きこしめす講釈師

寄席芸人 講釈師(講談師) 神田 鯉風 の「毎日更新続行中」な旅日記でございます。
大体五百円程度の範囲で、セセコマしい雑多な勝負を連日連夜繰り広げております。
二週間から一月ほど前のお出掛け報告が殆どですが、どうかご容赦下さいます様に。
取り上げましたお料理やお店の詳細は、「参考リンク」をご覧戴きます様に願います。
「 心から こころの鬼に せめられて 身のおきどころ なき人もあり 」 by 糟谷 磯丸
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1761 【調味料類20】偉人ばかりの街で「パーポ―」・・堺市 | main | 1763 フラワータイムなぞの金曜日 775/776回放送 >>
1762 【スナック40】環濠だった街と「あたり前田のクラッカー」・・堺市


慶長二十年(1615)の「大坂夏の陣」で、堺は豊臣方の武将・大野治房に焼き討ちされ、全盛を誇った「環濠の街」は一旦消滅してます。ご覧の「山口家住宅(国の重文)」は、その後に建て直された町家ですヨ

土砂降りと迄は行きませんが、結構な雨降りの大阪・堺市をウロついて居ります。もちろん私メだって悪天候は好みじゃ無いですが、人生晴ればかりじゃ無し。むしろ私メの場合、土砂降り・雷雨の方が多い様な・・。

堺の中心部にゃ初めて参りましたンで、「折角だし」と冒険気分で彷徨ってましたが、何時まで経ってもお天気が良く成る気配は見えず、もはやドウやって脱出しようかと悩みつつ、北へトボトボ歩くと古い街並みが。

堺は「摂津・河内・和泉」三ヶ国の境目に在る街で、室町中期から江戸初期にかけて「日本一の湊」だったトコ。特に戦国時代は周囲に濠を張り巡らし、武家勢力からの支配・徴税を受けぬ「自主独立な街」だった。

「環濠都市」と称し、大阪・平野や奈良・今井等を今まで訪ねましたヨ。ですが最大最強は泉州堺、ドレほど立派か楽しみにしてましたが、この天気じゃ・・私ぁアッサリ放棄!なのに立派な町並み・・ココがソウか?


豊臣ひいきの多い大阪府ですが、こと堺市中心部だけはアンチ豊臣が多いとか。何しろ濠は埋め立てられるし、焼け野原にされるし・・酷い目に遭わされっ放し。ご覧の「鉄砲鍛冶屋敷」も、江戸初期のモノです

戦国の覇者・豊臣秀吉公は、根っからの武士じゃ無かったンで世情に深く通じ、商工業の重要性を理解してたと申します。「武士は食わねど高楊枝」なんて発想は、コレっぽっちも無かったのネ。利用しなくちゃ。

その標的に成ったのが各地で繁栄した「環濠都市」で、代表格たる堺は大坂から近過ぎるだけに翻弄されますヨ。その結果、私メの見たかった環濠の街は消滅し、地中深くに遺跡が残るだけ。つまりコレじゃ無い!

今の堺は江戸幕府が再興した街で、しかも空襲で再び焼け、阪堺電車「妙国寺電停」から南海電車「七道駅」にかけての古い家屋は焼け残りの部分。ソレは知らなかった・・今井みたいな街を期待してたンですが。

街並みは中途半端に建て替えられて虫食い状態。けれども所々に残ってる江戸初期の町屋は、大阪や神戸に取って代わられる前の「日本一の湊」だった頃の繁栄を残してて、やっぱ流石だと感心した私メです。


七道駅前に私メと同じ様に、大雨の中で難渋してる人の銅像が・・。コレぞチベット探検で知られた、明治時代の冒険家「河口慧海」禅師では無いか!東京の五百羅漢寺の住職だった慧海サンは、真の仏教経典を求めて鎖国中のチベットに二度も渡ったトンでもない人!規模は著しく違いますが、慧海サンの故郷・堺で思わぬ冒険をしちゃいました

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑ドレかを押して貰えると更新する張り合いが出ます↑↑

★明日は「大阪府大阪市浪速区」への訪問記です★

(参考リンク)

★「堺観光ガイド」堺観光コンベンション協会HP
★「中世の自由都市/堺商人」堺市商店連合会HP
★「堺環濠都市遺跡」堺市役所HP
★「大坂夏の陣」大坂の陣絵巻HP
★「旧市街地周辺(北部)」堺観光コンベンション協会HP
★「山口家住宅ほか紀州街道周辺の古い街並み」裏辺研究所HP
★「河口慧海」堺市立図書館HP
★「河口慧海 チベット旅行記」青空文庫HP
★「河口慧海コレクション」東北大学HP
★「あたり前田のクラッカー」前田製菓HP
★「日本の『おやつ』を考え続けて80年。都こんぶ」中野物産HP


(関連する記事)
★「910 【やきそば57】『スタミナ焼きそば』と京都より凄い今井町」
★「1155 【やきそば101】大阪最古の町と『カミショクの焼そば』‥平野区」
★「1235 【お米料理82】『板橋のいっぴん』と植村冒険館」
★「1276 【麺類色々86】カミショク焼きそばを『汁』で喰う!」
★「1382 【スイーツ78】甦る寺内町と『ちょぼちょぼ』‥富田林
★「1636 【名物パン171】今年で四百年!大阪冬の陣と『プリンシア』」
★「1761 【調味料類20】偉人ばかりの街で『パーポ―』・・堺市」


(鯉風のお仕事)
★「日本全国へ、『出前講談』にお伺い致します」

★「『フルオーダー講談』を作ってみませんか?」

(環濠都市については、改めて天気の良い日に訪ねたいと思ってます)


堺は日本一の自転車産業の街で、晴れてたら観光案内所で借りる心算だったンですが、このお天気では・・。仕方なく歩いた私メですが、同じ観光案内所で「堺みやげ」として売ってたのが、「あたり前田のクラッカー」と「都こんぶ」のセット。へぇ、堺の会社だったのか・・知りませんでした。都こんぶの酸っぱさが私メは苦手でしたが、コレは東京でも昔から売ってます。一方、あたり前田の方は・・東京じゃ百円ショップ位でしか売ってませんナ。名前は昔から知ってても、実物を初めて見たのは大人に成ってからだった様な気が・・。同じ前田は前田でも、藤井寺市の大阪前田製菓サンの「ちょぼちょぼ」の方が親しく感じます。尤も「ちょぼちょぼ」の方も東京じゃ、百円ショップでしか見ませんがネ




| 2014.05.16 Friday (00:15) | 大阪市以外も大阪府 | - | - |
スポンサーサイト



| 2019.10.19 Saturday (00:15) | - | - | - |
ブログ内の検索はこちらから
このブログを書いてンのは?
profilephoto
ただいまのお時刻は?
何かと便利なカレンダー
鯉風のツイッター!フォロワーお待ちしてます
お噂さの貯蔵庫(種類別)
お噂さの貯蔵庫(日付順)
お噂さの貯蔵庫(年月別)
他HPへのリンクの入り口
こんなのに参加してます
これまでご来場のお客様
アクセスカウンター
欲しログカラコンジュエリー市場

ジオターゲティング
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS