きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1733 【やきそば183】桜咲く桐生で「ポテト入り焼きそば」を | main | 1735 【名物パン185】桜咲く郡山の元祖「コーヒーパン」 >>
1734 【今川焼き18】桜咲く赤城山で「栗まんじゅう」を


上毛三山の一つ「赤城山(あかぎやま、1828m)」は、約五十万年前に出来た、広大な裾野のカルデラ式火山。講談・国定忠治の「赤城の月も今宵限り」の決め台詞で全国にその名が知れた、日本百名山です

私メら講談にゃ、善悪勇卑・強弱高低と様々なジャンルがございますヨ。基本的にはお偉い方の目出度いお噂が多いンですが、もちろん悪い奴らのも有りまして、盗賊とか毒婦とか傾城とか‥救われない話も多い。

師匠・神田松鯉曰く「根が悪い奴は善人の話をやりたがり、良い奴は悪党の話をやりたがる」ソウで、当然私メは善人の話ばかり高座で口演してますネ。ま、悪党の講談を読むのは、生半可な実力じゃ無理ですし。

侠客伝。つまり「強きを挫き、弱きを助ける」のを旨とした、渡世人の講談も有りますゼ。平たく言っちまえばヤクザみたいなモンですが、任侠道と云う美学を尊び、ソレに殉じようとすると「侠客」扱いに成るみたい。

有名な人だと、東海遊侠伝の「清水次郎長」サン。或いは名月赤城山の「国定忠治」サン辺りでしょうか。尤も世間が抱くイメージは、昔の講釈師が美化しすぎた嫌いが有って、実際に「侠客」だったか判りません。


昨日ご紹介の群馬・桐生市は桜が散りかけでしたが、赤城山の裾野を登って行くとご覧の満開に。チョット登っただけなのに、こんなに開花時期が違うとは‥赤城山頂で咲き出すのは、もう少し先なんでしょう

赤城山麓の国定村で、文化七年(1810)に生まれたのが長岡忠次郎こと、ご存じ「国定忠治」。天保の改革から黒船来航にかけての大変動期で、幕府は失政を続けて全国が混乱しますが、特に群馬は酷かった。

もはや無政府状態で役人は頼りに成らず、商人・農民は自分らを守って呉れる「新たな秩序」を求めますヨ。ソレに答えたのが忠治を代表格とする侠客達で、「お素人さんにゃ手は出さねぇ」と自衛団も同然の扱いに。

ですがその行状は「無戸籍の博打うち」で「人を殺したお尋ね者」と、余り褒められたモンじゃ無い。ですが一種のカリスマだったのは確かな様で、忠治の縄張りじゃコソ泥も空き巣も居ない。治安は安全極まりない。

加えて自己宣伝が上手かった様で、幕府に捕まって磔にされる際も、派手な衣類に身を包み、見守る庶民らに向って銭を蒔いたとか。すっかり話題と成り、アウトロー・ヒーロー「侠客」として喧伝されたンでしょうナ。


赤城山麓の忠治温泉の下、約三kmの坂道に千数百本のソメイヨシノが植えられてますヨ。コレが群馬じゃ有名な「赤城南面千本桜」で、まさに満開!毎年十万人の花見客が訪れるソウで、ほんとキレイでしたネ。ただココに至る道路が大渋滞で‥違法駐車が横行して大変でした

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑


★明日は「福島県郡山市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「前橋まるごとガイド」前橋観光コンベンション協会HP
★「赤城山ポータルサイト」群馬県・赤城山広域振興協議会HP
★「赤城 満開の桜と歴史を巡る旅」群馬県・赤城山広域振興協議会HP
★「群馬県赤城南面千本桜を観てきました!」知恵の小袋HP
★「国定忠治公式ファンクラブ」上州忠治茶屋本舗HP
★「虚構の義賊 国定忠治伝()」足利尊氏HP
★「810夜『走れ国定忠治』」村岡正剛の先夜千冊ブログ
★「藤掛屋[栗まんじゅう/カステラまんじゅう]」焼まんじゅうを食らえ!ブログ

(関連する記事)
★「041 【名物パン03】群馬ではパンに餡子を混ぜる」
★「378 【粉なモン06】伊勢崎で「いかパン」は怒ってるらしい」
★「510 【野菜果物19】ココはドレだけ栄えてたンだろう?・・桐生」
★「511 【粉なモン07】珍妙の極み!コロリンシュウマイ」
★「784 【団子饅頭28】臨江閣と『焼きまんじゅう』・・前橋」
★「1510 【名物パン146】『ビスロール』で町興しは無理だろうか?‥桐生」
★「1733 【やきそば183】桜咲く桐生で『ポテト入り焼きそば』を

(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(もちろん私メにゃ国定忠治さんの講談を読むのは、まだ無理ですネ)


赤城山で桜を観ながら食べようと、麓の桐生市から持って参りましたのは、桐生の名物「藤掛屋の栗まんじゅう()」と「かすてら焼()」でございますヨ。但し共に同じ粒あんで栗なんて一切入ってませんし、カステラ生地な訳でも無い。焼けると栗みたいな格好に成る・・と、皮が少し甘くてカステラみたい・・てな命名理由の様ですナ。桜咲く坂道を歩いてチョット草臥れましたンで、この穏やかな甘さが有難く感じられましたゼ




| 2014.04.20 Sunday (00:15) | いいだんべぇ群馬南 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.09.24 Tuesday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS