きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1723 【お米料理123】桜咲く故郷の城と「しらすむすび」・・静岡市 | main | 1725 【名物パン182】「あんきり」と史上最強の伝令・・新城 >>
1724 【お米料理124】桜咲く遠州森町で「森のいかめし」を


遠江国(静岡県西部)の一宮「小国(おくに)神社」は、千五百年近くの歴史を誇る古社。「大己貴命(大国主命、いわゆる大黒さま)」をお祀りしてるのに「小国」とは謎ですが、余りに昔のコト過ぎて良く判らないとか

東京から桜を求め、少しずつ西へ向かう私メでございます。静岡市に続いて参りましたのは、同県西部の森町(もりまち)へ。「馬鹿は死ななきゃ直らない」でお馴染みの侠客「森の石松」の出身地とされてる街です。

処がソレが疑わしい。石松の出て来る「清水次郎長伝」は元々講談で、我が一門の芸祖「神田伯山」師が拵えたお物語。実在の方も出て参りますが、少なくとも石松は虚構の筈。「三保の豚松」サンがモデルですヨ。


小国神社への参道は、樹齢ウン百年の杉の大木に囲まれた「古代の森」の中。南アルプスの南端に連なる広大な森で、流石に「一宮」てぇ貫禄が。「古代」は言い過ぎですが、荘厳な雰囲気を醸し出してます

私メが言うのもヘンですが、講談を信じちゃダメ!見て来た様なウソを付くのが講談で、かなりの部分は虚構から成ってる。この森町じゃ実在の人物として扱い、ナントお墓まで在ったりしますが・・居ない居ない


貴重な観光資源として、「石松の故郷」を売り出したい気持ちは良く判りますが、ソレで良いのか森町は?ココには「小国神社」と云う立派な古社が在り、しかも一宮として地域の絶大な信仰を集めて居るじゃンか。


参道は深い森ですが、奥の社殿周辺と入口の駐車場辺りは桜が満開でしたネ。森が深い分だけ気温が少し低いらしく、里より咲くのが数日遅いとか。花見宴会は無理ですが、静岡西部じゃ桜で有名なトコです

住んだ事が無いとは云え、私メのルーツは確かに静岡西部の「遠江地方(地元じゃ『遠州』と称します)」。両親が定年帰郷した事も有って、度々帰ってますヨ。その遠州で一番エライ神社が、森町の小国神社サマだ。

そりゃ伊勢神宮サマや出雲大社サマ等と比べるとマイナーで格下ですが、遠州だけで人口は百三十万以上。全都道府県の中じゃ三十二位の岩手県より多く、三十三位の大分県や三十四位の石川県よりも多い。


規模は遥かに小さいけれど、雰囲気がナンとなく似てると、森町は「遠州の小京都」を称してますヨ。全国に小京都と称する街は数多く、百ヵ所近く在るとか‥。この日は縁日で大勢の観光客が街を歩いてました

つまり高望みさえしなければ、十分にマーケティングが成り立つ規模の筈。ソコの一宮ともなれば大したモンで、実際ソレなり以上の参拝客を集めてますヨ。また桜も紅葉も遠州じゃ名所で、初詣も地域じゃ有数だ。

遠からず「忘れられた存在に成る」コト必至の石松より、不滅の輝きを保つ一宮の方が確実で発展性も‥。ま、私メ如きが言わンでも、昔と違って門前の茶店が充実しつつ有ると思いましたし、面白かったですが。


森町中心街の近くを流れる「太田川」に、「千本桜」と称する素敵な桜堤が在りましたヨ。約二kmの間に千本の桜が連なってるソウで、小国神社と違って土手沿いは温暖らしく?随分と散り掛けに成ってました

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「愛知県新城市」への訪問記です★

(参考リンク)

★「遠州の小京都 ええら森町」遠州森町ポータルサイトHP
★「厳としてたたずむ太古の社」遠江國一宮 小国神社HP
★「小国神社で縁結びと四季折々を楽しむ」たびねすHP
★「森町 小国神社の桜は満開です。」フーちゃんのカメラウォッチング・ブログ
★「遠州森の古い町並み」一路一会HP
★「川辺の春満開、太田川桜堤」静岡県庁HP
★「遠州小國神社の新名所」ことまち横丁HP
★「【森町】いかめし対決!?」萌えよドラゴン なまらヨカくさ!!ブログ

(関連する記事)
★「494 【団子饅頭18】法多山とだんごとエコパと・・」
★「591 【お魚料理31】まぼろしの二代将軍『徳川信康』・・天竜二俣」
★「592 【団子饅頭22】馬鹿は死んでも治らない・・遠州森町」
★「999 【団子饅頭41】しっぺいと『みそまんじゅう』‥磐田」
★「1001 【スイーツ57】願いが叶う神社と『子育て飴』‥日坂宿」
★「1116 【お肉料理25】東海道ど真ん中で『たまごふわふわ』‥袋井」
★「1117 【お肉料理26】三日坊さんより『遠州餃子』‥袋井」
★「1335 【やきそば132】知らざぁ言って喰いやしょう‥磐田」
★「1585 【呑みモン45】秋葉神社と『みかんハイボール』・・天竜区」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(町を『ちょう』じゃ無く、『まち』と読ませるのは静岡県じゃココだけです)


小国神社の鳥居脇に出来た門前茶店「ことまち横丁」を覗いてみましたら、「小国ジンジャー」なる駄洒落な飲み物を売ってましたが、コレに負けず劣らず級なのが「姉妹町の北海道・森町から取り寄せた『いかめし』」‥。遠州森町は内陸でイカの捕れる筈も無く、確かにこりゃ北海道のナンでしょうが‥神聖なる一宮の御門前で、洒落で商売して宜しいの?けれど醤油で煮たイカ特有の旨そうな匂いに負け、私ぁ気付けばムシャムシャ食べてましたネ。ま、姉妹町なら宜しいンじゃ無い?




| 2014.04.11 Friday (00:15) | やらまいか静岡遠州 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.13 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS