きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1722 【お米料理122】夜桜咲く海辺の山で「やきとりカレー」・・静岡蒲原 | main | 1724 【お米料理124】桜咲く遠州森町で「森のいかめし」を >>
1723 【お米料理123】桜咲く故郷の城と「しらすむすび」・・静岡市


流石に「権現さま(徳川家康公)」が天下普請で築かせただけ有って、静岡市の中心に建つ「駿府城」は立派なモン。県庁等が中堀と外堀の間に建って居ますが、ちょうど満開だったンでお堀沿いは絶景でしたヨ

東京から桜を求め、ナゼか西へ向かう私メでございます。最終的には大阪城まで行きますけれど、今日は駿府城の在る静岡市葵区へ。城郭自体の規模じゃ劣りますが、こと天守閣は駿府城の方が大きかったとか。

天下人・徳川家康公がこよなく愛した駿府の街(今の静岡市の中心部)。生涯をココで終える事を願って建てた「天下人の城」だけに、いささか豪勢過ぎたらしいンですナ。幕府は維持費の捻出が出来なかったみたい。


中堀から「東御門」を潜りますと、今を盛りに咲き誇る桜の姿がアチコチに!郭内は明治時代に内堀が埋め立てられて、市民がくつろぐ広々とした公園や庭園に成ってます。私ぁココで遊んで育った様なモンです

ならば誰か大名でも住まわせれば良かったンですが、「権現さま御遺愛の地、畏れ多い」てぇンでソウも成らず。京都・大阪に準ずるトップクラスの直轄地として扱いますが、城内の建物は朽ちるに任せて居たらしい。

全国二位の大天守閣も、火事で焼けたっきり。むしろ無い事に慣れてたンで、終戦後に全国で起きた天守閣復興ブームの中でも、「ウチも」と云う動きに成らなかったのが・・如何にも駿府人気質。オットリし過ぎだヨ。


駿府城本丸の真ん中に、「権現さま」が立って居られますヨ。権現さまは静岡で育ち、静岡から天下を取って、幕府を開くと直ぐに静岡に帰り、そして静岡で亡くなられたお方。私メら静岡人が崇拝する英雄です

遅ればせながら「ウチも造ろう」と成ったら、東海地震が近々起きると言われてソレどころじゃ無く成り、或る程度の備えも出来たンで「今度こそ」と成ったら、文化庁から「イイ加減なモンを作っちゃ成らぬ」と叱られる。

「史実通りに再建しなさい」てぇお国の方針で、幕府でさえ維持出来なかった巨城だと‥一体幾ら掛かるの?しかも静岡は耐震対策が厳しく、その費用もシャレに成らない。だから天守閣再建は毎回頓挫してます。



権現さま像の直ぐソバに、「お手植えのみかん」なる木が在りますヨ(画像中央下側の金網で囲まれた低木ですナ、桜に囲まれ守られてます)。もちろん何代目かに成ってる筈ですが、いかにも静岡らしい宝物です

私メの「生まれ故郷」と「現住所」は東京・板橋区ですが、「育ち故郷」は駿府城の近くで、お城ん中で遊んで育った様なモノ。なかなか桜の季節に帰るコトが出来ず、満開の駿府城を歩けたのは何年振りだろうか?

故郷の桜は他所よりキレイに思えるのは当然ですが、コレに加えて天守閣が在ったなら・・凄かったでしょうナ。大阪や名古屋の様に、規制が緩かった時期に建てて置けば・・。ソレでも、故郷の桜は有難いです。


お城の桜だけだもご馳走様でしたが、どうせだからとブラブラ歩いて駿府総鎮守・駿河国総社の「静岡浅間神社」まで。国の重文の社殿の近くでも、桜が見事に咲いてましたネ。毎年四月初めに行われる「浅間さんの廿日会祭(静岡まつり)」が、静岡市最大のお祭りだったりしますヨ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「静岡県周智郡森町」への訪問記です★

(参考リンク)

★「ようこそ静岡へ」静岡観光コンベンション協会HP
★「しずおかいいとこマップ」静岡市シティプロモーションHP
★「駿府城跡」静岡市役所HP
★「駿府城二ノ丸 東御門・巽櫓」静岡市役所公園整備課HP
★「大御所の城『駿府城』とは?」静岡観光コンベンション協会HP
★「【行ってみた!】静岡県/駿府城」Travelers Media ブログ
★「徳川家康公お手植えのみかんを配布しています」静岡市文化財資料館ブログ
★「駿河国総社・せんげんさん」静岡浅間神社HP
★「廿日会祭例大祭」静岡浅間神社HP
★「静岡まつり〜 駿府大御所徳川家康公時代絵巻」静岡まつり実行委員会HP
★「毎月10日は天神の日」おむすび、お弁当の天神屋HP


(関連する記事)
★「434 【お米料理26】長政サンはココから世界に旅立った」
★「984 【やきそば70】滅多に見せない臨済寺と『鳴門巻き焼きそば』‥静岡市」
★「985 【スイーツ55】走れ銀輪!甘過ぎる『クリームみつ豆』‥静岡市」
★「1206 【お米料理78】人生最愛の駅弁『鯛めし』‥静岡市」
★「1442 【スイーツ85】正しいお茶の入れ方と『茶っふる』‥静岡市」
★「1471 【やきそば150】『温泉玉子マヨ焼きそば』と大御所さま‥静岡市」
★「1583 【野菜果物60】静岡市の焼き芋は釜で焼く」
★「1615 【名物パン168】『日本初のサンドイッチ』と夜の静岡市」
★「1722 【お米料理121】夜桜咲く海辺の山で『やきとりカレー』・・静岡蒲原」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(黄金に輝く天守閣を、果たして生きてる内に見れるのか不安です)


静岡に居た頃はソウと全く知らず、最近に成って「ドウやら珍しいモンだったらしい」と気付いたのが、静岡最大のお弁当チェーン「天神屋」さんの大定番「しらすむすび」。まず前提として濃口醤油で味付けして炊くだけの「さくらごはん」と云う静岡の家庭食が有りまして、ソコにシラスを入れて食べ易くおむすびにした・・だけのシンプルさ。私メが子供の頃から有りまして、もぁ当り前過ぎて当り前過ぎて‥他所の県にゃ無い事に全く気が付きませんでした。因みに静岡じゃ「おにぎり」じゃ無く、徳川将軍家の準本拠地として「おむすび」と江戸前に呼びますゼ




| 2014.04.10 Thursday (00:15) | 我がふるさと静岡市 | - | - |
スポンサーサイト



| 2018.11.14 Wednesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS