きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1736 【スナック38】智恵子の空と「東北限定ポテチ」・・二本松 | main | 1738 【名物パン186】頑張れ!中合と「水虫パン」・・福島市 >>
1737 【保存食品45】桜咲く福島市で「桃の甘酢漬け」を


福島・中通り地方を貫く「阿武隈川」は、東北第二の大河。並行して走る国道四号線は県庁付近でこの川を越しますが、ソコも「隈畔(わいはん)」と呼ばれる桜の名所だとか。背後に薄らと吾妻連峰も見えてます

東京と大阪の桜じゃ満足出来ず、開花時期が遅いからもう少し楽しめそうと、東北へと旅に出た私メでございます。処が途中で桜前線を追い越しちまった様で、(今月十日頃の)福島県・中通り地方はまだ三分咲き。

その結果、郡山市や二本松市じゃ咲いてる桜を探し、私ぁ街を彷徨う事に成りましたが、同じ中通り地方でも北の方は標高が心持ち低いンで、もう少し咲いてる筈‥らしい。てな訳で、県都の福島市へ参りましたヨ。

ココを訪ねるのは震災の年以来。アレから何度も通過してましたが、駅を出るのは久しぶり。前回訪問時は震災の傷跡がまざまざと残り、少々辛く成ったのを覚えてますが、三年少し経って一体ドウ成りましたか?

盆地の底に拡がる福島市は、基本的に真っ平。よって市は自転車の利用を推奨してるらしく、駅のレンタサイクルがナント無料だったりする!ソリャ有難いとお借りして、桜を求めて市街地へ漕ぎ出しましょうゼ。


福島市街地は殆ど真っ平ですが、市のシンボル「信夫山(しのぶやま、275m)」だけが突き出てます。多くの平安貴族は「みちのくの歌枕」として信夫山を歌に詠い、また桜の名所として多くの市民で賑わいます

福島市の桜の名所は二ヶ所在りますヨ。一つは市南東の丘陵地に在る「花見山公園」で、聞けば花卉農家の方が個人で作られたトコだとか。鍬一本で戦前からコツコツと開墾し、花の季節は無料開放されてます。

「福島に桃源郷あり」と評判高く、私ぁ全く知りませんでしたが、地元はもちろん「もう一度桜が見たい」てぇ関東人まで押し寄せる始末。処がアクセス道路は大渋滞が必至で、自転車じゃ危ないと言われて無念の涙。

自転車ならコッチへ行け!と教えて貰ったのが、市中心部の北側に突き出る「信夫山公園」。飲食禁止の花見山と違い、ココは呑めや唄えやの宴会も大丈夫!古くからの名所で、地元客は信夫山の方へ行くらしい。

震災から三年以上も経ちますンで、皆さん立ち直って賑やかに花見されてるかナ?明るく騒いで居て欲しい!と念願しながらペダルを漕ぎましたが・・花見するにゃ咲き方が足りぬ様で、残念ながらまだ静かでした。


信夫山は信仰の山らしく、お寺や神社が処々に在りますナ。桜の中心は中腹の「福島縣護國神社」で、その周辺には出店が沢山出てましたヨ。この数日後に満開と成って、地元客が大勢集まって賑わった様ですが、風寒いこの日の福島市で花見してる人は余り居ませんでした。よって各店群も手持無沙汰らしく、客呼びの声だけが響いてましたネ

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑


★明日も「福島県福島市」への訪問記です★

(参考リンク)
★「こらんしょ ふくしま」福島市観光コンベンション協会HP
★「ももりんく」ふくしま地域ポータルサイトHP
★「昔の面影たたえる『隈畔』」ふるさと歳時記 みちのく紀行HP
★「福島市 花特集」こらんしょ ふくしまHP
★「福島に桃源郷あり」花見山公園HP
★「信夫山 しのぶやま」福島の山々HP
★「信夫山公園の桜」ふくしま観光情報☆福島市観光案内所職員ブログ
★「福島市『信夫山公園の桜』」ゆさをぢさんのされがまね話ブログ
★「願いを届け、癒しを提供する社」福島縣護國神社HP
★「すべてが手作り。懐かしいふるさとの味。」みずほフーズHP
★「ほんのりピーチ/みずほフーズ」ふくしま新発売。HP


(関連する記事)
★「726 【名物パン52】福島市の名物『サラダパン』」
★「976 【やきそば66】大阪の福島で『味の濃すぎる焼きそば』を喰らう」
★「1521 【スイーツ91】故郷を守ろうとした少年隊と『玉羊羹』・・二本松」
★「1522 【やきそば158】避難先の『浪江焼きそば』は馬九行久?・・二本松」
★「1735 【名物パン185】桜咲く郡山の元祖『コーヒーパン』」
★「1736 【スナック38】智恵子の空と『東北限定ポテチ』・・二本松」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(秋は芋煮で盛り上がる東北ですが、花見はナニで盛り上がるの?)


桜を求めて彷徨う私メですが、自宅の庭に植えるなら・・桜よりも桃の方が良いナ。だって実が生りますからネ、尤も庭が無いンですが・・。さて福島県は国内第二の桃の大産地(シェア20%)で、私ぁ震災の年に福島の桃を懸命に食べ続けましたゼ。だってソレ位しか、福島に対する応援が出来ませんでしたから。そんな大産地・福島にゃ不思議な桃加工品が有りまして、ソレがご覧の「桃の甘酢漬け」。福島市のみずぼフーズさんの「ほんのりピーチ」と云うのを今回買いましたが、これがコリコリしてて美味いのですヨ。確かに桃なんですが、想像を絶して・・見事な漬物。三十数年前から作られてる、すっかり伝統食品だソウです




| 2014.04.23 Wednesday (00:15) | 負げるな!福島中通 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.12.13 Friday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS