きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1728 【団子饅頭58】岩清水八幡宮の桜と「走井餅」・・八幡市 | main | 1730 【名物パン183】桜咲く大阪城と「玉子焼きサンドイッチ」 >>
1729 【お肉料理51】大川沿いの桜と「だし巻き玉子」・・大阪


大阪市内の淀川は明治末に流路が変わり、元々のソレは「旧淀川(大川)」と称されてます。その川沿い、桜宮神社の上下四kmは「毛馬桜之宮公園」と云う桜の名所に成って居て、約五千本も植えられてるとか

大阪市内を走るJR大阪環状線に、「桜ノ宮」と云う駅が在りますヨ。大阪駅の二つ隣の駅で、東京のJR山手線だと「鶯谷駅」の様な雰囲気ですナ。駅周辺はラブホテル街で、お世辞にも褒められたモンじゃ無い。

ですが名前がステキ!私ぁ毎回「そんなに桜がキレイなの?」と思ってましたが、今回初めて桜咲く季節に訪ねられました。ココと明日ご紹介の大阪城の桜が見たくて、東京から遠征したンだからホンモノの馬鹿。


東京・隅田川の堤がソウな様に、大阪・旧淀川の堤でも大勢の花見客が、楽しげに宴会を繰り広げてました。桜を愛でて春の到来を祝う心に東も西も無く、今年も無事にこの季節を迎えられて有難く思います

桜ノ宮駅の下に、界隈じゃ「大川」と呼ばれる旧淀川が流れてますが、江戸時代初めにこの河岸に桜宮神社が遷座して来たンだとか。つまり神社の名前が先だった様ですが、名前に追いつけと桜を植え出した。

「天下の台所」として江戸を凌いで居た当時の大阪にゃ粋人が多く、忽ち数百本も植えられ、門前にゃ茶屋や料亭が立ち並んで栄えたとか。「ソレがラブホテル街に変化したンや」と、大阪の楽屋で聞きましたネ。


大阪市街地の真ン真ん中を流れるだけあって、川岸にゃビルがぎっしり並んでますネ。そして東京の隅田川と同様に屋形船や水上バスが頻繁に行き交い、流石に「西日本一の大都市だ」と再認させて呉れます

東京も大阪も、寄席の楽屋に居るのはイイ加減な奴ばかりで、一体ドコまで信用して良いのか判りませんが、ソレが明治半ばの大洪水で壊滅し、コレを機会に淀川の大改修が行われ、その流路が変わったらしい。

そして川岸に改めて桜が植えられ、現在の名所に成ったとか。良く「桜の下には屍が埋まってる」と申しますが、鮮やかに咲き誇る毛馬桜宮公園の満開の桜たちも、大勢の仲間の屍の上に育ってるンでしょうナ。


旧淀川は中ノ島より上流が「大川」、中ノ島沿いが「堂島川」、そして下流を「安治川」と呼び分けてる様ですが、京阪電車・天満橋駅を画像中央に望む辺りは、未だ「大川」の様。ホント良い季節に訪ねられました

閑話休題、ホント長閑ですゼ。私メら東夷は「大阪人はギャーギャー喧しい種族」と云う謂れのない偏見を抱えてまして、さぞかし五月蠅く花見してンだろうナと思い込んでましたが、意外に静か。じっくり楽しんでる。

ま、コレだけ見事に咲いてたら、桜を見入るのに忙しくて騒ぐ余裕も無いでしょうしネ。言葉や習慣や嗜好が多少違ったって同じ日本人、基本的な美意識は共通してるを再認識し、「あぁ良かった」と思う私メでしたヨ。


全国的に有名な「桜の通り抜け」の行われる大阪造幣局は、この画像の左岸の木立の中。ソコも訪ねたかったンですが、日程的にドウしても合わず、やむなく断念するコトに・・。次回に楽しみを取っておきますか

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「大阪府大阪市中央区」への訪問記です★

(参考リンク)
★「世界へ!大阪観光情報」OSAKA−INFO大阪観光局HP
★「アクアライナー」水上バスで大阪観光HP
★「櫻 宮 (大阪市都島区)」大阪再発見!HP
★「桜ノ宮駅」電車で行こう!大阪ブログ
★「桜之宮公園 桜満開の大川沿い2013」大阪 at night ブログ
★「毛馬桜ノ宮公園の大川沿いから見る桜並木が絶景、大阪城も」おにぎりフェイス.com HP
★「淀川を知る」国土交通省 近畿地方整備局 淀川河川事務所HP
★「玉子焼き」東京−大阪あるものないものブログ
★「だし巻き卵」凡猿スタッフのちょっと旨いい話ブログ

(関連する記事)

★「443 【呑みモン13】大阪の沖縄へはお船に乗って」
★「681 【お肉料理14】天神サマと五番町夕霧楼と『松葉焼き』」
★「837 【呑みモン28】『ほんまや』大阪市役所の水商売!」
★「838 【スイーツ41】渡辺さんの発祥地と『満月ポン』‥大阪」
★「974 【お米料理68】大阪城とグランシャトーと『木の葉丼』」
★「976 【やきそば66】大阪の福島で『味の濃すぎる焼きそば』を喰らう」
★「1343 【やきそば133】淀屋の没落と『カレー焼きそば』‥淀屋橋」
★「1645 【スイーツ101】なぞの街!十三で『十三焼』を」
★「1715 【お米料理120】『天丼てんや』は桜満開の浅草に在るのか?」
★「1728 【団子お餅58】岩清水八幡宮の桜と『走井餅』・・八幡市」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」
★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(考えてみれば・・大阪で桜を愛でるのは、人生初めての経験でした)


東京と大阪にゃ、良く似てるのに全く違うモンが時々有って面食らいますナ。中でも驚くのは画像の様な「厚く焼いた卵焼き」で、私メら東京人は砂糖がたっぷり入った甘〜い「厚焼き玉子」を愛し、大阪の方々は砂糖の入らぬ「だし巻き玉子」を召し上がられる。ドウしてこんな違いが出ちまったか?私メごときにゃ全く判りませんが、ソウ云うモンだから‥と諦めるしか有りませんネ。聞けばソモソモ焼き方や焼き器からして違うンだソウで、全く違う食いモノと考えた方が幸せかも知れません。とは云え・・共通点を探したがるのは人情で、東京のお花見にゃ厚焼き玉子は付き物だから、大阪のソレはだし巻き玉子を食べるのか?注意深く見てましたら、確かにソレを並べてるグループが!やっぱ花見にゃ玉子です




| 2014.04.16 Wednesday (00:15) | もちろん大阪はキタ | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.12.14 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS