きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1708 【お魚料理89】「ママカリの酢漬け」と夜の倉敷本町・東町 | main | 1711 【揚げモン53】謂れなき汚名の偉人と「アジの唐揚げ」・・染井 >>
1710 【お米料理119】「純レバ丼」とモクレン咲く運河・・東陽町


東京・江東区は海に面してるだけ有って、埋立地と埋立地の間に通る運河が実に多いトコです。その一つ「汐浜運河」沿いには「潮風の散歩道」なる遊歩道が設置され、都内じゃ最多のハクモクレンの木が植えられてます

只今ご覧のこのブログは、「きこしめす講釈師」なる多少マトモな名前に変更して、明日で満一周年を迎えます。しかも絶える事なき「毎日更新」が続いてまして、コリャ全て皆様方のご愛顧のお蔭だと感謝致して居りますヨ。

但し「その日の出来事を毎日ご紹介する」と云うのはドウにも無理で、基本的に「二週間から一ヶ月」程度のタイムラグが生じてしまいます。コリャ余裕の有る時に書き溜めてるからでして、何卒ご容赦頂けます様に願います。

だモンで、多少季節外れに成った根多が出て来る事も有りますが、営利目的でブログを更新してる訳じゃ無いンで、コレもご容赦下さいませ。一応気を付けてますが、寄席芸人風情の致す事。怒るのは野暮ってモンですゼ。

全国的にほぼ例年並みの開花宣言に成り、拙宅近くの東京・駒込染井村で発祥した「ソメイヨシノ」を愛でようと云う人が多い筈ですが、ソレのご紹介は明日から。何しろ桜・桜に成る前に、ご案内したいモンが有ンのヨ!


ドチラも「マグノリア」の一種ですが、日本原産で「花に葉っぱが一枚付いてる」「横向きに咲く」のがコブシ。中国原産で「花に葉っぱが付いてない」「上を向いて咲く」のがモクレンだとか。桜の寸前に咲くのはモクレンです

ソレは江東区東陽町で「モクレンの花が満開だった」と云う事。この界隈は江戸時代の埋立地で、汐浜運河は昔の海岸線と聞きます。埋立が進んで海は結構遠く成り、高潮対策として運河沿いは殺風景なコンクリ護岸に。

ソレを少しでも和らげようと、一km以上に渡ってハクモクレンが植えられてますヨ。桜並木は矢鱈に在るけれど、モクレン並木は中々珍しい。ホント気の毒な花で、ほぼ同時期に咲くのに「桜ばっかし褒め称えられてる」気が。

昔は赤いのしか無かったンで、「木蘭」と漢字を当てたとか。処が日本人は白を好む民族で、白いのが普及すると「木蓮」に変わったらしい。蕾の間は全てが北を向いてるンで、「コンパスフラワー」と云う別名も有るンだとか。

梅や桜の名所は多いけど、モクレンは汐浜が都内一の名所!中国じゃコレで花見をする様ですが(ドンチャン騒ぎは無いとか)、日本じゃ流行らんか・・勿体無い。花の下で「純レバ丼」を食べ乍ら、残念がってた私メでした。



モクレンは赤いのが本来の姿で、本数だけじゃなく種類も多い汐浜運河沿いにゃ、赤いのも所々植えられてましたヨ。でもコレは‥日本人の美意識には合い難い色ですナ。南国の蘭の様・・だから「木蘭」だったのか

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「東京都豊島区染井」への訪問記です★

(参考リンク)
★「江東おでかけ情報局」江東区観光協会HP
★「江東区の地域情報ポータルサイト」江東区時間HP
★「東陽町散歩」日本経済新聞東陽町専売所HP
★「汐浜運河」東京都港湾局HP
★「汐浜運河の木蓮」今日もお出かけですか?ブログ
★「東陽町汐浜運河の白木蓮」日々あれこれブログ
★「コブシとモクレン 違いを知りました」楽しいリタイア人生をめざしてブログ
★「マグノリアの不思議」今をときめかせるLANIセラピー・ブログ
★「一度食べたら忘れない 『純レバ丼』の純な味」現代ビジネスHP
★「北砂の純レバ丼『ぱやよし』」豆いぬくんプレゼンツ・モテ店訪問記ブログ

(関連する記事)
★「167 【団子饅頭05】西日本に『すあま』は無いらしい」
★「455 【東京十社04】今年は本祭り!富岡八幡宮」
★「562 【東京十社07】亀戸天神にはカメが居る」
★「604 【お魚料理33】忠敬先生、接待攻勢に悲鳴を上げる」
★「1141 【麺類色々72】『金ちゃんヌードル』と東京港フェリーターミナル」
★「1182 【名物パン96】世界初の『カレーパン』!と芭蕉翁‥森下」
★「1199 【名物パン102】大きなゲートブリッジと『小さなミニスナックゴールド』」
★「1397 【名物パン129】菖蒲町に菖蒲の花を見に行こう!」
★「1398 【スナック21】散歩に最適!ららぽーと豊洲と海と『ガレット』」

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(要するに桜の咲くが待ちきれず、何でもイイから花を見たかったンですナ)

さて私メが満開のハクモクレンの下で食べましたのは、江東区を含む東京・城東地区のローカルフード「純レバ丼」。甘辛く焼いた鶏レバーがご飯に載ってると云うだけのシンプル料理ですが、シンブルなだけに鶏レバーの焼き方次第で美味い不味いの差が出ますナ。東陽町からほど近い北砂の純レバ丼専門店「ぱやよし」サンでお弁当にして貰いましたが、お花見シーズンで肝臓を酷使するだけに、今の内に栄養補給をしときませんと。なお「ナゼ『純レバ』と呼ぶのか?」は簡単で、レバニラ炒めのニラ抜きで純粋にレバーしか炒めないから‥だとされてます。聞いた話ですけどネ




| 2014.03.30 Sunday (00:15) | 江東・江戸川の逆襲 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.17 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS