きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1705 【名物パン180】ライトアップ岡山城と「アサヒブレッドのバナナサンド」 | main | 1707 【保存食品44】夜の倉敷美観地区と「バナナクリーム」 >>
1706 【スイーツ112】「栗のぶに!」と四百年近く続く商店街・・福山


福山市は駅から少し離れたトコに、長めのアーケード商店街がT字状に繋がってます。こちらは縦棒部分の「ジョイふなまち
(本通舟町商店街)」で、ソウルフード「肉めしと関東煮」の老舗・稲田屋サンが、右手に見えてますヨ

私ぁ講談と云う、「昔の事件や人物伝」をまるで見て来たかの様に、面白おかしくシリアスに、如何にも事実っぽく語る寄席芸が稼業でございます。正直申しますと・・その殆どは虚構で、真実なんて僅かしか無かったりする。

ま、ソレはご承知お約束「上手に嘘を付いてるナ」程度の感覚で、私メら講釈師の高座にお付き合い願いたいと存じますヨ。お偉い学者センセじゃ有りませんので、メモとかを取って感心されちまうと逆に弱っちゃう。芸です芸!

ですが「最良のウソは真実を多少混ぜる」の金言通り、歴史事実や考証は懸命に勉強を致しますし、根他の現場を訪ねる努力も必要ですナ。同年輩の噺家連中と話してると、私メらは無駄に知識を持ってると実感しますゼ。

登場人物の演じ分けの為に「言葉遣いや方言」にも気を遣わねばならず、「ナンでこんな苦労しなくちゃ成らぬのか」と自問した事も数知れず。尤も好きで講釈師をやってンだから、贅沢言ったらお天道様に叱られますがネ。


コチラはT字の横棒部分の「本通ファースト商店街」。初代藩主・水野勝成公が入城した四百年近く前から続く、福山じゃ最古の商店街とか。確かに立派ナンですが、郊外の大型SCに負けちまった様で・・人影が疎らです

江戸前の寄席芸人ですから、標準語と江戸弁が話せりゃ良いンですが、ソレだって一度ゼロから覚え直し。高座で活舌よく話す為にゃ、持ち前の音便が「果たして正しいの?」と己を見つめ直す事が必要って・・あぁ面倒臭い。

だもんで‥旅先で「判らない言葉」に出会うと、妙な興味が湧いちまう。我が女房ドノの実家の在る広島・福山市辺りの言葉で、「ぶに」と云うのが有ります。標準語に訳すと、「モノ」とか「〜の分」てぇ意味らしい(女房談)

何しろ「このぶにめげとる」てな文章が最初の遭遇で、何のコッチャか全く判らン!講談にゃ絶対出て来ぬ表現だから、放っといても一向に構わンけれど、気に成る気に成る。正解は「この機械は壊れてます」・・判るか!

この謎の言葉「ぶに」は結構使われてる様で、通称「栗のぶに」で知られる和菓子が有るンだとか。「備後御栗利休」と云う立派な本名が有りますが、「栗のぶに」と言って注文したらチャンと出て来ましたヨ。日本は広いです。


新幹線「のぞみ」号の停まる、人口四十七万の大都市なのに・・福山は駅前だって少し閑散としてます。再開発が少しずつ進んでますが、ソレが成功してるとは言えない様で、多少以上にご縁の有る者として歯痒いですネ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「岡山県倉敷市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「ノスタルジック&モダンな街ふくやま」福山観光コンベンション協会HP
★「福山市の商店街」福山市商店街振興組合連合会HP
★「福山市『新町遊郭』跡の歓楽街と福山駅周辺の町並み(2)」日本DEEP案内ブログ
★「福山弁」ageha−hairブログ
★「福山弁講座」みやちゃんの前進微速ブログ
★「ジャムのぶに!虎屋本舗 春のお菓子まつり」備後・福山INFOMATIONブログ
★「福山商人道と城下風情を伝えてもうすぐ400年」備後福山 虎屋本舗HP
★「『栗のぶに!』としてものすごい勢いで売れています。」備後福山 虎屋本舗HP
★「備後御栗利休」氷上のピンゲン・ブログ

(関連する記事)
★「420 【お米料理24】福山城は新幹線ホームの目の前」
★「421 【お肉料理07】福山駅前ブラブラお散歩」
★「422 【お米料理25】面倒臭いお殿サマと、福山名物『うずみ』」
★「713 【揚げモン24】東日本人は福山の街で妄想する」
★「1218 【お米料理79】コレこそ本当の福山名物『肉めし』」
★「1219 【名物パン106】コレも福山だけの名物『たまごパン』」
★「1633 【カレー焼19】『カレー焼き』を食べに、はるばる福山まで・・」
★「1634 【やきそば176】『福山の焼きそば』と戦国最強のフリーランス」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(岡山弁と広島弁と愛知・三河弁を混ぜますと、福山弁に成る様な気が)

さあ、コレが問題の「栗のぶに」でございますヨ。福山藩御用達のお菓子司で、約四百年の歴史を持つ福山一の老舗・虎屋本舗さんが作ってる栗羊羹で、正しい名前は「備後御栗利休(びんごおんくりりきゅう)」と申します。但し当たり前の栗羊羹とは全く違い、栗ペーストで作った芋羊羹と云うか、確かに栗!としか言い様のない竿状の塊に、栗の粒が所々に乗せられ、その上からフツーの羊羹がコーティングされて居る、実に贅沢な和菓子です




| 2014.03.27 Thursday (00:15) | 嫁のふるさと福山市 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.09.24 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS