンオフの只今は静かなモンです

岐阜市に参りました。今冬は全国的に大雪続きで、私メの住む東京も数十年ぶりの大雪に二度も襲われましたヨ。東北や北陸の方から見ても「コリャ大変」級なドカ雪だったらしく、慣れてない東京者が難渋したのは当り前。

岐阜県も多かったソウですが、東京と違って毎冬酷いンで慣れてるとか。北陸に押し寄せた日本海側の雪雲が、高い山の無い福井の若狭湾で逃げ道を見い出し、コレ幸いと琵琶湖〜関ヶ原を通り抜け、濃尾平野で大暴れ!


岐阜市の辺りでも「膝まで埋まる位の雪が、毎年二度は降る」のが通例らしく、成る程「中山道沿いは寒いンだ」と思わせて呉れますヨ。えっ、岐阜は東海道じゃ無いのかって・・ソレは鉄道の場合だけで、岐阜は立派な中山道。

江戸と京都の間を、神奈川・静岡・愛知・三重・滋賀県と、海沿いに進むのが「東海道」。埼玉・群馬・長野・岐阜・滋賀県と、海なし県ばかりを通るのが「中山道」。岐阜市(南部の加納地域)は中山道の宿場町だったりする。


長良橋の近くに残る古い町並み「川原町」は、長良川水運の港町として栄えた街。鉄道の開通で水運が無くなり、ソレに伴い衰退しましたが、最近見直されて観光地化してますネ。鵜飼が始まると賑やかに成るソウです

昔の街道名をそのまま名乗ってる鉄道路線は、JRの「東海道本線」と「東海道新幹線」位だと聞きますネ。新幹線は兎も角、本線の方は日本の骨格として明治二十二年(1889)に、東京から神戸まで全線が開通してます。

国の命運をかけた大プロジェクトで、ソレまで徒歩で二週間以上掛かったのが、たったの二十時間に!但し当初予定のルートから、大きく逸脱した形で作られてます。開業当時は「兵隊さんの輸送」が鉄道の主目的の一つ。

明治政府じゃ軍隊は大いに幅を利かし、陸軍が
「東海道は敵艦から砲撃される惧れが有る、よって中山道に鉄道を敷設する様に」と口出ししたンだとか。が当時の力の無いSLじゃ、中山道の峠道はとても越えられない・・。

仕方なく、名古屋以東は東海道沿い・名古屋以西は中山道沿い
の比較的平坦なルートが選ばれ、全線開業が優先されますヨ。「東海道部分の方が長い」と云う理由で、東海道本線が岐阜を通る事に・・岐阜は中山道です!


長良橋から金華山
(328m)を眺めてみれば、山頂に「岐阜城」が見えてるじゃん!織田信長公が古い山城を破却し、永禄十年(1561)に本拠として新たに造営したお城ですヨ。関ケ原合戦後に廃城と成り、現在のソレは昭和三十一年(1956)に鉄筋コンクリートで再現されたモノ。ロープウェイで上がれますが、まだ寒いンでパス致しました。眺めは抜群らしいンですが

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「愛知県名古屋市中区」への訪問記です★


(参考リンク)
★「岐阜市漫遊」岐阜観光コンベンション協会HP
★「長良川湖畔で古い商家町屋の姿を残す『川原町』‥」たびねすHP
★「ぎふ長良川鵜飼」岐阜市鵜飼観覧船事務所HP
★「岐阜城」岐阜観光コンベンション協会HP
★「川上幸義の東海道線創業史」北山敏和の鉄道いまむかしHP
★「中山道を東海道線が走る不思議」牧師の部屋ブログ
★「中山道〜いにしえの街道ロマンを綴る旅路〜」岐阜ポートフォリオHP
★「中山道 加納宿・河渡宿」岐阜観光コンベンション協会HP
★「岐阜県民の食べ物?"からし豆腐"」飛騨のかっぺたんブログ

(関連する記事)
★「755 【やきそば41】中津川の『塩焼きそば』」
★「756 【スイーツ36】栗きんとんの『おこげ』・・中津川」
★「757 【やきそば42】『鶏ちゃん焼きそば』で乾杯!」
★「758 【団子饅頭26】馬籠で『三色からすみ』を!」
★「856 【スイーツ42】真っ白な伊吹山と真っ赤な『柿羊羹』‥大垣」
★「857 【粉なモン15】甦った川原町界隈と、岐阜名物『なま麩』」

★「858 【名物パン64】『やなな』の奮闘と、岐阜の『おけパン』」
★「960 【スイーツ52】中山道太田宿と『みの焼せんべい』」
★「1507 【粉なモン27】中山道の講談と『吹上フライ』・・鴻巣」
★「1530 【お米料理105】岐阜市のソウルフード『高等ライス』と斎藤道三」
★「1531 【やきそば160】柳ケ瀬の『太麺焼きそば』と口裂け女‥岐阜市」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(私ぁ東海道沿いで育ち、そして只今は中山道沿いに住んでまして・・ネ)

本来は夏の食べ物ですが、寒い季節だって充分以上に美味しいのが岐阜名物「辛子とうふ」。半球形の木綿豆腐で、中に辛子が入れられ、表面には青のりがパラパラっと・・。ツーンと鼻を抜ける辛みが酒の肴に最高で、夏なら冷酒・冬なら熱燗の良き友でございますナ。作るのに手間が掛かるらしく、だからか?他県じゃ滅多に見ませんネ。お店によっては春先から作り始めるソウで、コレが売り出されると春が来たと云う事らしいです




| 2014.03.21 Friday (00:15) | 岐阜はエエとこやで | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.11.20 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS