きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1727 【鳥人列伝09】飛行神社と「カレー中華」・・八幡市 | main | 1729 【お肉料理51】大川沿いの桜と「だし巻き玉子」・・大阪 >>
1728 【団子饅頭58】岩清水八幡宮の桜と「走井餅」・・八幡市


日本三大八幡の一つ「石清水八幡宮」は、貞観二年(860)に勧請された清和源氏の氏神で、朝廷からも厚く崇拝されて来ましたヨ。男山の山頂に建つ御本殿は国の重文で、徳川家光公により寄進されてます

東京から桜を求め、ナゼか西へ向かった私メでございます。この酔狂な旅も関西に達し、淀川沿いの京都・八幡市へ参りましたヨ。ココには私メが予てから行きたかった神社が二つも在って、花見がてらのご参拝。

まず「飛行神社」を昨日ご紹介致しましたが、誠に不敬ながらアソコは大した由緒の有るお社じゃ無い。処が市名の由来にも成ってる「石清水八幡宮」は日本三大八幡の一つで、日本三社の一つでも有る大社です。


日本三社とは「伊勢神宮」「上賀茂&下鴨神社」と「石清水八幡宮」の事で、よくある自称じゃ無く、朝廷が定めたモノだとか。本来なら「宇佐八幡宮」ナンでしょうが、九州は遠すぎるとコチラが選ばれた様ですネ

日本中ドコに行っても「八幡神社」が在りますナ(北海道と沖縄は除く)。鎌倉・室町の両幕府の将軍サマは「清和源氏」で、江戸幕府の徳川将軍家もその末裔と称してましたンで、氏神の八幡サマを方々に祀った。

また八幡サマは武士階層から「武運の神」として崇拝されたンで、競って領地に祀ったンでしょう。だからドコに行っても「鎮守サマ」として、八幡神社が多く見受けられます。総本社は大分・宇佐市の「宇佐八幡宮」。


石清水八幡宮が武家だけじゃ無く、朝廷や公家達からも崇拝されたのは、平安京の裏鬼門(南西)方向の封じとされたから。正鬼門(北東)の封じたる比叡山延暦寺と共に、迷信深い時代には頼られたンでしょう

弘法大師サマのお弟子で、朝廷の命で宇佐八幡へ参篭してた「行教大法師」が、八幡神のご神託を受けますヨ。「都に近い男山の山頂に神社を建てろ」てなモンらしく、時の清和天皇サマは驚いて社殿を建てます。

こうして石清水は出来たソウですヨ。さて源氏にも色んな一族が有りまして、武士に成って幕府を開いたのは清和天皇サマの子孫たち。我がご先祖が建てた神社だからと氏神にし、前述の理由で全国に広まった。


発明王エジソンが白熱電球を開発した時、フィラメントとして岩清水八幡の青竹を使ったソウで、その関係で境内に「エジソン記念碑」が!その前に「電気自動車の充電スタンド」が在ったのが、面白かったです

私メら東京在住の者は、八幡サマと云えば「深川の富岡八幡宮」。或いは「鎌倉の鶴ヶ岡八幡宮」と連想しますが、何れも石清水から分祀されたお社だとか。東日本各地に在る八幡サマは、殆どがココのご分家だ。

精一杯頑張って鎌倉幕府の成立から数えても、東京や関東はせいぜい八百年の歴史しか無いですヨ。そんな関東の歴史は武士が作って来たモノ。その精神的基盤と成ったのはココだったかと、感慨深かったです。


東京じゃ随分散ってたのに、岩清水八幡の境内はソメイヨシノが満開でしたヨ。ただ如何に男山は低い(143m)と云っても、間違いなく山でして‥歩いて登るとあぁ大変。もうオッサンなんだから、つまらぬ意地を張らずにケーブルカーに乗るべきだったと後悔しきり。ですが苦労した分だけ、山頂で咲き誇る桜が一層キレイに見えた様な気がしました

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑


★明日は「大阪府大阪市北区」への訪問記です★

(参考リンク)

★「やはた まるごとナビ」八幡市観光協会HP
★「やわたのはちまんさん」石清水八幡宮HP
★「石清水八幡宮と男山周辺散歩」京阪奈ぶらり散歩HP
★「京の読み物 石清水八幡宮宮司」そうだ京都、行こう。JR東海HP
★「桜咲く男山・石清水八幡宮」貯豆庫ブログ
★「石清水八幡宮の桜」TAKAさんの毎日が発見・ブログ
★「はちまんさんとエジソン」石清水八幡宮HP
★「おかげさまで創業250年!」やわた走井餅老舗HP
★「走井餅」京都にての一品HP

(関連する記事)

★「455 【東京十社04】今年は本祭り!富岡八幡宮」
★「911 【麺類色々52】清酒の町・伏見で『きざみそば』」
★「912 【名物パン71】伏見の『なつかし菓子パン』と寺田屋事件」
★「972 【お米料理67】宇治川の合戦と『鰻いいむし』」
★「973 【スイーツ54】紫式部センセも『宇治抹茶ソフト』を食べたがるか?」
★「1019 【お米料理72】隠元禅師と煎茶道と『衣笠丼』」
★「1288 【お肉料理35】『名刀正宗』と商標登録できない『鎌倉ハム』‥鎌倉」
★「1361 【揚げモン48】伏見稲荷と『大き過ぎる京揚げ』
★「1727 【鳥人列伝09】飛行神社と『カレー中華』・・八幡市


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(宇佐八幡も行った事には有りますが、アレは小学生の頃でしたナ‥)


歴史ある神社には、歴史ある和菓子が大抵有りますネ。石清水八幡宮には二百五十年の歴史を誇る「走井餅」が有りますンで、山頂の出店で買って参りましたヨ。私メらの講談にも良く出て来る名刀匠「三条小鍛冶宗近」が、走井の清水で刀を鍛えたコトに由来する、刀身に似せた形の羽二重の大福ですナ。山を登って草臥れた体に有難い柔らかな甘さで、品の宜しさがいかにも京都ですネ。東京で二百五十年の歴史の和菓子って、ナニか有った?京都には如何しても勝てません




| 2014.04.15 Tuesday (00:15) | 京都市以外も京都府 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.11.23 Saturday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS