きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1760 【麺類色々129】のれん分けと「カレー皿うどん」・・天満 | main | 1762 【スナック40】環濠だった街と「あたり前田のクラッカー」・・堺市 >>
1761 【調味料類20】偉人ばかりの街で「パーポ―」・・堺市


わび茶を確立した「千利休」居士は、大永二年(1522)のお生まれ。堺区中心部に屋敷跡が在りますが、初めは織田信長公に、次いで豊臣秀吉公に茶頭として仕え、天正十九年(1591)に切腹させられてます

大阪市の南隣りに広がる、人口八十四万の政令指定都市「堺市」へ参りました。難波駅じゃ保ってたお天気が、南海電車・堺東駅に着いた頃には敢え無く崩壊し、結構な雨降りに。日頃の行いの悪さの報いです。

ソレでも折角参りましたンで、傘を差しつつブラブラ歩きへ。私ぁ堺市の中心部は人生初めてで、正直右も左も判りませんゼ。ま、堺と云えば茶道の大家「千利休」居士生誕の地で、私メも多少なりともご縁が有る。

と申しましても茶道の心得は殆ど無く、ソッチのご縁じゃ有りません。実は真打に昇進した十年ほど前、「鯉久(りきゅう)」と云う名を継がないかと薦められたンです。「鯉風」「鯉久」のドチラか有難く襲名する様にと。

私ぁ風の様に気儘にフラフラしてるのが性質に合うンで、「鯉風」は全く以て相応しい。流石に師匠(松鯉)だ、良くぞ探して来たモンだと感謝御礼!尤も意味は「鯉のぼり」で中身がスッカラカン・・良く見てやがらぁ。


堺市はJRや南海電車以外に、大阪・天王寺へ向かう「阪堺電車」もゴトゴト走ってますヨ。利休居士のお屋敷跡も線路端ですが、コチラは歌人・与謝野晶子女史の生家跡。すっかり道路や線路に変わってますヨ

一方「鯉久」の方は・・良い名前ナンですが、寄席芸人的に「鯉()が久しい」のは色っぽく無い!ソレに如何しても、同じ読みの「千利休」居士を想像しちゃうしネ。何しろ私ぁ静岡人で、お茶は煎じて飲みたいのヨ。

てな訳で丁重にご遠慮申し上げましたが、後で調べると居士が名乗って居た「利休」は茶道用の号だとか。しかもソレは豊臣秀吉公のご命令で切腹させられる寸前の、ごく短い期間に名乗って居られただけだとか。

居士は人生の殆どを「千宗易(そうえき)」と名乗って居られ、しかも「田中与一郎」と云う本名が別に在る。寄席芸人と大して変わりませんゼ、私メにだって本名は別に在らぁネ。つまり襲名なさった様なモノか・・。

利休居士と寄席芸人を同列にするナと、難しい方面から叱られちまいますが、むしろ居士に肖っといた方が良かったかナ・・と雨の堺で一瞬考えちまいましたヨ。ま、私ぁ「鯉風」てぇ名前がピッタリし過ぎてますが。


室町〜江戸初期にかけて、堺は「日本最大・最強の貿易港」だっただけ有って、当時の主だった出来事の殆どに関係してますネ。イエズス会のフランシスコ・ザビエル宣教師も、阪堺電車沿いの「夷公園(豪商・日比屋了慶の屋敷跡)」に暫く居られたとか。著名人が目白押しです

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日も「大阪府堺市堺区」への訪問記です★

(参考リンク)
★「堺観光ガイド」堺観光コンベンション協会HP
★「中世の自由都市/堺商人」堺市商店連合会HP
★「もうベッドタウンとは呼ばせない」堺の中古マンション最新情報HP
★「ものの始まりなんでも堺」堺観光コンベンション協会HP

★「あの人の人生を知ろう〜千利休」文芸ジャンキー・パラダイスHP
★「千利休をたずねる 堺まち歩き」堺ナビHP
★「千利休屋敷跡(大阪・堺)」武士道美術館HP
★「与謝野晶子の堺を歩く」写真紀行・風に吹かれてHP
★「ザビエル公園」OSAKA−INFO・大阪情報局HP
★「大切な人を想うとき」タマノイ酢HP
★「カミショクの焼きそば・揚げそば」加美食品工業HP


(関連する記事)
★「910 【やきそば57】『スタミナ焼きそば』と京都より凄い今井町」
★「1019 【お米料理72】隠元禅師と煎茶道と『衣笠丼』」
★「1155 【やきそば101】大阪最古の町と『カミショクの焼そば』‥平野区」
★「1276 【麺類色々86】カミショク焼きそばを『汁』で喰う!」
★「1344 【名物パン124】日本一の超高層ビルと『サンミー』‥阿部野橋」
★「1357 【お米料理89】外国領だった長崎市で『トルコライス』を」
★「1442 【スイーツ85】正しいお茶の入れ方と『茶っふる』‥静岡市」
★「1454 【やきそば147】千年の港町と『焼きラーメン』‥博多 」
★「1500 【スナック28】住吉大社で『トランプ』を‥大阪市」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(私ぁ『鯉風』てぇ名跡が気に入り過ぎまして、今更変えたくござンせん)


大阪や関西じゃ当たり前なのに、東京や関東じゃ当たり前じゃ無いモンって結構ございますネ。勿論その逆も沢山ございますが、ザビエル公園の直ぐそばに本社を構えるタマノイ酢の大ベストセラー、八宝菜
その素「パーポー」は東京じゃ殆ど売られてませんゼ!ソレ以前に八宝菜自体が東京じゃマイナーな気が・・。以前ご紹介の大阪名物「カミショクの焼きそば/揚げそば」は、野菜汁もしくは八宝菜を掛けて食べろと薦められてますが、野菜汁って・・ただの野菜入りのお汁のコト?それとも未知のナニか?八宝菜は大阪で何度か食べたコトが有るけれど、一体ドウやって作れば良いの?てな訳で「パーポー」の出番でございますヨ。大正七年(1918)創業の「タマノイ酢」は伝統の和泉酢だけじゃ無く、世界初の「生の酢」や史上初の「粉末酢」を作ってる会社。そしてパーポーは昭和四十四年(1969)から売られてるソウで、私メと同い年か・・互いに頑張ってきましたナ。もっと普及して然るべきと思うンですが、なぁ同級生よ




| 2014.05.15 Thursday (00:15) | 大阪市以外も大阪府 | - | - |
スポンサーサイト



| 2017.12.14 Thursday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
天気予報 (日付をクリックして下さいナ)
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS